商品価格を安く思わせる心理誘導テクニック

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
読み手に買わせたい商品の価格を
安く錯覚させる心理誘導テクニックについて説明します。

 

この心理誘導テクニックは、
知覚のコントラストを利用したものです。

 

知覚のコントラストとは、
ある物を1つだけ出されるよりも
大小や高低の関係にあるものを2つ同時に出された方が、
より大小・高低の程度を強く意識する心理です。

 

 

具体例を出しましょう。

 

あなたは一人暮らしを始めようとしています。

自炊用に炊飯器を買おうと思い、
あなたは家電量販店へ出かけました。

炊飯器売り場へ行くと、
あなたは最初に『19800円』の炊飯器を見つけました。

 

あなたは

「うわ、19800円!? 高っ」

と思い、もっと安い炊飯器を探しました。

 

しかし、それ以外の炊飯器は

『39800円』
『79800円』
『100800円』

というように、
全て3万円以上の価格で販売されていました。

 

あなたは一通りの炊飯器を見終わり、
再び最初に見つけた炊飯器の前に戻ってきました。

そして、こう思います。

「19800円か・・・。まあ、他の炊飯器に比べれば安いし、これくらいの価格の高さが炊飯器の相場なんだろうな」

 

 

・・・どこで知覚のコントラストが働いたか、分かりましたか?

 

最初に見つけた炊飯器の価格が高いと感じても、
他の炊飯器の値段が一回りも二回りも高い事実を目にしたら、
最初に見つけた炊飯器が安く感じられたところに
知覚のコントラストと呼ばれる心理が働いています。

 

他の例を出しましょう。

 

ビー玉を単体で見るよりも、
運動会の玉転がしの玉と見比べた時の方が
よりビー玉を小さく感じますよね?

 

1万円札を単体で見るよりも、
1円玉と見比べた時の方が
より1万円札の価値を高く感じますよね?

 

これこそ、
知覚のコントラストの効果です。

pot-1220387_640

 

 

この知覚のコントラストをビジネスに応用するならば、
本命で売りたい商品の他に、
それより安い商品と高い商品を同時に表示しましょう。

 

この意味を分かりやすく説明するために、
レストランで出されるメニュー表を具体例にします。

 

 

あるところに、
お洒落な洋風レストランを経営しているオーナーがいます。

レストランで最も売れているメニューは
2000円のコース料理です。

beef-17040_640

 

 

そのオーナーは
もっと売り上げを伸ばしたいと思っていて、
どうすれば良いか悩んでいます。

 

さて、
ここで知覚のコントラストを利用して、
売り上げを伸ばしてみましょう。

 

オーナーは2000円のコース料理の他に

『そこそこ豪華な内容の4000円のコース料理』
『非常に豪華な1万円のコース料理』

この2つのメニューも一緒に並べて書きました。

 

オーナーが最も売りたいと考えているコース料理は、
1万円のコース料理ではなくて、
2番目に高いコース料理です。

他の2つのコース料理は、
この4000円のコース料理を売り為だけに
並べて書きました。

 

さて、このオーナーの狙いはなんでしょうか?

 

あなたが恋人または伴侶とデートをする目的で
このレストランに来店してみたと考えてみてください。

table-71380_640

 

 

せっかくのデートですし、
恋人または伴侶の手前上、
お洒落で美味しい料理を注文したいですよね?

 

さあ、メニュー票を開きましょう。

 

あなたの視界に、
3つの料理コースの価格が目に飛び込んできます。

『2000円のコース料理』
『4000円のコース料理』
『1万円のコース料理』

 

あなたは、こう考えます。

「せっかくのデートだし、2000円のコース料理は最低価格だから、みっともなくて注文したくないなぁ・・・。とは言え、1万円の料理コースは美味しそうだけれど、値段が高すぎる・・・」

 

あなたはそんなことを考えて、
『そこそこ料理が豪華で値段も手ごろに感じられた4000円のコース料理』を選びました。

 

つまり、
オーナーの目論見どおり
4000円の料理コースを選んだわけです。

 

これこそ、
知覚のコントラストを利用した心理誘導テクニックです。

 

 

他の具体例を出しましょう。

 

あなたは、通販番組を見ますか?

 

通販番組で

『本来なら19800円のところ、番組をご覧の皆様には特別価格の1万円! なんと1万円のお得な価格で提供させて頂きます!』

といった感じの売り文句を耳にしますよね?

 

あれも、知覚のコントラストの利用です。

 

始めに19800円という価格を提示した後で、
値引きされた1万円の価格を提示することによって、
その1万円が安いように錯覚させて
番組視聴者の購買意欲を高めているのです。

 

あの手の番組は、
本来の価格が19800円かどうか分かりません。

もしかしたら、
本来の価格こそ1万円であり、
その価格を安く感じさせるために、
わざと値上げした価格を言っているだかもしれません。

 

 

知覚のコントラストを利用してビジネスをするのであれば、
本命の商品の他に
それよりも劣る商品を並べたり、
もしくは二回りくらい高い価格の商品を一緒に並べてください。

 

前者の場合であれば、
本命の商品を より良質に見せることが出来ます。

後者の場合であれば、
本命の商品の価格を手頃に錯覚させることが出来ます。

 

ぜひ、
この心理テクニックを活用して売り上げを伸ばしてください。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです