ココナラの無料お試し枠が無くなった極悪デメリットとは

 

どうも、ショウヘイです。

 

2018年の6月より、ココナラにて、無料でサービスを出品することが出来なくなりました(無料お試し機能の廃止)。

 

「無料お試し枠」にてサービスを出品中の方へ

いつもココナラをご利用いただきありがとうございます。

先日、先行案内をお送りいたしました新機能「見積り・カスタマイズ相談」の提供開始に伴い、6/1(金)をもって「無料お試し枠」機能の提供を終了いたします。

引用元:【重要】「無料お試し枠」機能の提供終了のお知らせ(https://coconala.com/news/246)

 

ココナラ運営者は、ユーザーからの反感を買ってでも『サーバーのデータ容量の削減』や『取引トラブルに対処する運営スタッフの業務削減』などを優先したかったのでしょう。

経費削減という意味では、無料お試し枠機能の廃止は、合理的な判断だったと思います。

 

しかし、今後の新規ユーザーを増やしていくという意味では、無料お試し枠の廃止は失敗だったと言えるでしょう。

無料お試し枠の撤廃は、出品ユーザーにとって極悪なデメリットが潜んでいるからです。

 

 

無料お試し枠廃止の極悪デメリットとは

 

極悪デメリットとは、ずばりサービス評価数を稼げなくなったことです。

 

とあるココナラユーザー
え、評価数が稼げないと、どんなマズイことがあるの?

 

そう疑問に思う人もいるでしょう。

まだ評価数の少ないサービスは、かなり購入されづらいという事実があります。

つまり、これから新しくココナラに入って来る出品ユーザーは、とても稼ぎづらい状況を長く強いられることになります。

 

 

購入ユーザーは評価数の多さを重視する

 

サービスを購入しようとするココナラユーザーは、そのサービスに付いた取引数の多さ(または評価数の多さ)評価の高さに注目します。そのサービスの質が良いかどうかの目安になるからです。

 

良質なサービスを提供していれば、基本は星5評価をもらえます。たまに星4評価をもらうくらいなので、平均評価は星4.8以上で保たれるでしょう。

つまり、他に似たような出品サービスがあった時は、取引数の多さ(または評価数の多さ)で比較され、どちらを購入するか決められるわけです。多くの場合、取引数(または評価数)の多い方が買われることになります。

すでに多数の人から評価されている物を高く評価したくなる人間心理を『バンドワゴン効果』と呼びます。

 

言い換えると、すでに大量の評価数を得ている人気サービスは どんどん買われていき、まだ評価数の少ない新規サービスは、なかなか買われづらいことになります。

両者の差は時間が経つごとに広がっていき、圧倒的なものとなります。そして、まともな方法では覆せないほどの大差が出来上がるわけです。

ココナラの格差

 

 

新規のココナラ出品ユーザーは稼げない

 

無料お試し枠機能が使えていた頃は、無料でサービスを出品できました。

無料なので、出品サービスは、とても買われやすい状態です。

1日に3~5件もサービス購入されることも珍しくないでしょう。

出品したサービスが売れたイメージサンプル

 

この無料お試し枠を活用することで、大量にサービスを販売し、短期間で多くの評価数を得られました。

充分な数の評価数が付けば、サービスを有料に切り替えても、その評価数の数が信用となって、サービス購入するユーザーが現れてくれます。

サービスを購入したココナラユーザーのイメージ

 

無料お試し枠で評価数を集めることは、ココナラで稼ぐための基本テクニックだったわけです。

 

しかし、無料お試し枠機能が廃止されてしまいました。最低価格でも500円でサービスを出品せざるを得ません。

まだ評価の無いサービスの場合、よほどサービス内容が価値あるもの(希少性が高く、有用である)でなければ、有料で買われることは、まず無いと考えましょう。

 

評価数の無いサービスは、たとえるなら、外から中身の見えないお店です。物好きでない限り、正体の分からない物に近づく人は いません。ましてや、お金を払うことになるのでしたら、なおさら近づかないでしょう。

この画像は、独り言 in石垣島 外から中が見えないお店<epi(エピ)>(http://ishop.ti-da.net/e2849198.html)より引用させて頂きました。

 

 

これから稼いでいけるココナラユーザーとは

 

無料お試し機能が廃止された現在のココナラは、すでに評価数の多いサービスを持ったユーザー(古参ユーザー)には、とても有利な状況です。それに対して、まだ評価数の少ないサービスを持ったユーザー(新規ユーザー)には、とても不利な状況となっています。

 

繰り返しますが、新規にココナラへ参加する出品ユーザーは、とても稼ぎづらい状況を強いられます。

 

この状況でも、新規にココナラへ参加して稼げるユーザーは、

新規に参入して稼げるユーザー

・難関の資格やプロレベルの実績を持っていて、それを前面にアピールしてサービスを出品できる有能ユーザー

・高度な販売テクニックを考えられ、マーケティング知識を活用した集客が出来て、かつセールス文章術にも優れたネットビジネスユーザー

このどちらかです。

 

一般的な人は、これからココナラへ参加しても、ほぼ稼げないまま終わるでしょう。

 

 

【ココナラ関係のオススメの記事】

ココナラで稼ぐテクニックを大公開【売り上げ10万円超え達成記念】

2018.06.17

ココナラ有料サービスを実質無料で購入する方法!ココナラポイント有効活用

2018.06.26




◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです