集団の力を利用するバンドワゴン効果

人間は社会的な生き物であり、
何かしらの集団に属することで、
孤独であることの不安感を解消したり、
自分自身のアイデンティティを得ようとする
心の働きがあります。

これは、
集団帰属欲と呼ばれています。

 

 

この集団帰属欲を利用することで、
広告文に対する読み手の
購買欲求を高めることが出来ます。

 

では、この集団帰属欲を利用した
コピーライティングの技術を紹介していきます。

集団帰属欲の力を実感してもらうために、
物語形式で
あなたに具体的な質問していきますね。
あなたは空腹であり、
昼食を食べるために街中へ出かけました。

今日はラーメンを食べたい気分だったので、
適当に大通りをぶらぶらと歩きながら、
ラーメン店を探しています。

すると、
あなたの目の前に
2店のラーメン店が見えてきました。

どちらも似たような店構えのラーメン店です。

一方のラーメン店は、
行列が外へ伸びるほど続いています。

もう一方のラーメン店は、
特に行列が出来ているわけではありません。

 

あなたは、
どちらのラーメン店の方が
美味しいラーメンを提供してくれると思いますか?

 

 

・・・・・・どうですか?

恐らく、行列の出来ているラーメン店の方が
美味しいラーメンを出してくれると思いませんでしたか?

 

そう思った理由は、

「行列が出来ているくらいのなのだから、きっと美味しいラーメンを出してくれるのだろう」

といった感じでしょう?

 

これこそ、
集団帰属欲の力です。

心理学では『バンドワゴン効果』と呼ばれていますが、
人間は『多くの人が賛同している物事は良いもの』というように
考える心理傾向があります。

 

だからこそ、
行列が出来ているラーメン店の方が
美味しいラーメンを出してくれるだろうと
自然と期待してしまうのです。

 

この『バンドワゴン効果』を
広告文章の作成に活かすのであれば、

『売上個数は○○万個を突破!』

『ダウンロード数○○万回を突破した大人気アプリ!』

というように書くことで、
他の多くの人々から人気を得ていると
思わせるような文章にしていきましょう。

 

もしくは、
商品に対する良い口コミやレビューなどの情報を
たくさん紹介することによって、

「あ、こんなに色々な人が高評価を出しているんだ」

というように思わせることも有効です。

 

 

ちなみに、
さきほどは集団帰属欲の力を実感してもらうために
具体例としてラーメン店を挙げましたが、
この集団帰属欲を利用する為に、
あえて店内の椅子の数を少なくすることで
店の外に行列が出来るように狙う戦略をとっているラーメン店もあったそうですよ。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です