人気な小説・ラノベの特徴はカタルシス|売れる物語の共通点

青空 少女 野原

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

物語づくりの世界では、カタルシスが重要視されています。読者に強烈なカタルシスを得させる物語は、人気作になりやすい・・・・・・つまり商品として売れやすいからです。

 

今回の記事では、まずはカタルシスの定義について説明します。その後、読者に強烈なカタルシスを得させる方法を紹介しますね。

 

 

カタルシスとは|心理学的な定義

 

カタルシスは、もともとは、ギリシア語における浄化を意味する言葉です。

 

古代の哲学者のアリストテレスは、舞台の悲劇を見る観客を観察していました。すると、悲劇に接した観客が恐れや憐れみを味わう過程で、心の抑圧を解放・・・・・・すなわち感情を浄化していることに気付きました。

アリストテレスは、この心の抑圧の解放をカタルシスと呼びます。そして、著書『詩学』の中に悲劇論にて、心の抑圧の解放という意味でカタルシスを使います。

これにより、『カタルシス=心の抑圧の解放』という認識が広まりました。

浄化 カタルシス

 

 

 

カタルシスとは|創作用語の定義

 

創作用語のカタルシスの意味は、アリストテレスの使い方と同じです。つまり、心の抑圧の解放によって得られる『清々しさ』です。

 

もう少し詳しく説明しましょう。

読者は、物語の登場人物に感情移入します。特に主人公は、読者の分身です。読者は、主人公を通して、物語の出来事を擬似体験します。

たとえば、主人公が魅力的な異性と出会い、数々の困難を乗り越える大恋愛の末、幸福に満ちた結婚を迎えられたとします。主人公を通して、読者は『魅力的な異性と大恋愛の末に幸せな結婚を迎えること』を疑似体験します。

結婚式

 

 

もしも、読者が現実世界で『魅力的な異性と出会い、幸せな結婚式を迎えたい』と望んでいたなら、読者の願望が擬似的に叶えられます。心の抑圧が解放されて、清々しい快感を味わえます。

この清々しい快感こそ、創作用語のカタルシスが示すものです。

青空に飛ぶハート型の風船

 

 

 

カタルシスの具体例|半沢直樹

 

カタルシスの具体例をあげましょう。

 

一時期、ドラマの『半沢直樹』が大流行しました。

「やられたら やり返す 倍返しだ!」のセリフで有名な、あのドラマですね。

画像引用元:ニコニコ静画|半沢直樹|投稿者 Yuuri(http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im3422537)

 

 

『半沢直樹』が流行した理由は、あのドラマを見ることで、普段から上司に対して抱いているイラ立ちを解消できた(カタルシスを得た)サラリーマンが多かったからです。

 

ドラマでは、意地悪な上司に対して、主人公の半沢直樹が知恵を働かせます。そして、痛烈な仕返しを実行しました。

それを見たテレビ視聴者は、半沢直樹を通して、擬似的に『上司に対する仕返し』を疑似体験できました。その結果、自分が持っていた『上司に対するイラ立ち』が解消されてたので、スカッとした清々しい気分になれました。

 

上司に対する仕返しのカタルシスを得られる。

これが半沢直樹が大ヒットした理由です。

 

 

 

売れる小説・ラノベの物語は、強いカタルシスを得られる

 

読者が小説やラノベを読んで、物語に触れる理由は、カタルシスを得るためです。

 

読者が『現実の日常生活』に満足しきっているなら、わざわざ空想の物語を求めません。そんな空想物語よりも、日常生活の方が楽しいからです。

読者は『現実の日常生活』で満たせない願望があるからこそ、それを擬似的に叶えられる物語に触れて、カタルシスを得ようとします。

眼鏡をかけて本を読む女性

 

 

『読者はカタルシスを求めて物語に触れる』ことを理解しているか否かで、売れる物語を書けるかどうかに、大きな差が生まれます。

カタルシスを無視して『作者本人が楽しめる物語』を作ろうとする作家は、人気作を生み出すことが困難です。

 

商業作家の本分は『狙った読者層が楽しめる物語を組み立てる』ことです。自己満足の物語を作ることではありません。

 

 

 

小説・ラノベは、お金を払って買われる『商品』である

 

プロとして作家を目指すなら、小説・ラノベが『お金を出して買われる商品』という事実を意識しましょう。

 

市場の需要を無視した商品は、売れません。同じように、狙った読者層が求めるカタルシスを無視した物語は、読まれません。ただの紙束です。

積まれた本・洋書

 

 

 

商品の需要と供給について、具体例を挙げましょう。

 

あなたは、休日の午後の運動場で、ランニングしています。

ランニングしている男性

 

 

運動して喉が渇いたので、目についた自動販売機の方へ向かいました。

あなたは『のど越しが爽やかで、水分補給に優れた飲み物』を飲みたいと考えています。

自動販売機

 

 

たとえ話を分かりやすくするために、自動販売機で売られている商品は、
次の3つとします。

自動販売機で売られている飲料
  • 小豆の香りが濃厚な、ドロッとしたお汁粉
  • キリッとした苦みが売りのブラックコーヒー
  • スポーツマンの水分補給を目的に作られた、爽やかな風味のスポーツ飲料

 

さて、あなたは3つの飲み物から、どれを選びますか?

・・・・・・もちろん、スポーツ飲料ですよね。

 

どうして、お汁粉やコーヒーを選ばなかったのか。

その理由は、自分の望み(需要)を的確に応える飲み物ではないからですよね?

 

消費者の需要に応えられない商品は、売れません。物語のような創作物となると、この事実を忘れてしまう作家志望が多いようです。

 

読者が物語を求める理由は、カタルシスを得るためである。

カタルシスを得られない物語には、商品価値が無い。

 

このことを念頭に置いて、物語を作っていきましょう。

 

 

 

小説・ラノベで強いカタルシスを得させる方法

 

読者にカタルシスを得させる基本は『読者が日常生活に抱いている願望を汲み取り、その願望を主人公が達成する物語を作る』ことです。

物語から得られるカタルシスが強ければ強いほど、読者は熱狂的に物語を求めます。書籍は飛ぶように売れ、大ベストセラー作と呼ばれます。

 

ここで、強烈なカタルシスを得させる2ステップを紹介しましょう。

強烈なカタルシスを得させる方法
  1. 物語の前半で、敵役が主人公を徹底的に痛めつける
  2. 物語後半で、主人公に有力な情報や仲間を与えて、敵役に反撃する

 

 

上記の2ステップを具体的に解説します。

 

物語前半では、主人公が敵役によって痛めつけられる展開を作ります。

主人公は、自分の大切な存在(自分の命や家族)を危険にさらされます。まだ敵役に反撃できる力は無いので、ひたすら我慢に徹します。もしくは、敵役から逃げ続けます。主人公が不安や恐怖に苦しむ姿を描きましょう。

これは『読者が敵役に怒りや憎しみを抱くように仕向ける』ためです。

 

物語後半では、主人公に有力な情報や仲間を与えます。敵役に反撃して、問題解決できるかもしれない手掛かりです。

ただし、すぐに敵役を倒させません。主人公が強くなると同時に、敵役も強くします。激しい攻防を繰り返すことで、読者は主人公を応援したくなり、強く感情移入します。そして、敵役に対する怒りと憎しみを深めます。

物語の後半の半ば(本編の3/4を過ぎたところ)から、主人公が敵役に決定的な一撃を食らわせます。そこから展開は加速して、主人公の怒涛のごとき連続攻撃。そして、見事に敵役を倒します。

 

主人公が敵役を倒して喜びに叫ぶと同時に、読者も同様の喜びに襲われます。カタルシスです。

敵役が憎ければ憎いほど、強ければ強いほど、主人公が敵役を倒した時に、読者が得るカタルシスは強烈になります。

 

物語前半では、敵役によって主人公を痛めつけさせます。反撃の機会を与えても、そう簡単に敵役を倒せません。主人公が強くなれば、敵役も強くします。主人公が血と汗にまみれるような苦労を味わってから、ようやく敵役を倒させてあげます。

全ては、読者が強烈なカタルシスを得るためです。

 

 

 

まとめ

 

この記事の内容のまとめです。

まとめ
  • カタルシスは、もともと『浄化』を意味するギリシア語。
  • 心理学的なカタルシスの意味は、心の抑圧の解放。
  • 創作用語のカタルシスの意味は、物語に触れることで、現実世界に抱ている願望を擬似的に叶えたことによって得られる、清々しい快感。
  • 読者に強烈なカタルシスを得させる物語は、大ヒットする。
  • 読者はカタルシスを求めて有料の小説・ライトノベルを購入する。読者にカタルシスを提供できない小説・ライトノベルは売れない。
  • 読者に強烈なカタルシスを得させる2ステップ
  • ステップ1:物語の前半で、敵役が主人公を徹底的に痛めつける
  • ステップ2:物語の公判で、主人公に有料な情報や仲間を与えて、敵役に反撃させる

 


たくさんの収入と自由時間を手にして、
好き放題に創作活動を楽しむ、
たった1つの方法


メルマガヘッダー

 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤を作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

 

 

【小説執筆のオススメの記事】

小説・ラノベの書き方講座|文章作法から物語完結まで、一から丁寧に

2018.10.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です