相手に命令する時は確認口調を使うようにしよう

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
相手に何かを命令する時は、
確認口調にすることの
重要性について説明します。

 

 

確認口調なら命令した感じにならない

 

部下に何かを命令する時は、
どんな柔和な言い回しにしても、
部下は命令されている感を覚えるので、
多少なりとも反発心を抱きます。

 

この反発心を起こさずに、
部下に何かを頼みたいのであれば、
確認口調を使うことをオススメします。

 

たとえば、

「この書類、今晩中に作成してくれ」

と言うのではなく、

「この書類、今晩中に作れそうか?」

と言うのです。

 

言っている内容は同じなのですが、
確認口調にすることによって、
部下が能動的に動いている体裁になるので、
部下が反発心を抱かずに
頼みを引き受けてくれるようになります。

 

何かを命令する時は、
確認口調を使うようにしましょう。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です