Twitterアカウントが凍結させられる9つの原因

どうも、ショウヘイです。

今回の記事では
Twitterアフィリエイトに取り組んでいく上で
厄介なアカウント凍結の原因を具体的に説明します。

 

そもそも、
どうしてTwitter運営は
特定ユーザーのアカウントに凍結処理を実行するのか。

 

もちろん、
迷惑行為をするユーザーから
一般ユーザーを守るためですよね?

 

言い換えれば、
一般ユーザーに何かしらの迷惑行為をする
危険性があるユーザーを凍結しているわけです。

 

つまり、
凍結処理を受けるか否かの分かれ目は

『一般ユーザーに害を与える動作および予備動作』

これをしているかどうか・・・ということになります。

 

 

では、具体的に どのような行為が
迷惑行為および予備行為として認識されているのでしょうか。

 

以下は、
実際に実行したら
凍結処理される危険性が高い
代表的な迷惑行為です。

 

① 短い期間で大量のフォローをする

② 短い期間で大量のフォロー解除をする

③ 短い期間で大量のアカウントを作成する

④ 短い期間で大量のツイートを削除する

⑤ リツイートやリンク付きツイートばかりで、一般的なツイートを全くしない

⑥ 不特定多数のユーザーに対して大量のリプライを送信する

⑦ 不特定多数のユーザーに対して大量のメッセージを送信する

⑧ 多くのユーザーからスパム報告を受ける

⑨ 多くのユーザーからブロックを受ける 

 

 

①~⑦の凍結原因は、
それぞれの項目を見れば分かるように、
コミュニケーション目的のTwitterの利用とは
大きく異なるものばかりです。

 

言い換えれば、
アフィリエイトや宣伝、スパム目的
アカウントを利用しているユーザーに
共通してみられる行為です。

 

こう言った行為を実行しているユーザーは、
もちろん危険性ありと見なされて
凍結処理をされてしまいます。

 

 

また、⑧~⑨の場合も
多くのユーザーから迷惑報告がなされているので、
こちらの場合も凍結処理の対象となります。

 

スパム報告やブロックされる理由は
様々な種類がありますが、
Twitterアフィリエイトに取り組んでいく上で遭遇する代表的な種類は
恐らくパクリツイートによる非難目的でしょう。

 

たとえば、
パクリツイートアカウントとして有名な
ヤバ人動画、ヤバたん動画、吐息くん、捕食ちゃん・・・などは、
多くのユーザーからブロックまたはスパム報告を受け続けたせいで
凍結処理をされています。

 

 

以上で、
Twitterアカウントが凍結させられる9つの原因の説明を終了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です