人気が出る小説を書くための心構え【心のキャンパスに絵を描こう】

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
上手な小説の書き方の1つ、
『心のキャンパスに絵を描こう』について説明します。

 

小説とは、読者の心という『キャンパス』に文章という『絵の具』で絵を描くことなり

 

小説は、
作者の脳内の物語を
文章として表すことによって、
その文章を読んだ読者の脳内に
物語を再構成することを目的とします。

 

つまり、
読者の脳内に
物語の光景を描くことこそ、
小説における文章の本質的な役割です。

 

普段の生活において文章を書く時は、
連絡や報告など、
説明を目的とする場合が多いでしょう。

 

それなので、
小説の文章を書く時も
物語の説明を意識して文章を書く人は、
かなり多いのではないかと思います。

 

しかし、
説明と目的とする文章を意識すると、
どうしても無機質で機械的な文章になってしまう傾向があります。

 

こういった無機質で機械的な文章は、
物語を描写する小説の文章には向きません。

 

先に言ったように、
小説における文章の本質的な役割とは、
読者の脳内に物語の光景を再構成することです。

 

言い換えれば、
小説家は『文章を絵の具の代わりにして、読者の心に物語の絵を描く』のです。

 

小説の文章は、
読者の脳内に物語の光景を再構成するためにある。

 

この本質を意識して文章を書けば、
おのずと
読者にとって光景を想像しやすい文章を
書けるようになるので、
ぜひ意識してみてください。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です