ココナラの手数料まとめ【2018年9月最新版】|手数料が高すぎ?

 

どうも、ココナラ出品者のショウヘイです。

 

これからココナラに参加して稼ごうと考えている人にとって、ココナラの手数料は、とても気になるところでしょう。

 

今回の記事では、ココナラの月会費・出品手数料・販売手数料など、手数料に関する情報をまとめました。

 

 

ココナラの登録料・月会費について

 

ココナラは、無料で会員登録できます。

また、会員情報を維持する月会費などは、必要ありません。

 

ただ単に会員登録している分には、ココナラを無料で利用できます。

 

 

 

ココナラの出品手数料について

 

ココナラでは、サービスを無料で出品できます。

どれだけサービスを出品しても、すべて無料です。

 

ココナラへサービスを出品することは、無料で出来ます

 

 

 

ココナラの購入手数料について

 

ココナラでサービスを購入する時は、購入そのものに手数料は掛かりません。

サービスの購入手数料は、無料と思ってください。

 

ただし、購入代金の支払い方法(決済方法)によって、決済手数料が必要になることもあります。

 

ココナラでは、以下の支払い方法を選べます。

ココナラの支払い方法(決済方法)
  • クレジットカード決済(VISA・Mastercard・JCB・AMEXに対応)
  • 携帯電話会社のキャリア決済(NTTドコモ・au・ソフトバンクに対応)
  • コンビニ決済(ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストア、セイコーマートに対応)
  • 電子マネー決済(ビットキャッシュ・Vプリカに対応)
  • 銀行振込
  • ココナラポイント
  • ココナラコイン

 

 

支払い方法(決済方法))の中でも、決済手数料が無料の支払い方法は、次の通りです。

  • クレジットカード決済
  • 電子マネー決済
  • ココナラポイント
  • ココナラコイン

 

 

反対に、決済手数料が有料の支払い方法は、次の通りです。

決済手数料が有料の支払い方法
  • 携帯電話会社のキャリア決済(決済手数料100円)
  • コンビニ決済(決済手数料150円)
  • 銀行振込(各銀行の振込手数料によって変わる)

 

 

ココナラでサービスを購入する時は、なるべく決済手数料が無料の支払い方法(クレジットカード決済など)を選びましょう。

 

 

 

ココナラの販売手数料について

 

ココナラでは、販売したサービスの売り上げ金から、販売手数料を取られます。

つまり、サービス販売の手数料は、出品者側に負担が掛かるわけです。

 

 

販売手数料の額は、サービス種類よって、変わってきます。

 

サービス種類は、次の2つです。

ココナラのサービス種類
  • 通常サービス(テキストサービス・ビデオチャットサービス)
  • 電話サービス

 

 

ココナラの通常サービスの販売手数料について

 

ココナラ通常サービスでは、トークルームごとの取引成立時に販売総額(おひねり・有料オプション含む)から、販売手数料が差し引かれます。

 

販売手数料は、『手数料率』と『税』を足し合わせた額となります。

 

手数料率は、販売総額の範囲によって、3つに分けられます。

ココナラ販売手数料の3範囲
  1. 1円〜50,000円以下の範囲 → 手数料率25%
  2. 50,000円〜100,000円以下の範囲 → 手数料率20%
  3. 100,000円を超える範囲 → 手数料率10%

 

 

ただし、加算される税も考慮すると、こちらが実質的な手数料率です。

ココナラ販売手数料の3範囲(税率8%を考慮)</p> <p>
  1. 1円〜50,000円以下の範囲 → 手数料率27%
  2. 50,000円〜100,000円以下の範囲 → 手数料率22%
  3. 100,000円を超える範囲 → 手数料率11%

 

実質手数料率の計算方法

税金の部分は、販売総額に手数料率を掛けた金額(ココナラ側の利益)に対して掛かります。

数式で表すと、次の通りです。


実質的な手数料 = 販売総額 × 手数料率 ×税率(8%)

※税率(8%)には、1.08を代入


 

 

 

ここで、注意して欲しいことがあります。

手数料率は、累進課税のように、該当する金額範囲のみ手数料率が掛かります。

 

 

たとえば、あるトークルームの販売総額が12万円だったとします。

この場合は、『5万円未満の範囲は、手数料率25%』と『5万円~10万円未満の範囲は、手数料率20%』と『10万円~12万円の範囲は、手数料率10%』というように個別に計算されます。

そして、計算された3範囲の手数料を合計して、最終的な販売手数料を算出します。

 

たとえば、トークルームの販売総額が12万円だった場合は、3つの価格帯ごとに手数料が計算した後、各手数料を合計した最終的な手数料26460円を算出します。

ココナラの手数料計算

 

 

 

ココナラの電話サービスの手数料について

 

電話サービスについては、手数料率は公式発表されていません。

しかし、税率8%と仮定して、電話サービスの手数料から逆算すれば、おおよその手数料率は分かります。

 

税も加味した、電話サービスの実質手数料率は、57%~58%です。

 

電話サービスの手数料率の計算方法は、次の通りです。

電話サービスの手数料計算方法

手数料率=通話1分あたりの運営利益 ÷ 通話1分あたりの料金 ÷ 税率(8%)

※税率(8%)には、1.08を代入


手数料率は53%~54%なので、そこに税を加味すると、実質手数料率は57%~58%になる

 

 

 

ココナラの売上金の振込手数料について

 

ココナラで稼いだ売上金は、登録した銀行口座へ振り込めます。

 

売り上げ金の振込は、3000円未満の場合は、振込手数料160円を取られてしまいます。

しかし、3000円以上の振込であれば、手数料は無料です。

 

ココナラの売上金を銀行口座へ振り込む時は、3000円以上 貯まった状態になってから、振込申請しましょう。

 

 

 

【ココナラ関係のオススメの記事】

ココナラで稼ぐノウハウ・テクニック公開|単月売り上げ10万円突破

2018.08.29

ココナラのサービスを実質無料で購入する方法

2018.06.26


ココナラよりも稼ぎやすい方法とは


稼ぎ方 女性 スマホ

 

 

正直なところ、あなたも『ココナラって稼ぎづらい』と思いませんか?

 

・自分でサービスを作るのは面倒

・似たようなサービスと競争して勝つ必要がある

・評価数の多いサービスを持った古参ユーザーが有利すぎる

・手数料が高すぎて、あまり利益にならない

 

 

 

実は、ココナラより簡単に稼げる『とある方法』があります

 

作業すれば確実に報酬がもらえて、ビジネス初心者でも初月10万円を達成できます

 

しかも、自分でサービスを作る必要もありません

 

 

その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※ 5万円相当のプレゼント付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です