新人賞に入選したいなら、読者のライフスタイルを調べ上げろ!

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
新人賞に入選するための
小説や漫画を作る時、
読者のライフスタイルを調査する重要性について説明します。

 

記事の中で、
読者ライフスタイルを
調査することの重要性を伝えるために、
アニメ化された2つのライトノベルを取り上げています。

 

それなので、
ライトノベル(ラノベ)新人賞を狙う人は、
特に参考になる記事です。

 

ライフスタイル調査の重要性

 

あなたが
新人賞に投稿する物語を作ろうとする時、
対象読者のライフスタイルの調査をしていますか?

 

恐らく、
ライフスタイルの調査まで
徹底的に実行している人は、
極少数しかいないと思います。

 

「たかが物語作りのために、わざわざ読者のライフスタイル調査なんて……」

 

そう思われる人も多いでしょう。

 

面倒なら特にしなくても構いませんが、
その時は
まぐれ当たりでもしない限り
受賞作を作ることは出来ませんので、
しっかりと覚悟しておいてください。

 

……さて。

 

これから
ライフスタイル調査の重要性について
話を進めていくわけですが、
その重要性を直感的に理解してもらうために、
こちらから質問を出します。

 

この記事を見ている読者が
男女ともにいることを考慮しまして、
男性用と女性用の質問を用意します。

 

該当する方の質問に
答えてみてくださいね。

question-423604_640

 

 

では、
まずは男性向けの質問から。


 

あなたは、
女性が使う生理用ナプキンの
商品企画を担当しています。

 

女性目線に立って、
女性が生理用ナプキンに求めている要望を
的確に推測して答えられますか?


 

 

 

次に、女性向けの質問。


 

あなたは、
男性向けアダルトビデオの
商品企画を担当しています。

男性目線に立って、
どのような舞台設定・登場人物・プレイ内容が
男性視聴者の性欲を猛烈に刺激できるか、

的確に推測して答えられますか?


 

 

 

はい、質問終了です。

 

さて、
的確に推測することは出来ましたか?

 

無理でしょう?

 

『女性が生理用ナプキンに何を求めているか』なんて、
普段から生理用ナプキンを使わない男性が
実体験から推測できるわけがありません。

 

同様に、
『男性がアダルトビデオの内容に何を求めているか』なんて、
男性の精神を持っていない女性が
実体験から推測できるわけがありません。

 

 

先に挙げた質問から、

消費者のライフスタイルが分からなければ、
消費者が求める物を的確に推測することは不可能

ということが理解できましたよね?

 

だからこそ、
自分が物語を提供しようとしている
読者のライフスタイルを
調査する必要があると言えるのです。

 

 

どのようにライフスタイルを調査すれば良いか

 

軽度の方法を取るのであれば、
対象読者の属性(職業、趣味趣向、教養、年齢、性別…etc)を
白紙に書き出して、
そこからライフスタイルを想像しましょう。

 

もし、
徹底的にライフスタイルを
調査したいのであれば、
対象読者と全く同じ生活をしてみてください。

 

男性の あなたが
『20代の女性読者』の
ライフスタイルを調査したいのであれば…

起床時間を合わせ、
食事内容も揃え、
実際に化粧をしてみて、
女性用の服を着てみて、
女性雑誌を購読して、

保湿効果のある入浴剤で風呂に入り、
寝る前にスキンケアをして、
早めに寝床に入るようにする。

この生活を1カ月も継続すれば、
男性のあなたであっても、
20代女性の感性が
なんとなーく理解できるようになっています。

 

ここまで徹底的に調査すれば、
対象消費者の需要を
的確に推測できるようになります。

 

 

アニメ化されたライトノベルに見る、ライフスタイル調査の重要性

 

ここで、
読者ライフスタイル調査の重要性を
さらに理解していくために、
2つのアニメ化されたライトノベルを
具体例として取り上げます。

 

 

まず1つ目は、
こちらの『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』です。

ダウンロード (1)

画像引用元:Amazon(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

 

こちらのライトノベルは、
学校の教室の端っこにいそうな
影の薄い主人公(比企谷八幡)が
青春ラブコメを展開する物語です。

 

個人的な分析ですが、
『影の薄い』主人公が青春ラブコメを展開するところに、
大ヒットの理由があると見ています。

 

個人差はありますが、
ライトノベルを読む読者層は、

◆ 10代の男子学生

◆ 内向的で影が薄い

この2点の属性を持った読者が多いでしょう。

 

つまり、
多くのライトノベル読者が
主人公に共感を覚えやすく、
自己投影しやすいのです。

 

このライトノベルの作者が
どこまで読者ライフスタイルを
調べたのか分かりません。

 

ただ、
ライフスタイル調査によって、
ライトノベル読者の属性を
見極められていれば、
読者が自己投影しやすい主人公を
作りやすくなることは間違いありません。

 

『読者が自己投影しやすい人物を用意できる』という点は、
読者ライフスタイルを調査することによって得られる
大きな利点ですね。

 

その主人公が
美少女と部活で仲よくしたり、
時には頼られたり、
憎まれ役を演じつつも問題解決に貢献したり……

 

自己投影しやすい
比企谷八幡という主人公を通じて、
内気な男子学生ライトノベル読者は

性欲の充足(美少女からモテる)

自己承認欲求の充足(周囲から頼られる)

問題解決できる(自尊心の回復)

青春ラブコメを味わえる(理想の学園生活の擬似体験)

これらのカタルシスを
強烈に味わうことが出来ます

 

 

だからこそ、
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』は、
今なお好調に原作本が売れており、
2度のアニメ化を果たすという実績を
打ち出すことが出来たと言えるでしょう。

 

 

さて、
2つ目のライトノベルを紹介します。

 

2つ目は、
こちらの『ノーゲーム・ノーライフ』です。

61Vca1M5vWL._SX351_BO1,204,203,200_

画像引用元:amazon(ノーゲーム・ノーライフ1)

 

このライトノベルは、
ゲームにおいて無敗の強さを誇る
ゲーマー兄弟(社会不適合気味)が
ゲームによって全てを決する異世界に飛ばされて、
そこで大活躍するという物語です。

 

個人的な分析ですが、
ノーゲーム・ノーライフが
大ヒット&アニメ化する実績を打ち出せた理由は、

◆ 内向的でゲーム好きの兄弟が主人公

◆ 主人公の年齢は10代

◆ 主人公は社会に対して嫌悪感を抱いている

◆ ゲームの強さが全てを決める異世界へ転送

以上の要素が
強烈に影響しているからだと思われます。

 

ライトノベルの主要読者層は、

◆ 10代の男子学生

◆ 読書を好む内向的な人間性の持ち主

◆ 幼い時からゲームに慣れ親しんでいる

◆ ゲーマー好きが多く、ゲームの腕に自信あり

◆ 学校を始めとする社会組織に苦手意識あり

という属性を持っており、
ノーゲーム・ノーライフの主人公の属性と
非常に似ています。

 

つまり、
ライトノベル主要読者層は、
主人公に対して強い共感を抱き、
とても自己投影しやすいのです。

 

しかも、
主人公が異世界に転送されており、
そこで大活躍するという
近年のヒット小説の王道要素を押さえています。

 

さらに、
その異世界では
ゲームが全てを決する制度が敷かれているので、
『読者たちの理想とする世界』とも言えます。

 

このライトノベルの主人公を通して、
読者は

性欲の充足(美少女からモテる)

自己承認欲求の充足(周囲から頼られる)

持ち前のゲームの腕前を発揮できる(自己実現)

問題解決できる(自尊心の回復)

嫌な現実世界からの逃避(安全欲求の充足)

異世界を冒険できる(非現実的な刺激の補充)

理想の異世界で活躍できる(妄想の擬似的な実現)

以上の
カタルシスを得ることが出来ます。

 

こちらのノーゲーム・ノーライフにしても、
しっかりと読者ライフスタイルを調査して、
対象の読者属性を見極められていれば、
同様のヒット作を生み出せると言えるでしょう。

 

 

さて、
ここまで記事を読んで、
あなたも読者ライフスタイルの重要性を
深く理解していただけたでしょうか?

 

しっかりと
読者ライフスタイルを調べれば、
それだけで
あなたの投稿作品が
新人賞に入選する確率は跳ね上がります。

 

面倒だからと言って、
ライフスタイル調査を怠らないようにしてください。

 





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです