商品開発から広告の作り方まで学べる『ネットビジネス大百科』

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
ネットビジネス界で超有名な教材である
『ネットビジネス大百科』について紹介します。

 

ネットビジネス大百科とは?

 

ネットビジネス大百科は
和佐大輔氏と木坂健宣氏によって作成されました。

5b5f82af5fbb32c7c5976107a0fbb0cf

 

ネットビジネス大百科は、
大きく分けて4つの部類で構成されています。

 

1つ目は、
和佐氏が開催した商品開発セミナーの音声教材。

和佐氏とセミナー生が繰り広げる会話を全て録音してあり、
セミナー生がインターネットを利用して
市場調査から商品候補となるネタの絞り込みまでの流れを
実際に学習している様子が分かります。

 

2つ目は、
木坂氏がコピーライティングについて解説する音声教材。

こちらでは、
木坂氏が録音マイクに喋りかける形式で
コピーライティングの基礎知識から応用テクニックなどを
数時間かけて解説してくれます。

 

3つ目は、
和佐氏と木坂氏のコンサルティングを受けて
ビジネス的な成功を得られた人のインタピュー音声。

こちらでは、
3人のコンサル生にインタビューしており、
どのようにしてコンサル生がビジネス的な成功を収めることが出来たのか、
対談形式の音声データで把握することが出来ます。

 

4つ目は、
情報商材を作成する初心者に対して、
どのような過程を踏んでいけば良いかについて
マニュアル形式でまとめた『ファッキンビギナーズアクションプラン』。

PDFと音声データによって
どのような手順を踏んで商品を開発していけば良いのか解説しており、
ネットビジネス大百科の総まとめという位置づけの教材となります。

 

 

どんな人がネットビジネス大百科を買えばいいのか

 

商材名が『ネットビジネス大百科』とされているので、
商品開発からコピーライティングを始めとして、
マーケティングからクロージング、
Twitterアフィリエイトや物販アフィリエイトなど
多方面のネットビジネスノウハウをまとめた商材と思うかもしれませんが、
それは勘違いですので注意しましょう。

 

このネットビジネス大百科で学べることは、
商品開発のためのノウハウ
コピーライティングノウハウと思ってください。

 

それなので、
独自に商材を開発して販売することを考えている
ネットビジネス中級者向けの商材と言えるでしょう。

 

私がネットビジネス大百科を購入した時期は
本当にネットビジネスに取り組み始めた初期段階でしたが、
別に商品開発をしたいから買ったわけではありません。

 

私がネットビジネス大百科を購入した理由は、
ネットビジネス界で必携教材と言われるほど有名であることと
コピーライティングを学ぶ上で優良な教材と言われていたからです。

 

それなので、
商品開発をする気が無い人であっても、
木坂氏のコピーライティング解説音声データを目当てにして
購入する価値は充分にあると言えます。

実際、
私は作業の片手間や通学中に
音声データを何度も繰り返し聞き流すことによって
コピーライティングに対する知識と理解を深めていきました。

 

もしくは、
将来的に自分で情報商材を開発して
大きな収入を獲得していきたいと将来設計しているのであれば、
買っておいて損はないと言えます。

 

ネットビジネス大百科を購入される人は、
下のバナーリンクから
販売ページへ飛んでください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です