小説・漫画で人気が出る重要なネタ【共感性と親近感】

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
人気が出て売れやすい
小説や漫画の重要なネタの1つ、
『共感性と親近感』について説明します。

 

共感と親近感を覚える主人公は自己投影しやすい

 

人間が物語を読む時は、
多くの場合、
物語の登場人物(特に主人公)に自身を投影することで、
登場人物を自分の分身と見なし、
カタルシスを得ようとしています。

 

つまり、
物語の設定や登場人物を
読者の属性(性別、生活環境、社会的地位など)に近づければ近づけるほど、
それだけ物語と登場人物に親近感を覚えさせることが出来ます。

 

すると、
読者が自己投影しやすくなり、
より大きなカタルシスを得させることが可能となります。

 

その結果、
多くの読者から支持される物語となり、
人気作として認知されるようになるのです。

 

若者向けでアニメ化された物語を観察していれば、
それらに学園要素が多いことに気が付くと思います。

 

この理由は、
先に説明したように、
実際に学校(学園)に通っている若者は、
自分と年齢が近くて
学園に通っている登場人物に親近感を抱きやすく、
また登場人物の意見や思想に共感しやすいからです。

 

つまり、
自分が狙う市場の読者の属性を調べ上げて、
その属性に類似する要素を物語の中に盛り込むことによって、
意図的に読者から好評を得やすい物語を作り上げることが可能となります。

 

狙う市場の読者が女性ならば、
主人公は女性にするべきです。

 

狙う市場の読者が日本人ならば、
物語の舞台も日本にするべきです。

 

『共感性』と『親近感』というキーワードを意識して、
読者が登場人物に対して
自己投影しやすい物語の要素を盛り込んでいきましょう。

 

そうすれば、
あなたが作り上げる物語は、
必然的に多くの読者から喜ばれるものとなります。


たくさんの収入と自由時間を手にして、好き放題に創作活動を楽しむ、たった1つの方法


 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です