ココナラよりも稼ぎやすくて、副業の素人でも「初月10万円」を狙える●●●という方法

ココナラの無料お試し枠(無料出品)が無くなった極悪デメリット

口を押える男性

 

どうも、ココナラ出品者のショウヘイです。

 

2018年の6月より、ココナラの無料お試し枠が廃止されました。

これにより、サービスの無料出品が出来なくなりました。

「無料お試し枠」にてサービスを出品中の方へ

いつもココナラをご利用いただきありがとうございます。

先日、先行案内をお送りいたしました新機能「見積り・カスタマイズ相談」の提供開始に伴い、6/1(金)をもって「無料お試し枠」機能の提供を終了いたします。

引用元:【重要】「無料お試し枠」機能の提供終了のお知らせ(https://coconala.com/news/246)

 

 

今回の記事では、ココナラで無料お試し枠が無くなったことで起きる極悪デメリットについて説明します。

 

 

ココナラの無料お試し枠(無料出品)が終わったことによる極悪デメリットとは

 

ココナラの無料お試し枠廃止の極悪デメリットとは『サービス評価数を稼げなくなったこと』です。

 

とあるココナラユーザー
え、評価数が稼げないと、どんなマズイことがあるの?

そう疑問に思う人もいるでしょう。

 

ココナラでは、評価数の少ないサービスは、かなり購入されづらいです。

 

ココナラ購入者は、サービスに付いた評価数の多さを『信用できるかどうか』の判断材料にしています。

評価数の多いサービスは、ココナラ購入者から信用されやすいので、優先的に買われていきます。その反対に、評価数の少ないサービスは、信用されづらいので、なかなか買われません。

 

ココナラの無料お試し枠を使って無料出品できた頃は、とても簡単にサービスが売れました。ココナラ購入者側に購入リスクが無いので、気軽に購入できたからですね。

サービスを無料出品すれば、とんとん拍子でサービス評価数を増やせました。

0円 無料

 

 

しかし、無料お試し枠が廃止されたことで、無料出品が出来なくなりました。

これにより、新規に出品したサービスは『評価数が少ないために買われづらい状態』を抜け出しにくくなっています。

 

これからココナラで稼ごうとする新規出品者は、とても稼ぎづらい状況を強いられるということです。

 

 

 

無料お試し枠(無料出品)の終わりにより、ココナラ出品者の格差が増大する

 

サービスを購入しようとするココナラ購入者は、そのサービスに付いたサービス取引数の多さ(または評価数の多さ)サービス平均評価の高さに注目します。

そのサービスの質が良いかどうか、ココナラ出品者が信用できるかどうかの目安になるからですね。

 

 

ココナラで良質なサービスを提供していれば、基本は星5評価をもらえます。

たまに星4評価をもらうくらいなので、平均評価は星4.8以上で保たれます。

 

ココナラ購入者が類似サービスが比較する時は、平均評価が同じくらいなら、取引数の多さ(または評価数の多さ)を比べて、どちらを購入するか決めます。

多くの場合、取引数(または評価数)の多い方が買われます。

 

すでに大量の評価数を得ている人気サービスは、どんどん買われていきます(好循環)

まだ評価数の少ない新規サービスは、なかなか買われづらい状態が続きます(悪循環)

 

両者の差は、時間が経つごとに広がっていきます。

そして、まともな方法では覆せない、圧倒的な大差が出来上がるわけです。

ココナラの格差

 

 

 

新規のココナラ出品者は、基本的に稼げない

 

ココナラの無料お試し枠が使えていた頃は、サービスを無料出品できました。

無料なので、出品サービスは、とても買われやすい状態です。

1日に3~5件もサービス購入されることも珍しくないでしょう。

出品したサービスが売れたイメージサンプル

 

 

この無料お試し枠を活用することで、大量にサービスを販売して、短期間で多くのサービス評価数を得られました。

充分な数のサービス評価数が付けば、サービスを有料に切り替えても、そのサービス評価数の多さが信用となって、ココナラ購入者が現れます。

サービスを購入したココナラユーザーのイメージ

 

 

無料お試し枠で評価数を集めることは、ココナラで稼ぐための基本テクニックだったわけです。『基本のキ』と言ってもいいくらい、重要なことです。

 

しかし、ココナラ運営によって、無料お試し枠は廃止されました。

最低価格でも、500円でサービスを出品せざるを得ません。

 

まだ評価の少ないサービスは、よほどサービス内容が価値あるもの(専門性が高い・希少性があるなど)でなければ、ほぼ買われないと覚悟しましょう。

 

評価数の少ないサービスは、たとえるなら、外から中身の見えないお店です。

物好きでない限り、正体の分からない物に近づく人は いません。ましてや、お金を払うことになるのでしたら、なおさら近づかないでしょう。みんな素通りします。

画像引用元:独り言 in石垣島 外から中が見えないお店<epi(エピ)>(http://ishop.ti-da.net/e2849198.html)

 

 

 

これからココナラで稼いでいける新規出品者とは

 

無料お試し機能が廃止された現在のココナラは、すでに評価数の多いサービスを持ったココナラ出品者(古参ユーザー)は、とても有利な状況です。

反対に、評価数の少ないサービスを持ったココナラ出品者(新規ユーザー)には、とても不利な状況となっています。

 

一般的な学生・サラリーマン・主婦は、今さらココナラへ参加しても、ほぼ稼げないまま終わるでしょう。

 

この状況下でも、ココナラで稼げる新規出品者の特徴は、次の通りです。つまり、ずば抜けて有能な人だけです。

ココナラに参加して稼げる新規出品者
  • 難関の資格やプロレベルの実績を持っていて、それを前面にアピールしてサービスを出品できる有能出品者
  • 専門性や希少性の高いサービスを出品できる出品者(ココナラに競合者・競合サービスが少ない)
  • 自分で販売戦略を考えられ、マーケティング知識を活用した集客が出来て、セールス文章術にも優れたネットビジネス出品者

 

 

 

ココナラ運営が無料お試し枠(無料出品)を無くした『裏の理由』とは

 

ココナラ運営の公式発表では、無料お試し枠を廃止した理由は『無料お試し枠の役目を終えたと判断したから』だそうです。

無料お試し枠での出品・有料での出品に関わらず、その後の販売実績に大きな差がないことや、無料お試し枠での違反行為やキャンセル割合の増加を受けて、一定の役目を終えたと判断いたしました

引用元:ココナラ|ニュース|【重要】「無料お試し枠」機能の提供終了のお知らせ(https://coconala.com/news/238)

 

 

私個人としては、本当の狙いは経費削減だろうと考えています。

言い換えれば、ココナラ会員登録者の獲得から利益重視の経営方針に切り替えたのです。

 

無料出品(販売手数料を稼げない取引)を廃止すれば、それに関する経費(データ保管の維持費・システム処理の負担・取引トラブル対処の人件費など)を大幅に減らせます。

 

ココナラが利益重視の経営方針に切り替えたことは、PRO認定制度の導入からも見て取れます。

ココナラ PRO認定制度

画像引用元:ココナラ|プロ認定制度(https://coconala.com/pages/about_pro)

 

 

ココナラがPRO認定制度を導入した真の狙いは『高額かつ高品質なサービスを提供できる人材の誘導・確保』でしょう。

PRO認定ロゴマークの付けられるサービスは、最低価格5万円が条件です。

 

PRO制度は2018年2月です。それに合わせるように、同月の22日より、高額サービスに対する手数料が変更されました。

販売総額が5万円を超えるサービスのみ、手数料が下方修正されました。この手数料変更は、明らかにPRO認定サービス(高額サービス)の出品を盛んにするためのものですね。

ココナラの販売手数料の変更
  • トークルームごとの販売総額「5万以下」の部分:手数料25%+税率 (変更なし)
  • トークルームごとの販売総額「5万円超〜10万円以下」の部分:手数料20%+税率 (下方修正)
  • トークルームごとの販売総額「10万円超」の部分:手数料10%+税率 (下方修正)

 

 

ココナラが利益重視の経営方針に切り替えた証拠は、サービス検索結果からも見て取れます。

ココナラの検索サービスは、初期設定は『おすすめ順』で表示されます。『おすすめ順』は、PRO認定サービスが上位表示される仕組みになっています。

ココナラ おすすめ順

 

 

利益を追求することは、営利企業にとっては、とても自然なことです。

ココナラも一企業ですから、利益追求を優先することは、正しい姿勢です。

中途半端な能力の出品者を切り捨て始めたことは、事実ですけれど。

 

余談

PRO認定制度の導入前から、ココナラの検索サービスの『おすすめ順』は、出品価格が高いほど上位表示される仕組みになっていました。

また、初期状態の検索設定では、最低価格500円からとなっていました。つまり、無料出品サービスは、意図的に検索から除外されていたわけです。

ここからも、利益追求(無料出品の冷遇)の姿勢が見えますね。

 

 

ココナラ運営(経営陣)の本音を文章にすると、こんな感じでしょうね。

ココナラ運営

会社の利益に貢献しない中途半端な出品者は、もういらない。さっさと切り捨てて、経費削減を優先しよう。

これから新規にココナラで活動する出品者は、すでに優秀な能力を持っていて、将来的に高額サービスを取引してくれる(高額な販売手数料を稼がせてくれる)人材が残ればいい。

以前からココナラ活動していて、多数の取引実績を得るほどの良質サービスを出品するユーザーは、引き続きココナラで稼いでもらおう。そして、会社の利益(取引手数料)に貢献させよう。

 

ココナラに関する総合案内ページ

ココナラの使い方を完全攻略|サービス購入&出品&取引の方法まとめ

 

co-eyec-hatch


あなたは、「これ」を知らないままで、ずっと損していませんでしたか?

ココナラに出品するよりも簡単に利益が生まれ、自分でサービスを作る必要もなく、しかも他の出品者と競争しなくてOK。

マニュアル通りにポチるだけなのに、ビジネス初心者でも初月から10万円以上を稼げてしまう、たった1つの方法。


 

ココナラって、正直なところ『稼ぎづらい』と思いませんか?

 

サービスを出品してみても、すでに似たようなサービスを出品している競合者の方ばかり買われていく。

無料出品が出来なくなったから、なかなか購入者が現れず、サービス評価数を増やせない

今のココナラ運営は、古参の出品者ばかり優遇していて、新参の出品者のことを配慮していません。

 

ココナラで稼ごうとするよりも、私がオススメしている●●●に取り組んだ方が、簡単・確実に稼げます。

 

ココナラで稼ぐ時と違って、●●●は、専門的な知識や技術は必要ありません。中学生でも出来る作業を実践することで、確実に報酬を積み重ねられます。

毎日コツコツと取り組めば、ひと月に10万円以上を稼ぐことも可能です。

 

●●●の具体的な方法は、ショウヘイの無料メール講座で伝えています。

※今だけ特別に、5万円相当のビジネス動画集(合計100本以上)もプレゼント中。

↓ ↓ ↓