広告文の内容に理由を必ずつける(reason whyの徹底化)

どうも、ショウヘイです。

今回の記事では、
広告内容に理由を添えることの重要性について
説明していきます。

読み手に商品を購買してもらうためには、

「この商品(広告文)は信頼できそうだ」

と感じてもうら必要があります。

 

コピーライティングで言うところの
『信じない壁』を越える必要があるのです。

 

その為に、
広告文の内容に疑わしいところがあってはならず、
なるべく元の文章に理由を添えることで、
広告文全体の信頼性を高めていく必要があります。

 

ここまでは抽象的な説明で
具体的なイメージが湧きづらいでしょうから、
具体例を挙げていきますね。

 

たとえば、
あなたは独自に美容品クリームの商品を開発して、
それを読み手に売ろうと
広告文を書いているとしましょう。

 

あなたは『商品の使うと肌が白く美しく輝く』と書きました。
その時、どうして そのような効果があるのか理由を説明してください。

 

あなたは『他の美容クリームから乗り換えて使うべきです』と書きました。
その時、どうして乗り換えるべきなのか理由を説明してください。

 

あなたは商品価格を9800円に設定しました。
その時、どうして その価格にしたのか理由を説明してください。

 

あなたは商品の販売個数を先着300名までに限定しました。
その時、どうして販売個数を限定したのか理由を説明してください。

 

あなたは商品の販売時期を来月末までに設定しました。
その時、どうして販売を来月末で終了するのか理由を説明してください。

 

あなたは商品の販売経路を通販のみに制限しました。
その時、どうして一般の薬品店で販売しないのか理由を説明してください。

 

 

・・・どうですか?

『広告文章の内容に理由を添える』ということが
何を意味しているのか具体的にイメージ出来ましたか?

 

このように、
広告文章の内容の1つ1つに理由を添えて書くことによって、
読み手は商品(広告文)に対する信頼性を高めていき、
どんどん購買意欲を高めてくれるのです。

 

読み手が抱いている
商品に対する疑問点を解消してあげないと、
読み手は

「この商品(広告文)は怪しいなぁ・・・」

と感じてしまい、
途中で広告文を読むことを止めて
どこかへ行ってしまいます。

 

あなただって、
胡散臭い商品(広告文)を信じて
自分が苦労して稼いだお金を払いたくはないですよね?

 

だからこそ、
商品広告文の内容について
丁寧に理由を説明することは
とても大切なことなのです。

 

以上で、
広告文章の内容に理由を添えることの重要性に対する説明を終了します。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です