聞き上手から訊き上手になろう

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
他人の話を聞く時は
適度に質問することも
重要である理由について説明します。

 

 

『聞く』ことは『黙る』ことと違う

 

会話上手は聞き上手。

 

そう巷では言われていますが、
本当の聞き上手は、
相手の話を黙って聞き続けることではありません。

 

本当の聞き上手は、
相手に自ら話題を振って
その話題から相手の話を引き出し、
肯定的な相槌を打ちつつ、

「それから?」

「すごいね!」

と興味を示すことで、
相手の気分を乗せていくのです。

 

つまり、
本当の聞き上手は
訊き上手なのです。

 

こうした能動的な会話の進め方を
専門用語で『アクティブ・リスニング』と呼びます。

 

 

インディアナ州技術研究部のV・N・ギリは、
4000名以上の男女を対象として、
コミュニケーション能力と質問力の
関係について調査しました。

 

その結果、
コミュニケーションが上手な人ほど、
会話中に質問する数が多いと分かりました。

 

また、
質問力が高い人ほど、
自分に自信を持っており、
自尊心が高いということも分かりました。

 

受け身になって話を聞くだけでは、
真の話し上手とは言えません。

 

攻めの姿勢で
訊く会話が出来るようになってこそ、
真の話し上手と言えます。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です