脳は怠け者(オススメやランキングの有効性)

どうも、ショウヘイです。

 

いきなり質問です!

あなたはパソコン画面を撮影できるフリーソフトが欲しくて、
インターネットを使って
オススメのフリーソフトを探しています。

『パソコン画像 撮影 フリーソフト』と
Googleで検索してみたら、
最初の検索結果ページに
以下の2つのサイトがヒットしました。

 

『これは便利! 個人的に使いやすいと感じた無料の画面撮影ソフト3選!』

『これはオススメ! 知って得する画面撮影用のフリーソフト50選!』

 

さて、あなたはどのサイトから調べたいと感じましたか?

多くの人は、
まずは画面撮影フリーソフトを3つ紹介している
1番目のサイトから覗いてみようかと思ったはずです。

 

その理由は

「1番目は3つだけ紹介してくれているから、全部のフリーソフトに目を通すのは楽そうだな。2番目は・・・げっ、50個!? うわぁ・・・面倒だから後回しにしよう」

というような感じではありませんか?

 

別にあなたが面倒くさがり屋なことを責めているわけではないので、
安心してください。

先ほどの質問は、
人間の脳が基本的に面倒くさがり屋であることを
実感してもらいたかっただけです。

 

人間の脳は、
何か行動する時に
思考するまでの過程を短絡化する傾向があります。

言い換えれば、
出来るだけ頭を使わずに
物事を進めようとするのです。

 

この人間の脳の性質を利用することによって、
読み手の購買意欲を高める
広告文を書くことが出来るようになります。

 

具体的にどうやるのかと言いますと、
自分が売りたい商品の他に
いくつか類似の商品を用意してあげて、
自分が売りたい商品を『オススメ商品』として
読み手に伝えてあげれば良いのです。

もしくは、
商品をランキング形式にして
紹介する方法も有効です。

 

こうすることによって、
読み手は

「ああ、この商品が比較的に良さそうなのか」

と瞬時に判断することが出来るので、
読み手が特定の商品を買うように
誘導することが出来るようになります。

 

また、
読み手の思考の手間を
省いてあげることによって、

「んー・・・どれが良いか分かんないし、考えるのは面倒だから、とりあえず後でいいや」

というように、
購買意欲を失って
立ち去ってしまうことを防ぐことも期待できます。

 

 

あなたも
自分が買い物をする時に、
オススメされている商品やランキングで1位になっている商品に魅力を感じて、
購買を決定したことはあると思います。

その時の自分の感情を思い出せば、
商品をオススメ形式にしたりランキング形式にして
読み手に見せることの重要性が実感できるのではないでしょうか?

 

 

人間の脳が面倒くさがりな性質は、
商品をオススメする方法以外にも
利用する方法があります。

 

たとえば、
商品のメリットを何十個と羅列する方法(ブレット)であったり、
もしくは高評価な商品レビューを大量に掲載する方法です。

 

こういった方法をとることによって、
読み手は

「おお、これだけメリットがあるなら、素晴らしい商品に違いない

「おお、こんなに多くの人から評価されているのだから、良い商品に違いない

といった感じに思考を短絡化(○○に違いない)させて、
購買意欲を高めてくれるのです。

 

人間の脳は基本的に面倒臭がり屋であるということを念頭において、
その性質を存分に利用した広告文を書いていきましょう!





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです