人気が出る小説を書くための心構え【心のキャンパスに絵を描こう】

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
上手な小説の書き方の1つ、
『心のキャンパスに絵を描こう』について説明します。

 

小説とは、読者の心という『キャンパス』に文章という『絵の具』で絵を描くことなり

 

小説は、
作者の脳内の物語を
文章として表すことによって、
その文章を読んだ読者の脳内に
物語を再構成することを目的とします。

 

つまり、
読者の脳内に
物語の光景を描くことこそ、
小説における文章の本質的な役割です。

 

普段の生活において文章を書く時は、
連絡や報告など、
説明を目的とする場合が多いでしょう。

 

それなので、
小説の文章を書く時も
物語の説明を意識して文章を書く人は、
かなり多いのではないかと思います。

 

しかし、
説明と目的とする文章を意識すると、
どうしても無機質で機械的な文章になってしまう傾向があります。

 

こういった無機質で機械的な文章は、
物語を描写する小説の文章には向きません。

 

先に言ったように、
小説における文章の本質的な役割とは、
読者の脳内に物語の光景を再構成することです。

 

言い換えれば、
小説家は『文章を絵の具の代わりにして、読者の心に物語の絵を描く』のです。

 

小説の文章は、
読者の脳内に物語の光景を再構成するためにある。

 

この本質を意識して文章を書けば、
おのずと
読者にとって光景を想像しやすい文章を
書けるようになるので、
ぜひ意識してみてください。


たくさんの収入と自由時間を手にして、
好き放題に創作活動を楽しむ、
たった1つの方法


メルマガヘッダー

 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤を作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

 

 

【小説執筆のオススメの記事】

小説・ラノベの書き方講座|文章作法から物語完結まで、一から丁寧に

2018.10.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です