なかなか会えない人間であるとアピールしよう

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
自分が忙しい人間であることをアピールして、
自身の希少価値を高められる理由を紹介します。

 

 

希少性の原則を利用しよう

 

人間は

なかなか手に入らない物は価値ある物

と認識する心理傾向があります。

 

たとえば、
1日限定30食の限定メニューに対しては、
開店と同時に
そのメニューを多くの人が注文することは、
容易に想像がつくと思います。

 

 

これは対象が人間であっても変わらず、
なかなか会えない人は、
それだけ希少価値の高い人と見なされます。

 

それなので、
自分が価値ある人物であると
他人から認識されたいのであれば、
ホイホイと遊びの誘いや仕事の依頼に
応じてはいけません。

 

たとえ暇であっても、
適度に相手の誘いを断って、
希少性の高い人物であることを印象づけましょう。

 

この手法は、
恋愛における駆け引きにも利用できます。

 

希少性の原則によれば、
人間は、簡単に手に入ったものに対しては、
あまり価値を感じないと言うことが出来ます。

 

どんなに相手のことが好きであっても、
相手の頼みに何でもかんでも応じず、
適度に扱いづらい印象を与えましょう。

 

あなたが簡単に手に入る人物だと思われれば、
その時点で相手から興味を失われる危険性が高まります。

 

自分が手に入りづらい
希少性の高い人物であると演出しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です