男女によって仕事のサポート方法を使い分けよう

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
男女によって
仕事のサポート方法を変える
必要性について説明します。

 

 

男性は励ましを求め、女性は実際の援助を求める

 

部下を指導する際に、
男女によってサポート内容を分ける必要があります。

 

インディアナ州にあるビンセンズ大学の
心理学者チャールズ・マクマハンは、
男女の被験者たちを集めて、
被験者が「励ましの言葉」や「温かい言葉」を
どれくらい求めているのか調査しました。

 

その結果、
男性は80満点中39.2点も
励ましや温かい言葉を欲しているのに対して、
女性は33.2点であることが分かったそうです。

 

つまり、
男性は「励ましの言葉」や「温かい言葉」を
求めているけれど、
女性は比較的に助言を求めていないのです。

 

それなので、
男性の部下に対しては激励の言葉を贈り、
女性に対しては

「何か困ったことはある?」

「何か手伝うことはある?」

という具体的な援助の申し出を
した方が良いと言えます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です