長所と一緒に、素直に短所も伝えるようにしよう

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
短所を素直に伝えることの重要性について
説明していきます。

 

 

短所を教えられると信頼しやすくなる

 

人間は、
相手から物(または人)の長所ばかり伝えられると、
その量が多ければ多いほど

「何か致命的な短所を隠しているのでは?」

と疑う傾を持っています。

 

そして、
相手から素直に欠点を伝えられると、
その話をしてくれた相手に対して信頼を抱き、
紹介された物(または人)に
好意的な評価を下すようになる
傾向も持っています。

 

南カリフォルニア大学のマイケル・カミンズ准教授は、
とあるボールペンの5つの特性(書きやすさ、インクの出やすさ、持ち心地、スタイル、品質)を
記述した白黒広告を2種類作成しました。

 

ひとつは、
5つの全ての特性について
前向きな記述をした広告。

 

もうひとつは、
スタイルと品質の2点については
きちんと欠点も記述をした広告。

 

この2種類の広告を被験者に見せた結果、
短所まで説明した広告の方が
前向きな広告よりも
5倍も説得力があると評価されました。

 

このように、
自分の長所と短所を
両方伝えることを『両面提示』と言い、
長所のみを伝えることを『片面提示』と言います。

 

この実験結果を重要視するのであれば、
何か商品を紹介したり、
または自分を第三者に紹介する時は、
長所ばかりでなく
短所も素直に伝えるように心掛けましょう。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです