ココナラで稼ぐテクニックを大公開【売り上げ10万円超え達成記念】

 

どうも、ショウヘイです。

ココナラを使い始めて半年近く……

5月の売り上げは、なんと大台の10万円を突破しました!

ココナラ売り上げ10万円超えの証明画像

 

 

もちろん、アカウントは最高ランク【プラチナ】を達成しています。

ココナラアカウントランク【プラチナ】

 

 

5月の売り上げ総額は11万3600円です。

ココナラで月売り上げ10万円を超えるユーザーは、そう多くないでしょう。

 

月売り上げ10万円突破を記念し、自分が実践してきたココナラで稼げるテクニックを公開していこうと思います。

 

今回は第1回なので、まずは『プロフィール』の作り込み方から説明していきます。

第2回、第3回と回を追うごとに、より応用的なテクニックを書いていく予定です。

 

この記事に書いた内容と あなたのココナラプロフィールを見比べて、よりココナラで稼ぎやすくなるプロフィールに改良していってください。

 

 

ココナラで稼ぎたいなら信用されるべし

プロフィールを作り込んでいく時には、購入ユーザーから信用を得られるかを重視しましょう。

 

購入ユーザーは、不誠実な出品ユーザーと遭遇して、面倒な問題を起こしたくありません。

また、質の悪いサービスを買ってしまい、お金を損したくもありません。

そこで、出品ユーザーが信頼に足る人物かどうかを特に重視しています

 

つまり、購入ユーザーから胡散臭いと思われたら、あなたのサービスは買われなくなるのです。

ココナラで出品ユーザーを信用できるか

 

購入ユーザーから信用を得られるプロフィール情報を載せる。

それがプロフィール作りの基本です。

 

 

プロフィールアイコンについて

相手の印象を決める情報の中で、目から入ってくる情報の度合いは大きいです。

メラビアンの法則(心理学者アルバート・メラビアンが提唱した概念。研究と実験に基づき、話し手が聞き手に与える影響を数値化したもの)によると、印象を決める影響度は、視覚情報が55%も占めています。

 

しかも、アイコンはプロフィールの入り口であり、初対面の印象は長く相手の心に焼き付きます(初頭効果と呼ばれる人間心理)。

 

どんなアイコン画像を使うかは、とても重要です。

 

 

信用を得るなら人物画像を使うべし

最もオススメの画像は、あなたの本人画像です。

プロフィールは信用を得られることが大切なので、出品者の顔が見えている本人画像が最良というわけです。

実際、私はプロフィールアイコンに自分の本人画像を使っています。

 

「でも、インターネット上で自分の顔をさらすのは、ちょっとなぁ……」

 

そう思う人もいるでしょう。

別に本人画像に こだわる必要はありません。

 

素材サイトに行けば、著作権フリーの人物画像は、いくらでも手に入ります。

それらの画像の中から、あなたのイメージに合う人物画像を選び、プロフィールに使いましょう。

良質な人物画像の多いサイトとしては、次の2サイトがオススメです。

⇒ぱくたそ

⇒足成

 

 

人物画像という意味では、人物が描かれたイラストでもOKです。

似顔絵でも良いですし、創作キャラクターでも構いません。

見た人が親しみを覚えるような、明るく柔らかな雰囲気のイラストを使いましょう。

女性のイラスト画像

 

 

動物や風景、無機物の画像はNG

ココナラを見ていると、動物や風景、何かの模様の画像を使っているユーザーを見かけます。

模様の画像

 

こういった人物ではない画像は、アイコンに使わないでください。

人間の姿をしていない者に対して、信用親近感を覚える人は、まずいません。

 

動物画像なら、まだマシな方ですが……

風景や模様の画像を使おうものなら、それを見た人から不気味に思われる危険すらあります。

購入ユーザーから不気味に思われる

 

 

「信用を得ることは大切だけど、目立つ画像を使っても良いんじゃないの?」

 

そう思う人もいるでしょう。

事実、ココナラを眺めていると、やたらと派手なアイコン画像を使っているユーザーをチラホラと見かけたことがあります。

 

しかし、アイコンが目立つかどうかは、サービスが購入されることに貢献しません。

なぜなら、サービス検索で表示されるアイコン部分は、とても小さいからです。

 

こちらは、ウェブ版ココナラの検索表示です。

ウェブ版ココナラのサービス表示画面

 

こちらは、アプリ版ココナラの検索表示です。

アプリ版ココナラのサービス検索表示

 

どちらの画像とも、アイコンの部分は小さく、目立っていませんよね?

アイコンで目立とうとしたところで、はっきり言って無駄な努力です。

信用獲得を第一に考え、人物画像や人物イラストを使った方が、はるかに売り上げ増加に役立ちます。

 

 

プロフィール名について

プロフィール名は人物名にしよう

プロフィール名の決め方ですが、これは実名(またはペンネーム)にしましょう。

信用を得ることが大切なので、ペンネームでも人物名に近い名前がオススメです。

人物とは思えない名前(記号の羅列など)は、不気味なので絶対に止めましょう。

 

 

プロフィール名で特徴をアピールしよう

ちなみに、私の場合は【ショウヘイ@売上10万超え販売術を提供中】としています。

もちろん、【ショウヘイ】は本名です。

本名の後に【@売上10万超え販売術を提供中】と書き添えていますが、これには2つの狙いがあります。

その狙いとは、機能的価値のアピール出品サービスの興味付けです。

 

 

◆機能的価値のアピール

機能的価値とは、誰かに提供できる知識・能力の価値です。

自分が相手に提供できる価値をハッキリと書くことで、相手から『この人は●●が得意なんだ』と分かってもらいやすくなります。

私の場合でしたら、あなたのココナラ売り上げを増やす知識・ノウハウを持っていますよと明確に伝えているわけですね。

 

あなたが何か資格・受賞経験があるのでしたら、それを書いても良いでしょう。

資格や受賞経験は、機能的価値のアピールにピッタリです。

機能的価値のアピール

 

 

◆出品サービスの興味付け

売り上げ10万円超えという実績は、稼いでいるココナラユーザーの中でも頭1つ抜けていて、とても目立ちます。

その売り上げを達成した販売術を提供しているとなれば、気になって出品一覧に目を通す人は多いでしょう。

つまり、私のプロフィールを知る機会を持ったユーザーに対して、出品サービスが知りたくなるように促しているのです。

これにより、サービスが購入される機会を増やしているわけです。

 

 

このように、プロフィール名に一工夫を加えることで、サービスが購入される可能性は上がります。

あなたも機能的価値興味付けを意識し、プロフィール名を練ってみてください。

 

 

プロフィール説明文について

重要なので何度も繰り返しますが、信用できるかどうかは、サービス購入に直結します。

プロフィール説明文の内容についても、信用を得ることを第一に考えましょう。

そこで、信用を得るために大切な2つの要素を紹介します。

 

 

自分の実績を書けるだけ書こう!

信用を得るためには、実績の高さをアピールすることが効果的です。

実績は、その人の能力の高さを客観的に示す証拠だからです。

実績が高ければ高いほど、信用されやすくなり、サービスが買われやすくなります。

実績の高さを示すトロフィー

 

 

たとえば、あなたは自分の似顔絵イラストが欲しいと考え、似顔絵作成サービスを出品しているココナラユーザーを探しているとします。

その時、AさんとBさんという、2人の似顔絵師を見つけました。


Aさんはプロの似顔絵師です。

繁華街やショッピングセンターで露店を構え、多くの人の似顔絵を描いてきました。有名人の似顔絵を描いた経験もあります。

 

一方、Bさんは駆け出しの似顔絵師です。

美術系の学校を卒業していますが、露店を構えて似顔絵を描いた経験は、まだ数回しかありません。


この2人を比べた時、あなたは どちらの似顔絵師を信用して、仕事をお願いしたいですか?

 

もちろん、第一線で活躍していて、かつ有名人の似顔絵も描いたことのあるAさんでしょう。

その理由は、実績のあるAさんの方が、良質な似顔絵を描いてくれる見込みがあるからですよね?

 

 

たとえ話からも分かる通り、自分の実績を伝えることで、相手から信用を得やすくなります。そして、実際に仕事を依頼(サービスの購入)されるわけです。

実績を示し、信用されることで、取引してもらえる

 

 

プロフィールで実績をアピールする具体例として、私のココナラプロフィールを抜粋しました。

私のプロフィールのように、自分の出品サービスと関係する実績は、書いて書いて書きまくりましょう!

 

ショウヘイのプロフィール(実績部分を抜粋)

【実績】

Twitterアフィリエイトで
最高で月利益18万を達成

有在庫・無在庫転売で
最高で月利益27万を達成

ステップメールを使った
情報発信ビジネスで
月利益50万円を突破

【ココナラ】

たった2ヶ月で
販売実績700件を超え
現在は1250件を突破

最高ランクの
プラチナに昇格達成

5月のココナラ売上は
大台の10万円を突破

 

> 抜粋元のプロフィールはコチラ <

 

 

他人から共感される情報を載せておこう!

信用を得るための もう1つの要素とは、共感されることです。

共感が親近感を生み、親近感が信用を生むからです。

 

 

他人から共感してもらうためには、

・年齢や出身地、職業などの個人情報
・好きな物や趣味など、好みに関する情報
・これまでの人生経験(サービスに関連する内容なら、なお良し)
・将来の夢や目標など、理想とする人生像

こういった情報を書いおくと良いでしょう。
私の場合は、サラっとしか書いていませんが、年齢や趣味などを載せてあります。

ショウヘイのプロフィール(共感部分を抜粋)

小説執筆と旅行が大好きな
20代です(´ω`*)

 

【好きな物】

旅行・小説執筆・カラオケ

 

> 抜粋元のプロフィールはコチラ <

 

 

実績と共感の情報、どちらを優先すべき?

信用を得るためには、実績中心でプロフィール説明文を作り込みましょう。

実績が高いことをアピールした方が、より信用を得やすいからです。

 

サービスを購入する以上、良質なサービスを納品してもらわないと困りますよね?

たとえ強い親近感が湧く相手でも、実績の面で劣るようなら、良質なサービスは期待できません。

 

『同じくらいの実績の持ち主なら、より親近感の湧く方のサービスを買いたいな』というのが購入者の心理です。

 

あくまでも、第一に実績をアピールすることが重要。でも、親近感を持ってもらうことも それなりに大切だから、共感される情報も書いておこう。

こう思ってくだされば、間違いありません。

 

まとめ

・サービスが買われるためには、信用されることが重要

・プロフィールアイコンは人物画像を使おう

・プロフィール名は人物名を使い、【機能的価値のアピール】と【興味付け】も狙おう

・プロフィール説明文は、実績中心に書き込もう。また、個人情報や趣味なども記載し、共感されやすくもしよう

 

 

【ココナラ売り上げ増加のオススメの記事】

ココナラで売れる・稼げるサービスの作り方!売れない理由を理解しよう

2018.06.25

”月の売り上げ10万円超え”と販売実績1300件超え”を達成!売れるサービス作り&集客方法も説明した【ココナラ売り上げアップ教材の決定版】

2018.05.16




◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです