ココナラの『おひねり』のやり方は? 相場や手数料について

どうも、
ショウヘイです。

出品者の方に
追加で仕事を頼みたい時、
『おひねり』という機能を使うと
追加で料金を払うことが出来ます。

 

この『おひねり』、
なかなか使う機会が無いので
やり方・使う場面などが
分からないという人も多いようです。

 

また、
どれくらい払えば良いのかも
悩みどころの1つですね。

 

今回の記事では、
この『おひねり』について
取り上げます。

 

 

おひねりとは?

◆出品者に
追加で仕事を頼みたい時

◆提供されたサービスが
購入価格以上に感じて
多めに料金を払いたくなった時

 

このような時に
追加で支払うお金が
『おひねり』です。

海外で言うところの
『チップ』のようなものですね。

 

 

おひねりのやり方

出品者の
出品サービスを購入すると、
トークルームが開かれます。

そのトークルームの
『おひねりを入力する』という
アイコンがあるので、
それをクリックしましょう。

 

すると、
おひねりの入力画面が
表示されます。

支払い金額と支払い方法が選べるので、
都合の良い額・支払い方法を
選んでください。

 

ちなみに
おひねりで支払える
お金の範囲は
100円~99999円までです。

 

 

おひねりの適切な相場は?

まず、
サービスに対する
お礼の気持ちを表す時に
おひねりを使う場合です。

 

海外のチップの場合、
支払い額の相場は
元のサービス価格の10%
一般的ですね。

それなので、
おひねりについても
出品サービス価格の
10%としておけば無難です。

1000円の出品サービスを
購入された場合でしたら、
おひねりは
100円と言った感じですね。

 

もちろん、
常に10%である必要は
一切ありません。

!0%が安いと感じたら、
20%でも30%でも
全く問題ありません。

結局は
あなたの気持ちの問題なので、
自分が納得できる金額で
おひねりを払えばOKです。

 

 

追加で仕事を頼みたい時に
おひねりを払う前に、
まず出品者へ
追加注文して大丈夫か
確認しましょう。

 

出品者が
了承してくれたら、
次は価格交渉です。

 

価格ですが、
元のサービス価格に合わせて
おひねりの額を提案しましょう。

 

たとえば、
価格500円で
イラスト製作を頼んでいたなら、
追加でイラスト1枚につき
おひねり500円を払うのが
常識的と言えます。

 

その額で
出品者が了承してくれたら
おひねりを払って
仕事を追加でお願いしましょう。

 

出品者の了承を得る前に
先におひねりを払って
仕事を追加注文することは
マナー違反となるので、
絶対に止めましょう。

 

 

おひねりに手数料は掛かるの?

おひねりを払う時に
手数料は掛かります。

しかし、
こちらが負担する
必要はありません。

おひねりの額から
手数料分が
自動的に引かれるだけだからです。

ちなみに、
ココナラ自体の手数料は25%ですが、
税金として引かれる分も考慮すると、
実質の手数料は27%です。

 

たとえば、
おひねり1000円を払った場合、
270円が手数料として引かれ、
残りの730円が出品者に渡ります。

 

手数料分も考慮して
おひねりを
出品者に払いたい場合は、

基本おひねり額÷0.73

こちらの計算結果の額を
出品者に払えばOKです。

 

基本おひねり額が1000円の場合、

1000÷0.73=約1370

となるので、
1370円を払いましょう。

 

 

オススメの出品サービス

サービス出品サイト【ココナラ】にて

「ココナラの有料出品サービスを実質0円で購入する方法」

こちらを説明した
ノウハウレポートを出品しています。

 

ココナラ有料出品を『実質無料』で買う方法を伝えます ●●を使って『実質0円』で有料出品サービスを買えちゃう裏技

 

このノウハウを使えば、
理論上は
10万円までの有料出品サービスを
無料で購入することが出来ます。

 

もちろん、
魔法ではないので、
ちゃんと『タネ』はあります。

 

こちらのノウハウレポートは
多くのココナラユーザーから購入され、
多数の高評価レビューを頂いています。

 

ノウハウレポートは
購入者が一定数に達したら
値上げする予定です。

 

早めに購入されることを
オススメします。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、10万円相当のプレゼント付きです