『小説家になろう』で書籍化デビューした時の印税額を予想

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

 

『小説家になろう』で書籍化デビューしたら、いくらくらいの印税がもらえるのだろう?

・・・・・・と疑問に思いましたので、ざっくりと印税額を計算して、結果を記事にまとめることにしました。

 

 

『小説家になろう』で書籍デビューを夢見ている、そこのあなた!

 

お金儲けの話をしようじゃないか (。-`ω-)キリッ

 

 

印税額の計算方法

 

印税額を調べるために、まずは以下の3つを使います。

  • 本体価格
  • 印税率
  • 発行部数

 

ちなみに、印税収入の発生条件は、『書籍の販売』ではなくて『書籍の発行』です。

その書籍が売れようが売れなかろうが、発行された時点で、印税は発生します。

 

ライトノベルの初版印税率は8%らしいので『印税率=8%』と定義します。

書籍の本体価格は『本体価格=600円』と定義しておきましょう。

 

これで初版の発行部数さえ決めれば、初版が発行された時点の印税収入を大まかに計算できますね。

 

新人作家が書籍化デビューした時は、8000~10000部は刷られると言われています。

ただし、『小説家になろう』から書籍化デビューした場合は、すでに固定ファンが付いていて、作品自体の知名度も高いです。

そこで、出版社は『新人賞経由の作家よりも、初版売り上げは期待できるだろう』という見通しを立てて、多めに初版を刷ると予想できます。

それなので、5000部だけ増量して『初版発行部数=13000~15000部』と定義しておきましょう。

 

 

さてさて、お楽しみの印税計算です。

印税額の概算

【計算式】

印税額=本体価格 × 印税率 × 初版発行部数


【変数定義】

  • 本体価格=600円
  • 印税率=8%
  • 初版発行部数=13000~15000部

【計算結果】

印税額=600×0.08×(13000~15000) =624000~720000円

 

どうやら『小説家になろう』から書籍化デビューした場合、初版発行の時点で62万円~72万円は、印税収入が発生すると考えて良いようです。

作品に人気が出れば、ここに増刷分の印税収入が加算されます。

 

大まかな数値ですが、『小説家になろう』から書籍化デビューしたら、どれくらいの印税収入がもらえるか、なんとなく予想できましたね。


たくさんの収入と自由時間を手にして、好き放題に創作活動を楽しむ、たった1つの方法


 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です