結果よりも努力過程を褒めよう!

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
相手を褒める時は、
何かしらの結果ではなく
努力過程そのものを褒めることの
重要性について説明します。

 

 

努力過程なら何度でも褒められる

 

ワシントン大学の心理学者である
フランク・スモールは、
次のような実験をおこないました。

 

リトルリーグの子供たちに対して、
8人のコーチが指導しました。

 

そして、
シーズン終了後に
試合の勝率を測定したのですが、
子供たちの『努力』を褒めつつ指導したコーチのチームは、
勝率が52.2%でした。

 

これに対して、
努力を褒めずに指導したコーチのチームでは、
勝率が46.6%に留まりました。

 

しかも、
努力を褒められた子供たちは

「野球が楽しくて、コーチが好きで、自分に自信がある」

と答えたそうです。

 

このことから、
相手を褒めることが成績向上
良好な人間関係の構築
対象の自尊心の向上に繋がることが分かりますね。

 

ただし、
努力そのものを褒める重要性は、
何度でも褒められるということです。

 

褒める対象が努力そのものならば、
ホームランを打った時や試合に勝利した時に褒める場合に比べて、
数百倍も褒める機会が生まれます。

 

相手を褒める時は、
物事の結果や功績ではなく、
相手の努力仮定を褒めるようにしましょう。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です