『小説家になろう』で書籍化デビューした場合の印税額を計算してみた

どうも、ショウヘイです。

 

最近、

『小説家になろう』で書籍化デビューしたら、いくらくらいの印税がもらえるのだろう?

と疑問に思いましたので、
ざっくりと印税額を計算してみることにしました。

 

『小説家になろう』で書籍デビューを夢見ている、
そこの読者さん!

 

お金儲けの話をしようじゃないか (。-`ω-)キリッ

 

さて、
印税額を調べるためには、
まずは

『本体価格』

『印税率』

『発行部数』

これらを定義する必要があります。

 

ちなみに、
勘違いしている人は多いかもしれませんが、
印税収入の発生条件は、
『書籍の販売』ではなく『書籍の発行』ですよ。

 

その書籍が売れなかろうと、
発行された時点で
印税は発生するんです。

 

さて、話を戻しまして……

 

ライトノベルの初版印税率は8%らしいので、
『印税率=8%』とします。

 

書籍の本体価格は、
『本体価格=600円』と定義しておきましょう。

 

すると、
あとは初版の発行部数さえ分かれば、
とりあえず
初版が発行された時点の
印税収入を概算できますね。

 

新人作家が書籍化デビューした時は、
8000~10000部は刷られると言われています。

 

ただし、
『小説家になろう』から書籍化デビューした場合は、
すでに固定ファンが付いており、
かつ知名度自体も上がっているので、
出版社は

『新人賞経由の作家よりも初版売り上げは期待できるかも?』

という見通しを立てて
初版を出版することが推測されます。

 

それなので、
一般的な新人作家よりも
発行部数が多いと考えられますから、
5000部だけ増量して
『初版発行部数=13000~15000部』
定義しておきましょう。

 

さてさて、
お楽しみの計算タイムです。

 

『本体価格=600円』

『印税率=8%』

『初版発行部数=13000~15000部』

 

600×0.08×(13000~15000) =624000~720000円

 

はい、概算終了。

 

今までの仮定が正しいとすると、
どうやら『小説家になろう』から書籍化デビューした場合、
初版発行の時点で

62万円~72万円

これくらいの印税収入が発生するようですね。

 

人気が出てくれば、
ここに増刷分の印税収入が加算されていきます。

 

さて、
この計算結果を見て、
あなたは どんな風に感じましたか?

 

概算ではありますが、
『小説家になろう』から書籍化デビューしたら、
どれくらいの印税収入がもらえるのか
大まかな把握が出来たのではないでしょうか。

 





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです