コピーライティングとは

ネットビジネスを実践していく上で、

避けて通ることの出来ない必須スキルである

「コピーライティング」について説明します。

 

コピーライティングとは何か?

 

コピーライティングを和訳すると、

「広告宣伝のために文章を書くこと、またはその技術」です。

 

言い換えれば、

「文字の力によって人の心を動かす技術」です。

 

コピーライターという言葉を

耳にしたことはありませんか?

 

コピーライターとは、

広告宣伝の文章を考えることを仕事にしている方々です。

 

国内で有名なコピーライターと言えば、

片岡敏郎、土屋耕一、秋山晶、

小野田隆雄、長沢岳夫、岩崎俊一などが

名を挙げられるかもしれません。

 

そうは言っても、

一般の人々にまで名前をおぼえられているような

コピーライターは、そうそういるものではありません。

 

きっと、先ほどあげたコピーライターの名を

あなたも知らなかったと思います。

 

でも、もしかしたら

コピーライターの方々が書いたコピー(広告文)を

見聞きしたことはあるのではないでしょうか。

 

たとえば、これらのコピーを知りませんか?

 

片岡敏郎「天下無双 森永ミルクキャラメル」(森永ミルクキャラメル)

土屋耕一「美しく立っていることができますか」(資生堂インウイ)

秋山晶「人は、人を思う。」(キリンラガービール)

小野田隆雄「パンパだったら、乗らないよ。」(三菱自動車・ミニカ)

長沢岳夫「肉体疲労にAじゃないか。」(タケダ・アリナミンA)

岩崎俊一「英語を話せると、10億人と話せる。」(ジオス)

 

上記のコピーは、

テレビCMや雑誌、新聞、ポスターなどの広告で

実際に用いられていたコピーなので、

どこかで見聞きしたことはあると思います。

 

ぱっとコピーを見て、

「なんだ、自分でも作れそうなほど簡単じゃないか」

そう感じませんでしたか?

 

「コピーライティング」と聞くと、

なんだか高度で難しそうな印象を受けるかもしれませんが、

実はそうでもなかったりします。

 

むしろ、高度な文章技術を必要とするような

コピーは「悪いコピー」に分類されてしまいます。

 

たとえば、学者が好みそうな難解な言葉を使ったり、

小説家が書くような詩的で回りくどい言葉を使ったものです。

 

どうして悪いコピーなのかと言うと、

読みづらくて内容を理解しづらいからです。

 

そもそも、

コピーは誰かに読まれるために存在するものなので、

言葉が難しくて読むことを面倒に感じられてしまったら、

その時点でオシマイなのです。

 

コピーを読まれなかったら、

もちろんコピーが紹介する商品に目を向けてもらえませんし、

商品を買ってもらうことすら出来ません。

 

だからこそ、

多くの人が「自分でも書けそうだ」と思うくらい

単純で分かりやすいコピーが「良いコピー」なのです。

 

コピーライティングの原則では、

「小学校高学年の子供がストレスなく読めるくらい簡単に」

と言われているくらいですから、

難しくて分かりづらい言葉は使用厳禁ですよ。

 

コピーライティングの原則やテクニックについては、

別の記事で詳しく紹介しますので、

ここでは詳細を割愛します。

 

では、ここからは、

コピーライティングがネットビジネスに対して

具体的にどのように関わってくるのか説明していきますね。

 

 

 

ネットビジネスにおけるコピーライティング

 

今までのテレビ広告や雑誌広告は、

大半が「広告を見よう」という、意識のない顧客に対して

作られたものでした。

 

それなので、

とにかく商品の名前やイメージを

人々の記憶にすり込むために

広告文は考えられていました。

 

しかし、インターネットを利用したビジネスが

盛んになってきたことによって、

今までの「イメージ重視の広告」から

「購買意欲を刺激する広告」へ変化していきました。

 

たとえば、

とある健康食品を紹介するサイトを作ったとしましょう。

 

すると、

その健康食品に興味を抱かせるところから、

それを売り込んで購入してもらうところまで、

効果的な文章を読ませることによって

読み手の心を動かす必要性が出てきたわけです。

 

今まで重視されていたイメージ先行型のコピーは

あくまでも「感覚的」だった事に対して、

ネット広告では

「商品を購入するだけの論理的な理由」

という観点も求められるようになってきました。

 

つまり、論理的な文章を使って

商品の良さを伝え、

共感を与え、

購入するように説得し、

最後には購入という行動を起こしてもらう

そんなコピーが求められるようになったのです。

 

インターネットが普及したことによって、

誰もが簡単に

商品のPRページを作成していくことが出来るようになり、

数多くのビジネスチャンスが生み出され、

多くの事業者や個人が参入してくるようになりました。

 

その結果、

今では個人による物販や情報販売、アフィリエイトなど、

誰もが簡単に自分の商品や他社の商品に

自分なりの広告文を添えて

それらをアピールできるようになりました。

 

自分が考え出したコピーによって

収入を生み出せる面白い時代が到来したのです。

 

実際、そんな個人事業者や個人アフィリエイターなどが

何千万、何億円というお金を稼ぎ出すようになっています。

 

普通の一般企業に勤めていたり、

アルバイトやパートで時給いくらの給料を

もらっているような人々から見れば、

想像も出来ない世界だと思います。

 

しかし、インターネットという

驚異的な情報拡散ツールをもってすれば、

全く不可能なことではないのです。

 

しかし、月に何千万や何億と稼ぐためには、

インターネット上における集客ノウハウや

マーケティング戦略というものが深く関係してくるので、

何の知識も技術もない一般人が

ネットビジネスの世界に足を踏み入れたところで、

全く稼げずに返り討ちにあうのがオチです。

 

 

また、仮に自分のサイトに多くのアクセスを呼び込んだり、

多くの客を集客しても

商品を紹介するコピーが魅力的でなければ

商品が売れることはありません。

 

商品を手に取れるような実際の店舗と異なり、

インターネット上でのビジネスでは

商品を紹介するコピー・・・・・・

すなわち魅力的な文章こそが

全ての明暗を分けると言っても過言ではないのです。

 

いかに読み手に興味を与え、

共感を与え、

購買意欲を刺激して、

購入という行動を起こさせるか。

 

それらの心理的な段階を

次々に超えさせるような文章を書けてこそ、

多くの利益を生み出していけるのです。

 

だからこそ、

ネットビジネスで大きな成果を上げるためには、

コピーライティングを

極めていく必要があります。

 

 

ここまでインターネットというものが普及して、

さらにスマートフォンの普及したことによって、

インターネットを使ったビジネスの可能性は

無限大にふくれ上がっています。

 

 

このインターネット環境の中で

コピーライティングの技術を持っていれば、

魅力的なコピーや文章を添えていくだけで

どんな商品さえも自在に販売していくことが可能になり、

何百万、何千万、何億という収入を

得られるようになるのです。

 

しかも、コピーライティングの技術を

しっかりと身につければ、

自分が働かなくても収入が発生する

不労所得をどんどん増やしていけます。

 

 

たとえば、商品を紹介するサイトを多く作り上げて、

そこに魅力的なコピーを添えていけば、

果たしてどうなりますか?

 

サイトは1度きちんと作ってしまえば

あとは放っておいても

どんどん人がやって来ます。

 

そして、

サイトへ訪れた人々は

魅力的なコピーに興味を引かれて、

次から次へと商品を買っていきます。

 

すると、

あなたは何もしていないのに

どんどん収入が発生していく・・・という仕組みです。

 

 

こういった仕組みを多く作り上げることが出来れば、

もう学校や会社に縛られる生活とはオサラバして、

自由気ままに人生を楽しむことが出来るようになれるのです。

 

 

以上で、

コピーライティングの概要の説明は終わりです。

 

コピーライティングは本当に大切な技術なので、

しっかりとネットビジネスで稼ぎたいと思うなら、

ぜひコピーライティングを習得してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です