ココナラの出品者ランクを解説!効率よくランクアップしよう

どうも、ココナラ出品者のショウヘイです。

 

2018年の4月より、ココナラの出品者ランク制度が新しくなりました。

これにより、新しいランクは、以下の6つとなりました。

  • プラチナ
  • ゴールド
  • シルバー
  • ブロンズ
  • レギュラー
  • ランク無し
ココナラ 新ランクアップ制度

画像引用元:ココナラ|出品者ランクとは(https://coconala.com/pages/about_rank)

 

 

今回の記事では、新ランクの内容を詳しく説明していきます。

また、ランクアップ条件ランク制度変更の影響についても、説明していきますね。

 

 

ココナラ出品者ランクの認定条件とは

 

記事冒頭でも説明した通り、新ランク制度が導入されて、6ランク制となりました。

ランク認定条件

画像引用元:ココナラ|出品者ランクとは(https://coconala.com/pages/about_rank)

 

 

各ランクの認定条件は、次の通りです。

ランク無しから順に、詳しく説明していきます。

 

 

ココナラの出品者ランク:ランク無し

 

まだ1度も有料サービスを販売したことが無いユーザーのランクです。

ここでいう販売とは『サービスが購入された後、出品者が正式な回答を送って、取引を完了した状態』のことを意味します。

ココナラを使い始めたばかりの初心者は、全員ランク無しから始まります。

 

 

ココナラの出品者ランク:レギュラー

 

ココナラ レギュラー

 

1件でも有料サービスを販売できれば、レギュラーランクになれます。

これより下へランクダウンすることはありません。

 

 

ココナラの出品者ランク:ブロンズ

 

ココナラ ブロンズ

 

累積の有料サービスの販売数が10件を超えれば、ブロンズランクになれます。

これより下へランクダウンすることはありません。

 

 

ココナラの出品者ランク:シルバー

 

ココナラ シルバー
  • 直近3ヶ月の有料サービス販売件数が10件以上
  • 直近3ヶ月の納品完了率が80%以上

この2つの条件を満たした時、シルバーランクになれます。

 

もしも、どちらかの条件を満たせなくなった時は、ブロンズランクへランクダウンします。

納品完了率ついては、のちほど詳しく説明します。

 

 

ココナラの出品者ランク:ゴールド

 

ココナラ ゴールド
  • 直近3ヶ月の販売総額が5万円以上
  • 直近3ヶ月の納品完了率が90%以上
  • 累積の平均評価4.8以上

この3つの条件を満たした時、ゴールドランクになれます。

 

条件の1つが『直近3ヶ月の販売総額が5万円以上』なので、1カ月平均の売り上げが1万7千円を超える必要があります。それなので、ココナラで そこそこ稼げていないと、シルバーランクからゴールドランクへランクアップできません。

また、条件の1つが『累積の平均評価4.8以上』とあるので、サービス評価は、基本的に星5ばかりである必要があります。

 

ゴールドランクは、良質なサービスを提供していて、そこそこ稼いでいるユーザーの象徴と言えます。

 

 

ココナラの出品者ランク:プラチナ

 

ココナラ プラチナ
  • 直近3ヶ月の販売総額が10万円以上
  • 直近3ヶ月の納品完了率が90%以上
  • 累積の平均評価4.8以上
  • 本人確認を済ませている

この4つの条件を満たした時、プラチナランクになれます。

 

最高のココナラ出品者ランクだけあって、ランクアップ条件は厳しめです。

 

条件の1つは『直近3ヶ月の販売総額が10万円以上』なので、1カ月平均の売り上げが3万4千円を超える必要があります。

かなりの人気サービスを持っているか、出品者の販売戦略が上手くないと、この条件は達成できません。

 

プラチナランクは、ココナラで かなり稼いでいるユーザーの象徴であり、同時に出品者としての高い信頼性も象徴していると言えます。

 

この記事の執筆者である私もまた、プラチナランクです。

ココナラアカウントランク【プラチナ】

 

 

 

ココナラのランクアップ条件について

 

各ランクの認定条件に、以下のものがありましたよね?

これらは、一見したところでは分かりづらいので、個別に説明しておきます。

  • 直近3カ月の販売総額
  • 直近3カ月の納品完了率
  • 累積の平均評価
  • 本人確認

 

 

直近3カ月の販売総額

 

直近3カ月の販売総額とは、ランク認定日(基本的に毎月1日)より3ヶ月前の1日~先月末までの期間における、総売り上げ額を意味します。

たとえば、ランク認定日が8月1日の場合なら、5月1日から7月31日までの売り上げ額が計算対象になります。

 

購入されたサービスの購入代金は、トークルームにて正式な回答を送り、完全に取引が終わった時点で、売り上げとして計上されます。

言い換えれば、正式な回答を送らずにトークルームを開けっ放しにしていたら、いつまで経っても売り上げに計上されません。

 

ゴールドランク以上を狙うなら、毎月25日を目安にして、サービスの納品が終わっているトークルームに正式な回答を送って、サービス購入代金を売り上げに計上することをオススメします。

 

 

直近3カ月の納品完了率

 

直近3カ月の意味は、先ほど『直近3カ月の販売総額』と同じです。

ランク認定日が8月1日の場合なら、5月1日から7月31日までの期間が対象になります。

 

納品完了率は、キャンセルされた取引も含め、クローズされている全取引において、どれだけ最後まで取引が完了したか(正式な回答を送って取引完了したか)を百分率(%)で表したものです。

分かりやすく言い換えると・・・・・・めったに取引キャンセルせず、いつも正式な回答を送って取引を完了していれば、納品完了率は100%に近くなります。

 

納品完了率の詳しい計算方法は、以下の通りです。

納品完了率の計算方法

納品完了率の計算には、下の2つの要素が関わります。

  • 正式な回答を送った後、クローズしたトークルーム数(以下、正常クローズ数)
  • 取引キャンセルした後、クローズしたトークルーム数(以下、キャンセルクローズ数)

計算式は、次の通りです。

正常クローズ数  ÷ (正常クローズ数 + キャンセルクローズ数)× 100


具体的な数字を使って、分かりやすく説明します。

正常クローズ数が9、キャンセルクローズ数が1とします。

この場合の納品完了率は・・・・・・

納品完了率=9÷(9+1)×100=90%


(結論)

取引キャンセルした取引が多ければ多いほど、納品完了率は下がる。すなわち、ランクダウンしやすくなる。

 

 

累積の平均評価

 

累積の平均評価ついては、具体的な定義は、ココナラサイトのどこにも見当たりませんでした。

しかし、どのような定義か見当はついているので、それを説明しますね。

 

累積の平均評価とは、その出品者が今までに出品してきた全サービスに対して付けられたサービス評価値の平均のことです。

下書き状態またはアーカイブに置いてあるサービスも計算対象に入るでしょう。

出品者ランクは、その出品者が信用できるか否かを判断できる要素でもあります。ココナラ運営からすれば、低質または詐欺サービスを出品して低評価を食らったことのあるユーザーに、高い出品者ランクは付けたくないでしょう。

出品者が隠したサービスの評価値も、累積の平均評価の計算対象にしていることでしょう。

 

 

ココナラの本人確認

 

やっていないユーザーも多いでしょうが、ココナラには本人確認制度があります。

身分証明書(運転免許書や保険証など)の撮影画像をココナラ運営へ送信することで、本人確認を審査してもらえます。

ココナラの本人確認は、こちらのページで受け付けてもらえます。

 

無事に審査が終わると、ユーザーアカウントの横に本人確認マークが付きます。

 

 

 

出品者ランクがランクアップしない、またはランクダウンした原因とは?

 

出品者ランクの認定条件によって、出品者ランクは昇格・降格します。

認定条件の中でも、ランクアップしない・ランクダウンした原因となりやすいのが納品完了率です。

 

納品完了率は、一見したところでは、何を意味しているか分かりません。また、存在が地味ということもあり、ランク認定条件として見落とされがちです。

 

月初めにランクアップしなかった・ランクダウンしたことに疑問を持った人は、過去3か月間の取引キャンセル数を調べてみてください。

もしも取引キャンセル数が多かったら、納品完了率の低下がランク停滞・ランクダウンの原因と考えられます。

 

 

ココナラ出品者ランク変更の影響

 

最大の影響は

  • 現在ココナラで稼いでいるユーザーは、ますます稼ぎやすくなった
  • まだココナラで稼げていないユーザーは、さらに稼ぎづらくなった

という売り上げ格差の拡大です。

 

 

 

 

 

 

 

高ランク(プラチナやゴールド)の出品者は、他のユーザーから『多くの利益を稼いでいる=有能』と思われ、権威者として見られます。また、高ランクの条件の1つが『平均評価4.8以上』なので、サービスの質の面でも信用されます。

それに対して、低ランク(ブロンズ以下)は、ココナラで稼げていないユーザーの象徴です。稼げていない事実は『この出品者は有能ではない』という思い込みにつながります。

 

したがって、高ランクの出品者は、低ランクの出品者よりも、サービスが購入されやすい状態になります。

結果、新ランク制度の導入前よりも、さらに売り上げ格差が広がるというわけです。

 

ココナラが高い実績を収めているユーザーを優遇して、まだまだ実績も実力も不十分なユーザーを切り捨てようとする動きは、2018年6月のお試し無料枠廃止からも見て取れます。

ココナラのお試し無料枠が無くなったことで起きたデメリットについては、下の記事で説明しています。

ココナラの無料お試し枠(無料出品)が無くなった極悪デメリット

2018.06.27

 

 

ココナラで効率よくランクアップするには

 

今回の新ランク制度は、以前のランク制度よりも『売り上げ額』と『サービス評価』を重視しています。

 

現制度のココナラで、出品者ランクを効率よくランクアップさせるには、

  • 人気サービスを作れるか
  • 見込み客から信用してもらえるか
  • 見込み客の購入意欲を刺激するサービス内容を書けるか

この3つを とことん追求するしかありません。

 

 

サービスを売れやすくして稼ぐためのテクニックは、以下の3つの記事にまとめています。参考にされてください。

 

 

 

【ココナラ関係のオススメの記事】

ココナラのサービスを実質無料で購入する方法

2018.06.26


ココナラよりも稼ぎやすい方法とは


稼ぎ方 女性 スマホ

 

 

正直なところ、あなたも『ココナラって稼ぎづらい』と思いませんか?

 

・自分でサービスを作るのは面倒

・似たようなサービスと競争して勝つ必要がある

・評価数の多いサービスを持った古参ユーザーが有利すぎる

・手数料が高すぎて、あまり利益にならない

 

 

 

実は、ココナラより簡単に稼げる『とある方法』があります

 

作業すれば確実に報酬がもらえて、ビジネス初心者でも初月10万円を達成できます

 

しかも、自分でサービスを作る必要もありません

 

 

その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※ 5万円相当のプレゼント付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です