人気が出る上手な小説の書き方【難しい言葉を使わない】

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
上手な小説の書き方の1つ、
『難しい言葉を使わない』について説明します。

 

 

読者の知的水準を考慮しよう

 

文章で物語を描写する時は、
読者の知的水準に合わせた
言葉遣いと言い回しを
心がける必要があります。

 

たとえば、
小学生高学年~中学生に読ませる小説であれば、
あまり難しい漢字を使わないように心掛けて、
文学的な遠まわしの表現も使わないようにしましょう。

 

なぜかと言うと、
物語を読み進めたいのに、
ところどころの文章の意味が
理解できないことから、
読み手がストレスを感じてしまうからです。

 

文章の意味が
理解できないこと自体もストレスです。

それに加えて、
読者自身が
自分の知的水準の低さに対する劣等感を抱くことにも繋がるので、
読書の途中で
小説を放り投げられてしまう危険があります。

 

それなので、
低年齢層を狙った小説を書く時は、
可能な限り平易で噛み砕かれた文章表現を心がけましょう。

 

これに対して、
大学生以上の高年齢層を
対象に小説を書くのであれば、
多少は難しい言葉や言い回しを
織り交ぜた方が良い場合があります。

 

もちろん、
すらすらと文章が読めて、
ストレス無く物語を楽しめる方が良いです。

 

しかし、
平仮名を多用する表現が見られたり、
直接的で単純な表現が多すぎると、
知的水準の高い高年齢層の読者は、
文章に対して物足りなさを感じるようになってしまいます。

 

たとえるならば、
大人が児童文学を読んだ時の感覚です。

 

それなので、
多少は難しい言葉や言い回しを
織り交ぜておくことで、
文章読解の難易度を調整しておく
心配りを忘れないようにしましょう。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です