小説家(ラノベ作家)の平均年収はいくら? 気になる収入と将来性について

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
小説家の平均年収について
話をしたいと思います。

 

大半の小説家は、創作業だけでは食べていけない

 

 

さて、いきなり本題です。

 

一般的な小説家の年収は
200万円~400万円
平均であると言われています。

 

ライトノベル作家の場合は、
一部の例外はありますが、
年収300万円に満たない人が多いそうです。

 

ライトノベル作家は、
小説を発行する期間や間隔、
部数にもよって変化するのですが、
どうやら
新人は一冊出版すると60~100万円を稼げる
という口コミがあります。

 

刊行ペースが3ヶ月に1冊だとすると、
定期的に出版を続けられたとしても、
年収は240~400万円といったところでしょう。

 

月収換算すると、
ひと月の稼ぎは20~33万円と言ったところですね。

 

それだけ早い刊行ペースで書き続けて
年収が240~400万円にしかならないのですから、
かなり厳しい生活を強いられることは
目に見えていると言えそうですね。

 

兼業として捉える分には構いませんが、
収入の低さや安定性を考慮すると、
それなりに名前の売れた作家でない限り、
小説家を本業にすることは無謀と言えます。

 

ちなみに、
稼いだ分のいくらかは
税金として持っていかれます。

 

小説家は、
速筆家であるか人気作品を連載していない限り、
小説方面の収入だけで
家族を養えるまでの十分な収入は
得られないことが実情のようです。

 

しかし、
毎年、何万部ものベストセラーを
発行している一流小説家にまで登りつめれば
1000万円以上の年収は期待できることは
間違いないでしょう。

 

それを考えると、
一般企業に勤めているサラリーマンに比べれば、
将来性や夢がある……と考えられなくもないですが、
宝くじを買うようなものですね。

 

いや、
宝くじは1度買ってしまえば
あとは当選を待っているだけで済みますが、
小説家の場合には、
必死に頭を悩ませて執筆活動に従事しますから、
宝くじの方がマシかもしれません。

 

小説業は個人ビジネスであり、
実力主義の世界ですから、

「小説でヒット作を生んで、人生を逆転してやるぜ!」

みたいな安易な考えを持って
挑まない方が賢明ですね。


たくさんの収入と自由時間を手にして、
好き放題に創作活動を楽しむ、
たった1つの方法


メルマガヘッダー

 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤を作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

 

 

【小説執筆のオススメの記事】

小説・ラノベの書き方講座|文章作法から物語完結まで、一から丁寧に

2018.10.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です