コピーライティングでは代名詞「あなた」を使え!

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、

コピーライティングにおいて

代名詞「あなた」を使うことの重要性について

説明していきます。

コピーライティングの原則は、

コピーは特定の誰かに向けて書くようにすることです。

 

これは

「ワンパーソンの法則」とも呼ばれます。

 

つまり、2人称代名詞である「あなた」という語を使って

コピーを書くことが大切なのです。

 

たとえば、

あなたが教室で授業を受けているとしましょう。

 

その時、先生が

「みなさんの中で、この問題は分かる人はいますか?」

と尋ねられる場合と

「〇〇さん(あなたの名前)、この問題が分かりますか?」

と尋ねられた場合、

あなたは どちらの場合に強く反応してしまいますか?

 

当然、

名指しで呼ばれた後者の場合の方が

ビクッと反応してしまいますよね。

 

つまり、「あなた」という代名詞のように、

特定の誰かに向けて発せられたメッセージの方が

「ああ、私に対して言っているのか」

と感じてもらいやすく、

その人の心を強く動かすことが出来るのです。

 

コピーライティングにおいて、

読み手の心を動かして

購買意欲を高めることは重要なことなので、

「あなた」という代名詞を使うことは

基本中の基本と言えます。

 

この記事もそうですし、

他の記事を見ても分かると思いますが、

私はこの記事を読んでいる誰かに対して

「あなた」という呼びかけをしているでしょう?

 

これは「ワンパーソンの法則」を意識している結果であり、

読み手である「あなた」と1対1の会話をしている体裁にして、

あなたを記事の文章に引き込もうとしているからです。

 

引き込む、と言っても

特に何かを売り込むわけではありませんけれど(笑)

 

もし、あなたがブログを書いたり商品紹介の文章を書いていて、

読み手に対して「みなさん」という言葉を使っているなら、

それを「あなた」に置き換えてみることをオススメします。

 

そうすることで、

間違いなく読み手の反応率は上がります。

 

ぜひ、

あなたも試してみてください。

 





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です