端数価格と名声価格を使い分けよう!

どうも、ショウヘイです。

コンビニエンスストアやスーパーマーケットに行くと、
商品の価格が

198円』
『298円』
『980円』
『1080円』

というように、
妙に切れの悪い価格(端数価格)に
設定されていますよね?

 

どうして このような価格にしているのかと言うと、
『心理的価格設定』と呼ばれる手法を使っているからです。

必需品や消耗品のように
普段から多くの人が購入する商品は

『100円でなはく、98円』

『1000円ではなく、980円』

というように、
端数をつけることで商品のお得さを演出しているのです。

 

これにより、
切れのいい価格設定にするよりも
購入者の購買意欲を刺激することが可能になります。

 

 

この端数価格と対照的なものとして、
名声価格というものも存在します。

 

名声価格とは、
あえて数字の切れのいい

『10000円』

『15000円』

といった価格に設定することによって、
商品自体の高級さを演出します。

 

高級な宝飾店やブランドショップで
端数価格で値段が表記されていない理由は、
名声価格によって
商品を高級なものとして感じられるように仕向け、
商品の価値を意図的に高めているためです。

 

高級な商品は『高価であること』も1つの魅力になってくるので、
端数価格にして割安感を演出してしまうと、
商品自体の高級さが薄れてしまい、
かえって売り上げを落としてしまいかねません。

 

あなたが個人的に商品を開発して、
その商品用の広告文を作る時には、
端数価格と名声価格を使い分けて
読み手の購買意欲を上手に刺激していきましょう。

 

『安かろう悪かろう』と言われているように、
商品価格の安さが
必ずしも商品の魅力を高めることにつながるわけではないので、

「安く商品を提供することが価値の提供になる!」

という誤った発想は
持たないように気を付けましょうね。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、10万円相当のプレゼント付きです