あいてに好きになって欲しかったら、相手に好意を示そう【好意の返報性】

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
相手から好きになってもらいたかったら、
まずは自分が好意を示すことの重要性について
説明していきます。

 

 

自分を好いてくれた人を好きになる人間心理

 

人間には、

自分を好きになってくれた人を好きになる

という心理傾向があり、
心理学では『好意の返報性』と呼ばれています。

 

たとえば、
あなたが犬を飼っているとしましょう。

 

その時、
自分が自宅に帰って来た時に

『尻尾をブンブン振り回して出迎える犬』

『出迎えもせず、ソファーで寝ている犬』

2匹の犬がいたら、
どちらの犬の方が好きになりますか?

 

もちろん、
『尻尾をブンブン振り回して出迎える犬』の方が
何倍も可愛らしく思えて好きになりますよね。

 

相手に自分のことを好きになって欲しければ、
まずは自分が相手に好意を示す。

 

自分から挨拶をして、
いつも笑顔で楽しそうに会話するように心掛け、
折に触れて
好意を持っていることを 
それとなく伝える。

 

こういうことを継続して実行すれば、
好意の返報性によって、
相手は あなたのことを好きになってくれます。

 

愛は受け取るものではなく、与えるもの。

 

それを心がけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です