小説・漫画で人気が出る重要なネタ【希少性】

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
人気が出て売れやすい
小説や漫画の重要なネタの1つ、
『希少性』について説明します。

 

『珍しい物』=『価値のある物』と感じる人間心理

 

人間心理の特徴として、
希少性の高いものに対して価値を見出す傾向があります。

 

たとえば、

『見た目の美しさ』

『自然に酸化しない』

『産出量が少ない』

これらの珍しい特徴を持っていることから、
黄金は価値あるものとして
全世界で見なされています。

 

ビジネスの世界では、
この希少性に対する人間心理の傾向を
『希少性の原則』と呼んでおり、
さまざまな場面で
希少性の原則を応用しています。

 

身近な例で挙げるならば、
春や冬などの期間限定で販売されるお菓子でしょう。

 

恐らく、
あなたも期間限定のお菓子を
一度くらいは見かけたことはあるでしょう。

 

あのようなお菓子は、
期間限定と銘打ってありますが、
今や一年を通して
季節物の食べ物が手に入るようになっている現代では、
特定の季節のみしか生産できないわけがありませんよね?

 

では、
どうして期間限定という表記を
わざわざ使うのかと言いますと……

 

「期間限定か。じゃあ、この機会を逃すと、次に食べられる機会が来るまで、どれくらい待つことになるか分からないな」

 

というように消費者に思わせることで、
そのお菓子に希少性を感じるように仕向け、
実際に購買してもらうための戦略なのです。

 

この希少性の原則は、
物語の創作においても
応用することは可能です。

 

つまり、
今までに類を見ないような物語を作り上げることで、
市場の中の類似作品を限りなくゼロに近づけ、
自分の作品に希少性を与えれば良いのです。

 

言い換えれば、
すでに多数ある物語と類似する物語を作り上げることは、
自分の物語に希少性を与えられない愚行ということになります。

 

もちろん、
一般大衆受けする人気の要素を
盛り込むことは大切なのですが、
何かしらの点で周囲と差別化を図り、
自分の物語に希少性を与えるようにしましょう。


たくさんの収入と自由時間を手にして、好き放題に創作活動を楽しむ、たった1つの方法


 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です