新人賞に入選したいなら、狙う読者を明確にせよ

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
『自分が物語を提供する読者を明確にすること』が
新人賞に入選するために
重要である理由を説明します。

 

読者像を明確にすることの重要性

 

あなたが
すでに何かしらの新人賞へ投稿する
物語を作ったことがあるのなら

「え? ちゃんと読者のことを考えて物語を作ってるよ」

と思うかもしれません。

 

では、
その読者像を明確にする作業は、
どれほど詳細に実行しましたか?

 

性別や年齢によって分けられた
読者層を考慮しているようでは、
まだまだ不十分です。

 

それに加えて、
社会的な職業、社会的な地位、
趣味、宗教、教養、ライフスタイルなども
きちんと考慮しておく必要があります。

 

自分が物語を提供する予定の
読者の属性は、
明確にすればするほど
あなたの物語が
新人賞に入選する確率は
相対的に高まっていきます。

 

どうしてかと言うと、
読者の属性が明確になれば、
それだけ読者の需要を汲み取りやすくなり、
読者が求める物語を
的確に作り上げて提供できるかです。

 

 

商品開発は市場調査こそ全て

 

企業が何かしらの商品を開発する時は、
まず初めに市場を調査することによって、
消費者の需要を把握することから始めます。

hand-1248053_640

 

そして、
この初めに実行する市場調査に対して、
膨大な時間と労力を投資して
徹底的に調査し尽くします。

 

商品開発を進めていく上で、
この市場調査に
最大の時間を費やす覚悟で
臨んでいると言っても過言ではないでしょう。

 

それは、何故か。

 

市場調査の内容によって
開発する商品の方向性が定まるので、
この段階で消費者需要を読み間違えると、
その後の商品開発が台無しになるからです。

demolition-167738_640

 

新人賞に投稿される物語は、
将来的に商品化されることになりますから、
物語=商品です。

 

だからこそ、
新人賞に投稿する物語を作る時は、
対象とする読者像を明確にすることで、
その読者が抱える需要を
分析しやすくすることが重要になります。

 

もし可能であるならば、
対象とする読者と同一の生活を
送ることをオススメします。

 

同一の生活をすることで、
読者と同じ目線で
物事を考えられるようになるので、
より多くの潜在的な需要に
気づくことが出来るようになります。

 

 

読者像の明確化をサボってはいけない

 

この読者像の明確化と
市場調査による需要の探り出しは、
とても面倒な作業なのですが、
絶対にサボってはいけません。

 

先ほども言ったように、
市場調査とは、
商品開発の初めであり、土台です。

 

その市場調査を疎かにして、
見当はずれな商品企画を立ててしまうと、
その後は『売れない商品』を
必死に開発することになります。

 

創作業で言い換えれば、
テーマ選定、プロット作成、
実際の執筆活動という
数か月かけて実行する作業を
全て無駄にするわけです。

 

こうなるくらいだったら、
最初に徹底的な市場調査をした方が
結局は最速で
新人賞に入選することに繋がります。

 

商品開発の観点を忘れずに、
新人賞へ投稿する物語を作っていきましょう。

 





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです