多数の賛成者がいると嘘をつこう

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
バンドワゴン効果を利用して
自分の意見を通す方法を紹介します。

 

バンドワゴン効果とは?

 

バンドワゴン効果とは

『個人は、大多数の動きに従う』

という人間心理を意味しています。

 

たとえば、
あなたがライブ会場にいるとしましょう。

 

その時、
会場の一角で悲鳴が上がり、
多くの観客が出口に殺到する動きを見たら、
何か事件があったと感じて、
あなたも出口に向かいたくなるでしょう。

 

これがバンドワゴン効果です。

 

他にも、
1番人気の商品を選びたくなったり、
人気の高い人物に投票したくなったり、
過半数の意見に賛同したくなることも、
このバンドワゴン効果が関係しています。

 

このバンドワゴン効果を
何かしらの交渉の時に活用したいのであれば、

『みんな』

『多くの人』

『国民』

こういった不特定多数の人物を表す言葉を使い、
自分の意見に賛同しているかのように
嘘をつきましょう。

(嘘をつくことに対する道徳的な問題は棚に上げます)

 

つまり、
交渉相手を
『多勢に無勢』の状況に追い込むのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です