人気が出る上手な小説の書き方【難しい言葉を使わない】

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
上手な小説の書き方の1つ、
『難しい言葉を使わない』について説明します。

 

 

読者の知的水準を考慮しよう

 

文章で物語を描写する時は、
読者の知的水準に合わせた
言葉遣いと言い回しを
心がける必要があります。

 

たとえば、
小学生高学年~中学生に読ませる小説であれば、
あまり難しい漢字を使わないように心掛けて、
文学的な遠まわしの表現も使わないようにしましょう。

 

なぜかと言うと、
物語を読み進めたいのに、
ところどころの文章の意味が
理解できないことから、
読み手がストレスを感じてしまうからです。

 

文章の意味が
理解できないこと自体もストレスです。

それに加えて、
読者自身が
自分の知的水準の低さに対する劣等感を抱くことにも繋がるので、
読書の途中で
小説を放り投げられてしまう危険があります。

 

それなので、
低年齢層を狙った小説を書く時は、
可能な限り平易で噛み砕かれた文章表現を心がけましょう。

 

これに対して、
大学生以上の高年齢層を
対象に小説を書くのであれば、
多少は難しい言葉や言い回しを
織り交ぜた方が良い場合があります。

 

もちろん、
すらすらと文章が読めて、
ストレス無く物語を楽しめる方が良いです。

 

しかし、
平仮名を多用する表現が見られたり、
直接的で単純な表現が多すぎると、
知的水準の高い高年齢層の読者は、
文章に対して物足りなさを感じるようになってしまいます。

 

たとえるならば、
大人が児童文学を読んだ時の感覚です。

 

それなので、
多少は難しい言葉や言い回しを
織り交ぜておくことで、
文章読解の難易度を調整しておく
心配りを忘れないようにしましょう。


たくさんの収入と自由時間を手にして、
好き放題に創作活動を楽しむ、
たった1つの方法


メルマガヘッダー

 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤を作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

 

 

【小説執筆のオススメの記事】

小説・ラノベの書き方講座|文章作法から物語完結まで、一から丁寧に

2018.10.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です