購入への焦燥感を高める『緊急性の原則』とは?

この記事では、

読み手の購買意欲を強く刺激する

『緊急性の原則』について

説明します。

この『緊急性の原則』は、

『希少性の原則』に似たところがあります。

 

『緊急性の原則』とは、

「この機会を逃すと損をする!」

という意識をおぼえると、

人はすぐさま行動を起こそうとする性質のことです。

 

具体例を1つあげるなら、

バーゲンセールですね。

 

特に、

ブランド物のバーゲンセールです。

 

実際にブランド物のバーゲンセールへ

行ったことがある人なら分かると思いますが、

バーゲンセールの場所は

戦場のように見えたはずです。

 

多くの人が一気に売り場に群がり、

誰よりも先に目当てのブランド物を見つけて、

それをつかみ取ってレジへ持っていく・・・

 

誰かが目当ての物を手にしてしまったら、

それに手を伸ばしてつかみ取り、

強引に奪い取る人もいるでしょう。

 

どうして このようなことが起きるかと言うと、

バーゲンセールに来た人々が

「この機会を逃したら、お得にブランド物が買えなくなる!」

という焦燥感を持っているからです。

 

これこそ、

『緊急性の原則』の表れです。

 

 

ネットビジネスの世界では

よく使われる手法として

「数量〇〇個の限定販売です」

「大好評につき、あと〇〇個しか残っていません」

「予告もなく販売を終了するかもしれません」

というメッセージを打ち出すことで、

読み手の利益損失意識を強く刺激します。

 

こういうメッセージを読んだ人は

「まずい、すぐに行動しなきゃ!」

という意識を持ってくれるので、

すぐさま購買行動を起こしてくれるというわけですね。

 

 

『緊急性の原則』と使うときは、

その機会を逃した時の損失の大きさ

読み手の意識に訴える文章も付け加えましょう。

 

たとえば、

「予備校の募集人数は残り5人です。この機会を逃すと、最先端の授業を受けることが出来なくなってしまい、他の受験生に大幅に遅れをとってしまいますよ」

という具合ですね。

 

この機会を逃した時の損失を

明確に読み手に伝えることによって

読み手は未来の損失を想像して、

焦燥感に駆られるように誘導するのです。

 

『緊急性の原則』jは、

『希少性の原則』と同様に頻繁に使われている手法なので、

周囲に意識を向けていれば、

「ああ、これは緊急性の原則を使っているな」

という風に、

『緊急性の原則』を利用した何かに

気が付くと思いますよ。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です