人の心を動かす希少性の原則とは?

あなたが書いたコピーを読んだ人が

商品購入への行動を起こしたくなる方法の1つは、

商品の希少性をアピールすることです。

人間は、

希少なもの=価値が高いもの

と判断する思考回路を持っています。

 

それなので、

商品の希少性の高さを上手くアピール出来れば、

読み手の購買意欲を強く刺激することが出来ます。

 

希少性の原則の適用した

具体例をいくつかあげましょう。

 

たとえば、

あなたがコンビニでお菓子を買いに行った時、

お菓子の包装に

『春季限定』や『冬季限定』と

書かれていた経験はありませんか?

 

これは、

『この機会を逃すと、買えなくなりますよ』

というメッセージを打ち出すことによって、

商品自体の希少性を高めているのです。

 

恐らく、こういった期間限定商品を目にした時、

あなたは

「ああ、限定品なんだ。買ってみようかな」

と思って、お菓子を買ったことがあるはずです。

 

お菓子メーカーは、

この希少性の原則を狙って、

あえて期間限定というメッセージを

包装に書いているのです。

 

希少性の原則は、

『期間限定』という要素以外にも、

入手の困難さを訴えることによっても

物の価値を上げることが出来ます。

 

たとえば、

通販番組でよく見られる手法ですが、

『先着100名様のみに、お得な価格でご提供させて頂きます』

という売り文句です。

 

これは、商品の個数をあえて制限することで、

紹介している商品に希少性を与えて、

商品の価値を意図的に上げているのです。

 

この通販番組を見た人は、

「あ、もたもたしていると、お得に商品を買えなくなっちゃう」

という意識を持つので、

すぐに購買行動を起こしたくなってしまうのです。

 

昔、貴族の世界で

紫色が高貴な色とされていた理由は、

紫色の抽出が困難だったからであり、

希少性の原則によるものです。

 

季節物の食べ物が

高値で取引される理由は、

特定の期間のみしか入手できないからであり、

これもまた希少性の原則によるものです。

 

 

この希少性の原則は、

商品が売られている場所では

至るところで見ることが出来ます。

 

近くのコンビニエンスストアや

スーパーマーケットへ出かけて行った時に、

商品紹介のポップや

包装に書かれているメッセージを

注意して見てみてください。

 

希少性の原則を活用した

商品販売が行われていることが

分かるはずです。

 

 

この希少性の原則を利用して

商品を売るコピーを書くときには、

『商品が手に入らなかった時の喪失感』を

一緒にアピールすると、

さらに効果的な文章に仕上がります。

 

 

たとえば、

「この機会を逃したら、もう2度手に入りません」

「今回は特別価格で提供しているので、次の機会に販売する時は、今回よりも1万円ほど高値で提供させて頂きます」

と言った感じに、

 

 

 

この機会を逃したら損をするという意識を

読み手に植え付けることによって、

購買行動を起こすように強烈に誘導出来るのです。

 

 

以上で、

希少性の原則についての

説明を終わりにします。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です