ツイートを全削除したい時に便利なアプリ『黒歴史クリーナー』

どうも、ショウヘイです。

今回の記事では、
今まで自分がTwitterアカウント上で
呟いてきた文章を全削除する時に便利な
アプリ『黒歴史クリーナー』を紹介します。

 

あなたがTwitterアフィリエイトに取り組んでいるなら、
ユーザーからの反応(フォロー・リツイートなど)が悪いアカウントを
別の趣旨のアカウントに作り替えたい時もあるでしょうから、
そんな時に黒歴史クリーナーを活用してください。

 

では、
実際の『黒歴史クリーナー』の使い方を説明していきます。

 

まず、下の画像が『黒歴史クリーナーの』トップページです。

【ツイッターでログイン】というアイコンを押しましょう。

70696adb5b565c7e9e4d5ad29372ce90

 

 

すると、
連携アプリの認証を求める画面が表示されます。

 

こういった連携アプリ画面を目にすると、
『自分のアカウントが乗っ取られるのではないか?』と
警戒心を持つ人がいると思います。

断言しますが、
連携アプリで他人のアカウントを乗っ取ることは不可能です。

強制的なツイートやリツイート、フォローなどの操作は可能ですが、
アカウントにログインするためのIDやパスワードを盗み取ることは、
Twitterアプリの仕組みの性質上、不可能です。

 

下の認証要求の画像を見ても分かる通り、
ツイート許可(ツイート削除に必要)は求めていますが、
パスワードを見るような行為の許可は求めていませんよね?

だから『黒歴史クリーナー』の連携アプリを認証しても、
アカウントが乗っ取られて利用不可能になるような事態は絶対に起きません。

155def7e8a9c45b84bcc9c3e9a3dba44

 

連携アプリの認証をすると、
下の画像のようなクッションページに飛びます。

【削除設定ページへ】というアイコンを押すと、
本格的にツイート削除の設定を始められます。

59a6d03f88f718c26629359a1b62f5e6

 

こちらが実際の削除設定ページです。

 

設定の手順ですが、
【ツイートの取得方法】は初期設定の【タイムライン】のままにしてください。

次に【削除オプション】ですが、
もし他ユーザーからのリプライを消したくない場合は、
【リプライを保護】のスイッチをONにしてください。

同様に、お気に入り登録されているツイートを消したくない場合は、
【ふぁぼられを保護】のスイッチをONにしてください。

ece12eed6abee4743a5bd375ecccd47a

 

次に【通知設定】の設定です。

これは何かと言うと、
ツイートを全削除する時とした後で、
自分のアカウントでツイート削除の通知内容を変更する設定です。

下の画像の灰色枠のメッセージが初期設定のものであり、
これを変更しないままツイート削除を開始すると、
【開始メッセージ】と【完了メッセージ】が
自動的に自分のアカウントで呟かれます。

96224111ad7b241cfc78bca623149f98

 

この【開始メッセージ】と【完了メッセージ】は
あなたの任意のメッセージに書き換えることも出来ますし、
メッセージを全て消した状態でツイート削除を実行すれば、
何もメッセージを呟くことなくツイート削除が完了します。 

メッセージの設定が終わったら、
【削除を開始する】という赤いアイコンを押してください。

そうすれば、ツイートの全削除が始まります。

c1c489de9380ba3ee3e67a29eec00f2c

 

ツイートの削除が始まると、
以下に掲載する複数の画像の流れのように
ツイート削除が進行していきます。

 

7615b08b39f08be8893b15f77ed92a7b

 

fb19793931119deff0714317e8d962dc

 

53fdfc5de0f331a7014940f1be76db76

 

 

③の画像の状態まで進んだら、
ツイートの全削除は完了です。

 

自分のTwitteアカウントのホーム画面へ行って、
実際にツイートが全削除されているか確認しましょう。

まれに、ツイートが削除し切れずに数個残っている場合があるので、
その時は手動でツイートを削除してしまってください。

 

 

余談なのですが、
『黒歴史クリーナー』を始めとした連携アプリを使った後は、
きちんとアプリ連携の許可を取り消す癖をつけてください。

アプリを作成した開発者次第なのですが、
こういったアプリを連携認証する時にツイート許可をしているので、
あなたのTwitterアカウントで自由なメッセージをツイートすることが出来てしまいます。

『黒歴史クリーナー』では、
連携アプリを認証したユーザーが強制ツイートされた話は
今まで見聞きしたことは無いのですが、
アプリ連携の許可を取り消しておくにこしたことはありません。

 

アプリ連携の許可を取り消す時は、
Web版のTwitterからログインして、
アカウント設定の項目の中にある【アプリ連携】を選び、
該当するアプリの右横に置かれている【許可を取り消す】というアイコンを
1回だけクリックしてください。

すると、アイコンが【許可の取り消しを止める】に切り替わるので、
その後はウィンドウを更新したりなどすると
自動的に該当アプリが削除されます。

 

今回の場合は、
下の画像のように【黒歴史クリーナー】の右横にある
赤い枠で強調表示した【許可を取り消す】アイコンをクリックしてください。

bfd694791b45e8918b01aaf2efda4a25

 

 

これで、ツイートを全削除したい時に便利なアプリ『黒歴史クリーナー』の説明は終わりです。

下に『黒歴史クリーナー』のリンクを貼っておくので、
ツイートを全削除したいと思ったら、
下のリンクから『黒歴史クリーナー』のサイトへ行ってください。

 

➡ 黒歴史クリーナー

 

 

 

 

 

 





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、10万円相当のプレゼント付きです