週刊連載している漫画家の原稿料はいくら?

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
週刊連載している作家に支払われる
原稿料について紹介します。

 

週刊連載している漫画家の原稿料

 

 

原稿料は、
連載される作品に対して支払われる代金です。

 

一般的な場合は、
漫画原稿1ページを単位にして、

原稿枚数×ページ単価

こちらの計算方法によって
算出されるようです。

 

原稿料を決定する上で、
最も重要なページ単価は、
その漫画家の経験年数や人気の高さ、
掲載雑誌の購読数によって変わります。

 

ページ単価の幅は広く、
数千円~数万円あたりが相場です。

 

具体例ですが、
『テルマエ・ロマエ』の原作のヤマザキマリさんの
ページ単価は2万円です。

 

また、『新ブラックジャックによろしく』の佐藤秀峰さんの
ページ単価は3万5千円です。

 

 

ちなみに、
週刊少年ジャンプを題材に
主人公たちが人気漫画家を目指す『バクマン。』という作品中では、
持ち込み原稿が認められて
初めて作品が掲載された主人公たちは

『新人はみんな1ページ9000円の原稿料』

と言われるシーンがありました。

 

週刊少年ジャンプのような
人気の雑誌で掲載されるならば
新人であっても
それくらいの額はもらえると思っていいでしょう。

 

余談ですが、
原稿に対して支払われる原稿料は、
そのほとんどが
アシスタント代の支払いによって消えるそうです。

 

また、
画材などは
基本的に漫画家負担ですから、
原稿料の収入だけでは
生活できないことは明らかですね。

 

つまり、
多くの漫画家は、
作品の印税収入によって
生活をしているそうです。

 

では、
漫画の売れ行きが悪くなり、
印税収入すら減っていってしまったら……?

 

そうなってしまったら、
アルバイトをしながら食いつなぎ、
新作を出版社に持ち込むか、
もしくは漫画家の道を諦めるしかないでしょうね。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです