ココナラの情報商材・自動化ツールで稼ぐコツ|詐欺疑惑を解消せよ

 

どうも、ココナラ出品者のショウヘイです。

 

ココナラでは、占い・悩み相談(ヒーリング・カウンセリング)・イラスト制作以外にも、ネットビジネス関係の情報商材自動化ツールも盛んに出品されています。

 

私もまた、ココナラで情報商材を出品しているユーザーの1人です。

情報商材を出品して稼いだ売り上げ実績は、こちらの記事で紹介しています。

ココナラで稼ぐノウハウ・テクニック公開|単月売り上げ10万円突破

2018.08.29

 

 

今回の記事では、情報商材と自動化ツールに焦点を当てて、ココナラで稼ぐためのテクニック・ノウハウを説明します。

 

 

なお、プロフィールの書き方・サービスの作り方・サービス詳細の書き方など、ココナラで稼ぐための基本的なノウハウ・テクニックは、以下の3記事をご覧ください。

ココナラで稼ぐ|売れやすいプロフィールの書き方

2018.06.17

ココナラで稼ぐ|売れる・稼げるサービスの作り方

2018.06.25

ココナラで稼ぐ|売れるサービス詳細(サービス内容)の書き方

2018.07.05

 

 

ココナラに出品するサービステーマは『楽して稼げる』

 

ココナラに出品する情報商材・自動化ツールは『努力せず、技術も必要なく、楽に稼げる』という要素が重要です。

 

『地味な努力が不要で、短時間で結果が出て、費用が少なくて済む』という3条件を満たす商品が売れやすいことは、ビジネス常識の1つです。

 

過去にココナラで大人気だったビジネスサービスの具体例を見ても、その常識が通用することが分かります。

ココナラで情報商材・自動化ツールを出品するなら『楽して稼げる』をテーマにすると、サービスが売れる可能性が高いので、オススメです。

ココナラで大人気だったビジネスサービス具体例3つ
  • セルフバック系(キャッシュバック案件をこなす)
  • 0円仕入れ(通販商品を無料で仕入れる方法)
  • TopBuzzVideo動画投稿(他動画サイトの人気動画を大量無断転載する方法)

 

 

利用規約違反に関わる稼ぎ方は、ココナラで出品しないこと

 

ここでいう『利用規約違反』とは、ココナラの利用規約ではありません。

その稼ぎ方を実践するために使う『ココナラ外のサイト』の利用規約のことです。

 

ココナラは、出品サービスの健全化に力を入れています。

その一環として、サービス内容が『特定サイトの利用規約に違反する』という場合は、そのサービスの出品を強制取り下げしています。

 

 

『特定サイトの利用規約に違反する』情報商材や自動化ツールは、結果的には、ココナラ運営から出品を強制的に取り下げられます。

出品するだけ無駄なので、最初から出品しないことをオススメします。

 

 

『特定サイトの利用規約に違反する』稼ぎ方の具体例は、無在庫転売・0円仕入れ・著作物の大量無断転載ですね。

 

 

無在庫転売について

 

無在庫転売と言えば、メルカリとAmazonを使った方法が有名ですよね。

メルカリとAmazonを使った無在庫転売
  1. メルカリへ『Amazonの商品画像と商品説明文』を出品しておく。
  2. メルカリの出品が購入されたら、該当商品をAmazonで注文して、宛先にメルカリの出品購入者の住所を指定する。

 

 

無在庫転売は『サービスを作る能力が無く、転売経験も無い一般人』でも、簡単なパソコン作業だけで、手軽に転売利益を得られます、

 

メルカリでは『手元にない商品情報を出品して、購入後に商品を発送する』ことを利用規約で禁止しています。

フリマアプリを利用した無在庫転売は『特定サイトの利用規約に違反する』ので、ココナラで出品できません。

 

 

0円仕入れについて

 

0円仕入れで有名な方法は、通販サイトの商品を購入した後、出品者(または関係者)へ個人連絡して『商品に対して高評価を付ける代わりに、購入代金を返金してもらう』という裏取引ですね。

 

商品を無料で仕入れられれば、仕入れ経費の掛からない転売が実現できます。仮に商品が売れ残っても、何も痛手はありません。

 

高評価レビューを対価にした商品の値引き、または購入代金の返金は、不当な情報操作に関わります。それなので、大手通販サイトは、利用規約で禁止しています。

情報操作が関わる0円仕入れは『特定サイトの利用規約に違反する』ので、ココナラで出品できません。

 

 

著作物の大量無断転載について

 

著作物を大量に無断転載して稼ぐ方法は、BuzzVIdeo(旧TopBuzzVideo)に『YouTubeなどの動画サイトに投稿された人気動画をBuzzVIdeoに無断転載する』という方法が有名です。

 

『YouTubeなどから人気動画を探してダウンロード→BuzzVideoにアップロード』を繰り返すだけで、BuzzVideoの動画収益を稼げます。

 

著作権者から無断で動画投稿することは、BuzzVideoの利用規約で禁止されています。

 

また、アフィリエイト目的で著作物を無断転載する場合でも、多くのASPでは『著作権、知的所有権の侵害』は、利用規約で禁止されています。

 

無断転載が関わる稼ぎ方は『特定サイトの利用規約に違反する』ので、ココナラで出品できません。

 

 

 

ココナラへ出品するサービスは『ココナラ内で完結させる』こと

 

情報商材(特にレポート納品)を出品する場合は、提供サービスをココナラ内で完結させる必要があります。

 

ココナラでは、LINE・Skype・電話などを利用した『外部誘導』を禁止しています。

つまり、以下のようなサービス提供は出来ないわけです。

ココナラで禁止されている情報商材の売り方
  • LINE・Skypeなどを利用したコンサルティング
  • 情報商材を入り口として、ココナラ外サイトのメインコンテンツに案内

 

 

情報商材やツールを提供した後、購入者をアフターフォローするなら、取引中のトークルームまたはダイレクトメッセージ機能を利用するしかありません。

 

 

厳密には、ストレージサイトも利用規約に違反する

 

大容量の情報商材(動画など)を購入者へ渡す時は、evernoteやdropboxのようなストレージサイトが便利です。

しかし、ストレージサイトを利用したサービス納品は、厳密には『外部誘導』に該当するので、利用規約の違反となってしまいます。

 

これについては、ココナラ運営スタッフに問い合わせて確認したことなので、間違いありません。

大容量のデータを納品する時でも、なるべくココナラのトークルームを使いましょう。

 

 

 

ココナラで本人確認を済ませよう

 

ココナラで情報商材・自動化ツールを出品するなら、ココナラで本人確認を済ませて、プロフィールに『本人確認済みマーク』を表示させておきましょう。

 

 

ココナラに出品されている詐欺サービスを回避する注意点として『本人確認を済ませているかどうか』が知られています。

ココナラの詐欺サービスに注意を呼び掛けているサイトの多くは、この『本人確認を済ませているかどうか』を判断基準にするよう提唱しているからです。

 

私が投稿しているココナラの詐欺・悪質サービスを避ける7つの注意点でも、本人確認の有無に注意するように呼び掛けています。

ココナラの詐欺・悪質サービスを避ける7つの注意点

2018.07.20

 

 

 

サービス詳細の書き方

 

情報商材・自動化ツールは、ココナラでは『詐欺サービスなのではないか?』という疑惑の目を向けられやすいです。

 

情報商材は『情報が商品』という性質から、サービス内容に具体的なことを書けません。そのため、中身の分かりづらいサービスとして、警戒されやすくもあります。

 

ココナラで情報商材・自動化ツールを出品する時は、信用獲得を強く意識しながら、具体的で分かりやすいサービス詳細を設定しましょう。

 

 

 

情報商材は、中身を出来るだけ開示する

 

サービスの中身が具体的に分かれば分かるほど、見込み客(ココナラユーザー)の信用を得やすくなります。

それなので、特にサービス画像とサービス内容を使って、情報商材の中身を出来るだけ公開することをオススメします。

 

情報商材は『情報が商品』なので、なるべく中身を公開したくないでしょう。

あくまでも、公開できる範囲内で公開することをオススメしているだけです。

核心となる情報は、公開しなくて大丈夫です。

 

 

私がココナラで出品している情報商材は、PDFレポートです。

レポートの中身が大まかに分かるように、サービス画像には、レポートの目次とサンプルページを掲載しています。

 

 

 

稼いだ額・稼がせた額が分かる実績画像を掲載する

 

『百聞は一見に如かず』というように、あれこれ機能性の高さを文章で説明するよりも、稼いだ額・稼がせた額が分かる実績画像を掲載した方が信用を得る効果は高いです。

 

可能であれば、その情報商材・自動化ツールを使って実際に稼いだ人の推薦コメントも掲載すると、より信ぴょう性が増します(推薦コメントは、手書きっぽい文体がオススメです)。

 

ただし、稼いだ額・稼がせた額を示す実績画像は、優良誤認扱いとして、ココナラ運営から修正指示を受ける可能性もあります。

ひとまず実績画像を載せておき、もしも注意されたら、サービス画像を修正しましょう。

 

 

たとえ本当に大金を稼げていたとしても、札束やブランド品の画像を載せることは止めましょう。

札束・ブランド品を見せびらかすして、いかにも『稼げています』とアピールする手法は、昔から使われている詐欺手法の1つなので、かなり胡散臭がられます。また、純粋にいやらしいです。

万札

 

 

 

『稼ぎやすさ』と『理想的な未来』を強調する

 

情報商材や自動化ツールを買う目的は、もちろん『より多くのお金を稼ぐこと』ですね。

それなので『どんな方法を使って、どこで収益を生み出すのか』を具体的に説明すれば、稼ぎ方に現実味を感じやすくなるので、信用を得やすくなります。

加えて、その稼ぎ方が『どれだけ稼ぎやすい方法なのか』もアピール出来れば、サービスが購入される可能性はグッと高まります。

 

 

購入意欲を高める別の方法は、その情報商材・自動化ツールを使って稼いだ先の『理想の未来』を書いておくことです。

 

人が商品を買う理由は、商品が『目的を達成するための手段』だからです。商品自体は、目的を達成する為の手段に過ぎません。

ココナラで情報商材・自動化ツールを買う人は、何か目的を達成する手段として『お金を稼ぎたい』と考えています。お金稼ぎや、あくまでも手段です。

 

それなので、サービス内容に『理想的な未来』・・・・・・たとえば、高級車に乗れる・ブランドバッグが買える・好きな時間に寝起きできる・自由に旅して回れる・思う存分に家族サービス出来る・好きなだけ趣味に没頭できるというようなことも描いておくと、より購入意欲を高められます。

 

 

 

ココナラでは、優良誤認と有利誤認の表現に注意

 

情報商材や自動化ツールのように『稼ぐこと』を目的にしたサービスは、機能性の高さをアピールするために『月収●●万円』や『勝率▲▲%』という表現を使いたくなります。

また、サービス購入を後押しするために『期間限定』や『人数限定』という表現を入れて、希少性や緊急性もアピールしたくなりがちです。

 

しかし、『サービス内容を過大に良く感じさせる表現(優良誤認)』や『すぐに買わないと損すると感じさせる表現(有利誤認)』は、ココナラの出品ルールで禁止されています。

 

以下、出品禁止サービスの該当部分の引用です。

  • 購入者に優良誤認を及ぼす恐れがあるサービス
    • 「必ず儲かる」や「勝率、利率〇〇%」という断定的な表現により、購入者に誤解を与える可能性があるサービス
    • 「◯◯万円儲かった」など投資成果について具体的な金額を記載し、購入者に誤解を与える可能性があるサービス
    • 「実績No.1」や「信頼度No.1」など裏付けのない順位を用いた表現をしているサービス
  • 購入者に有利誤認を及ぼす恐れがあるサービス
    • 「期間限定」や「人数限定」を記載しているが、実際には限定されていないサービス
    • 値下げ中である旨を記載しているが、実際には値下げを行っていないサービス

 

引用元:ココナラ|ルールとマナー(https://coconala.com/pages/guide_rule)

 

 

それなので、情報商材と自動化ツールのサービス詳細については、優良誤認と有利誤認に関わる表現を避けつつ、機能性の高さをアピールしていきましょう。

 

 

 

ココナラ内の競合サービス対策

 

どのビジネスにも言えることですが、競合サービスに勝てるかどうかで、その後の売り上げは大きく変わってきます。

ココナラは、同一フリーマーケットの中で競合サービスと勝負するので、競争が激化しやすいです。

ココナラで稼いでいきたいなら、いかにして競合サービスに勝つかが大切になります。

 

 

利用規約に違反している競合サービスを通報する

 

ココナラで競合するサービスは、少なければ少ないほど、自分のサービスが買われる可能性が上がります。

そこで、ココナラの利用規約(または特定サイトの利用規約)に違反している競合サービスについては、ココナラ運営へ通報して出品取り下げを狙うのも有効です。

そのサービス内容が根本的に利用規約に違反しているなら、出品を取り下げられた時点で、もう再出品できる見込みはありません。文字通り、サービスを潰せます。

電話 通報 密告

 

 

違反通告する時は、問い合わせページから、詳しい通告内容を書いて送信しましょう。

ココナラ 違反通告

 

 

情報商材や自動化ツールの中でも、とりわけ評価数が多くて売れているサービスは、何かしら利用規約に違反している傾向にあります。

どこにでもいる一般人・・・・・・言い換えれば『他者に提供できる価値ある何かを持っていない人』でも稼ぎやすい情報商材や自動化ツールは、どうしても利用規約に違反するような内容になりやすいからです。

 

【利用規約に関わる稼ぎ方】で紹介したように、無在庫転売や0円仕入れ、大量無断転載は、ビジネス初心者でも稼ぎやすい反面、どれも特定サイトの利用規約に違反するものばかりです。

 

 

ココナラでは、バイナリーオプション系のサービスも数多く出品されています。ビジネス初心者でも稼ぎやすいという謳い文句が多いので、それらのサービスは利用規約に違反している可能性は高いでしょう。

 

 

チャートの上がり下がりを推測するインジケーターの販売は、ソフトウェア販売ですから、特に問題ありません。

よほど優秀なアルゴリズムを積んでいるなら、正確にチャートの動きを予測してくれますから、初心者でも稼げるでしょう。

補足

そんな超高性能インジケーターが出回って、みながみな勝てるようになったら、バイナリーオプションサービスを提供する企業は、全て消えてなくなります。勝つユーザーが多ければ多いほど、企業側が損するからです。

インジケーター開発者が最も得する方法は、自分ひとりで インジケーターを使って、こっそりと大金を稼ぎ続けることです。もしくは、インジケーターに基づくシグナル配信にも取り組んで、グループ参加者から配信料を稼ぐことです。

少なくとも、インジケーターそのものを世に出すことはありません。

 

 

しかし、LINEやSkypeを使って『いついつに上がる・下がるから、●分後のハイ・ロー注文を入れましょう』とシグナル配信するサービスについては、ココナラ運営に通報すれば、出品を取り下げられる可能性が高いです。

LINEやSkypeを使ってシグナル配信しているなら、外部誘導に該当するので、間違いなくココナラ利用規約に違反しています。

 

また、他者からの指示に依存してハイ・ロー注文を入れて稼ごうとすること(稼がせること)は、その取引会社の利用規約に違反している可能性が高いです。

たとえば、バイナリーオプションの取引会社でも有名なハイローオーストラリアの口座契約条件(2018年6 月29日発行)では、禁止行為に『ほぼ完全に第三者(免許の有無または承認の有無にかかわらず)による個人向けファイナンスアドバイスに依拠したポジション変動 』と書かれています。

LINEやSkypeを使ったシグナル配信は、そのグループに参加している個人に対するファイナンスアドバイスです。シグナル配信者・受信者ともに、ハイローオーストラリアの利用規約に違反している可能性は、とても高いですね。

 

 

 

情報商材は、競合サービスより多くの評価数を稼いでおこう

 

情報商材は、情報そのものが商品なので、他者からマネされやすいという欠点があります。

同じ情報が書かれているなら、情報そのもので差別化することは出来ません。

 

ココナラでは、より多くの評価数が付いているサービスの方が買われやすいです。

商品内容で差別化しづらい情報商材だからこそ、より多くの評価数を稼ぐことが重要になります。

 

もしも、自分より先に同様の情報商材を出品している出品者がいるようなら、まずは低価格出品(500円)することで、ひたすら評価数を稼ぎましょう。

競合サービスよりも、はるかに多い評価数が付いている状態なら、競合サービスより値上げしても、あなたのサービスが優先的に買われやすくなります。

 

 

 

情報商材に特典を付ける

 

情報商材の中身で差別化できないことは、何度も伝えていますね。

しかし、情報商材以外の部分であれば、差別化する余地はあります。

それは、情報商材に付ける特典(オマケ)です。

 

 

情報商材の内容に関連する(または役立つ)特典を付けて出品すれば、特典のない競合サービスよりも、あなたのサービスが買われる可能性は上がります。

特典を付ける時は、必ず購入者に役立つ物にしましょう。購入する側からすれば、役に立たない物をもらっても、嬉しくありません。

役立たない特典は、情報商材に対する印象を悪くする原因にもなりかねません。役立つ特典を作れそうになかったら、無理に付けない方が良いですね。

 

また、情報商材と直接的に関係なくとも、ココナラ購入者に役立つものなら、特典として付けられます。

 

ココナラの有料サービスを実質無料で購入する方法の記事の終わりにて、そのノウハウを記載したPDFレポートを無料配布しています。

このノウハウは、ココナラ購入者の全員に役立つ内容なので、特典として使いやすいです。

ご自由にダウンロードして活用してください。

ココナラのサービスを実質無料で購入する方法

2018.06.26


ココナラよりも稼ぎやすい方法とは


稼ぎ方 女性 スマホ

 

 

正直なところ、あなたも『ココナラって稼ぎづらい』と思いませんか?

 

・自分でサービスを作るのは面倒

・似たようなサービスと競争して勝つ必要がある

・評価数の多いサービスを持った古参ユーザーが有利すぎる

・手数料が高すぎて、あまり利益にならない

 

 

 

実は、ココナラより簡単に稼げる『とある方法』があります

 

作業すれば確実に報酬がもらえて、ビジネス初心者でも初月10万円を達成できます

 

しかも、自分でサービスを作る必要もありません

 

 

その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※ 5万円相当のプレゼント付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です