他人を説得する時は『偉人の言葉』を引用しよう

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
他人を説得する時に
偉人の言葉を引用する
有効性について説明します。

 

 

偉人の権威を笠に着よう

 

会話の中で、
自分の存在を大きく見せるコツとして
『偉人の言葉を引用する』というものがあります。

 

たとえば、

「アインシュタインが言うには……」

「孔子が言っていたことなのだけれど……」

というように、
偉人の言葉を引用しつつ、
自分の意見を述べていくのです。

 

人間は、
権威ある者の言葉に対して
妄信する傾向があるので、
権威者の言葉を引用するだけで
自分の発言に説得力を
持たせることが出来ます。

 

ただし、
たとえ専門家の言葉や
推薦文を使ったとしても、
その専門家の性質によって、
まったく権威効果が起きない場合もあります。

 

テキサス大学で広告学を研究している
パメラ・ホーマーは、
男女234名の大学生を対象にして、
次のような広告を見せて
実験をおこないました。

 

スキンケア商品の広告を作成して、
そこに記されている文章を
2パターン用意しました。

 

ひとつは『会計士が推奨している』という体裁で、
もうひとつは『スキンケアの専門家が推奨している』という体裁です。

 

この2つの広告に
どれくらいの説得力を感じるか尋ねたところ、
スキンケアの専門家が推奨している広告の方が
圧倒的に高いという結果が出ました。

 

このことから、
専門家なら誰でも良いというわけではなく、
話の内容と合致した引用を
使わなければいけないということが分かります。

 

自分の発言に説得力を持たせたい時は、
偉人の言葉を引用しながら話しましょう。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、10万円相当のプレゼント付きです