大きな声にするだけで説得力がアップする

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
大きな声で話すだけで
説得力が上がる理由について説明します。

 

 

大きな声で話す⇒自信がある

 

マサチューセッツ大学州にある
ブランダイス大学の実験を紹介します。

 

実験者は、
2人の男が会話している音声をテープに録音して、
被験者に聞かせる実験をおこないました。

 

この時、
テープを再生する音量を
70デシベルと75デシベルに分けて、
被験者に聞かせました。

 

ちなみに、
5デシベルの音量差は、
人間の耳では区別できない程度のものです。

 

この実験の結果によると、
75デシベルのテープの方が
論理的で話に説得力があると答えたそうです。

 

この実験結果から分かることは、
ほんの少しでも声量を上げるだけでも、
話に説得力を持たせて、
相手の心を動かしやすくなるということです。

 

 

相手を説得したい場面に遭遇したら、
普段よりも少しだけ大きな声で
話すようにしましょう。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です