週刊連載している漫画家の原稿料はいくら?

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
週刊連載している作家に支払われる
原稿料について紹介します。

 

週刊連載している漫画家の原稿料

 

 

原稿料は、
連載される作品に対して支払われる代金です。

 

一般的な場合は、
漫画原稿1ページを単位にして、

原稿枚数×ページ単価

こちらの計算方法によって
算出されるようです。

 

原稿料を決定する上で、
最も重要なページ単価は、
その漫画家の経験年数や人気の高さ、
掲載雑誌の購読数によって変わります。

 

ページ単価の幅は広く、
数千円~数万円あたりが相場です。

 

具体例ですが、
『テルマエ・ロマエ』の原作のヤマザキマリさんの
ページ単価は2万円です。

 

また、『新ブラックジャックによろしく』の佐藤秀峰さんの
ページ単価は3万5千円です。

 

 

ちなみに、
週刊少年ジャンプを題材に
主人公たちが人気漫画家を目指す『バクマン。』という作品中では、
持ち込み原稿が認められて
初めて作品が掲載された主人公たちは

『新人はみんな1ページ9000円の原稿料』

と言われるシーンがありました。

 

週刊少年ジャンプのような
人気の雑誌で掲載されるならば
新人であっても
それくらいの額はもらえると思っていいでしょう。

 

余談ですが、
原稿に対して支払われる原稿料は、
そのほとんどが
アシスタント代の支払いによって消えるそうです。

 

また、
画材などは
基本的に漫画家負担ですから、
原稿料の収入だけでは
生活できないことは明らかですね。

 

つまり、
多くの漫画家は、
作品の印税収入によって
生活をしているそうです。

 

では、
漫画の売れ行きが悪くなり、
印税収入すら減っていってしまったら……?

 

そうなってしまったら、
アルバイトをしながら食いつなぎ、
新作を出版社に持ち込むか、
もしくは漫画家の道を諦めるしかないでしょうね。


たくさんの収入と自由時間を手にして、好き放題に創作活動を楽しむ、たった1つの方法


 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です