電子書籍の売り上げを伸ばすマーケティング戦略【Web投稿サイトから集客する】

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
電子書籍の売り上げを
倍増させるマーケティングの一環として、
Web投稿サイトからの集客方法について
話していきます。

 

Web投稿サイトに『創作に役立つ記事』を投稿しよう

 

あなたが創作家なら、
もしかしたら
すでに何かしらのWeb投稿サイトを
利用したことがあるかもしれません。

 

小説家であれば、
小説家になろう、カクヨム、
ハーメルン、星空文庫などを
利用されていることでしょう。

 

漫画家やイラストレーターであれば、
特にpixivを利用されている方が
多いと思われます。

 

そういった投稿サイトを利用する目的は、
一般的には、
そこに自分の作品を投稿して、
多くの読者の目に触れさせることで、
作品の宣伝をしたり
自身の知名度の向上を狙うことでしょう。

 

こういった使い方は間違っていませんし、
そういった投稿サイトをキッカケにして
出版社から声が掛かることも珍しくありません。

 

しかし、
それだけのために
投稿サイトを使うことは、
もったいないと思います。

 

自分の作品だけではなく、
小説や漫画の作成に役立つ創作論を
記事のように まとめておいて、
それを投稿するようにもしましょう。

 

この方法は、
私も実践しているものであり、
このブログに投稿した記事を
各投稿サイトに転載しています。

 

転載する際は、
転載元のURLも記載しておきます。

 

こうすることで、
その創作論を読んだ人が
記載されたURLから
このブログに来訪するという算段です。

 

 

もし、
その創作論が
真に役立つ物であれば、
多くの創作から重宝されますし、
SNSを使った情報拡散を
期待することが出来ます。

 

そうなれば、
あなたの知名度は一気に上がりますし、
あなたが運営しているサイトや
作成した作品に対する認知度も一気に上がります。

 

また、
その創作論を通じて、
読者が あなたに
好意や信頼を寄せるようになれば、
あなたの電子書籍に興味を示す割合は
相対的に増大していきます。

 

その結果、
あなたの電子書籍の売り上げが
伸びていくことに繋がるでしょう。

 

集客をする時は、
すでに人が密集しているところから
アクセスを引っ張って来ることが
基本的な戦略となります。

 

たとえるならば、
巨大な湖に水路を開拓して、
自分の池や田んぼに
水を流し込むような感じです。

water-1117550_640

 

 

Web投稿サイトというものは、
得てして多数のユーザーが利用しているものですから、
それを無料で利用できるのなら、
集客源として活用しない手はありません。

 

自分の作品のみならず、
作家に役立つ記事を投稿することで、
集客と知名度の向上を狙っていきましょう。

 





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです