ライトノベル作家(ラノベ作家)のデビュー後の苦労とは

どうも、ショウヘイです。

 

プロの作家としてデビューしたら、
色々な苦労が発生することと思われます。

 

今回の記事では、
ライトノベル作家に注目して、
デビュー後の代表的な苦労話を
まとめてみました。

 

 

編集者と意見が合わない

 

作家は編集者と二人三脚で
作品づくりをしていくので、
必然的に意見の衝突が起きます。

 

作家である自分が作りたい作品を訴えても、
編集者が難色を示してきて、
作品案や物語の展開を却下されることは、
珍しいことではないようです。

 

書きたい内容をまとめて
無理やり押し付けたところで、
その企画が通るわけでもなく、
全没されてしまう。

 

Web小説投稿サイトならば、
自分の好きなように作品づくりが出来ますが、
営利が絡む商業作品となると、
作家が思うような作品づくりは
なかなか出来ないようですね。

 

 

創作業方面の収入が定期的に入らない

 

作品を企画してから
実際に出版されるまで、
数か月の期間を要します。

 

また、
何かしらの問題が起きた時は、
出版日時が延長されることも
しばしば生じてしまいます。

 

書籍が出版されないと、
当然ながら印税収入は発生しません。

 

そうなると、
作家は一時的に
創作業方面の収入が
かつかつの状況に追い詰められるそうです。

 

そうなった時に備えて、
何かしらのアルバイト(または本業)を
持っておいた方が良いでしょう。

 

 

スランプに陥ると、金銭面の不安が募る

 

作品づくりをしていると、
誰しもスランプに陥ることはあるでしょう。

 

もっと作品を作りたいのに、
ピンとくるアイデアが出てこない……

 

趣味の範囲で
小説を書いているだけなら、
スランプから脱するまで
創作業を放棄する手も使えます。

 

しかし、
プロの作家として活動する場合は、
スランプに陥っても
なんとかして作品づくりを
していかなければいけません。

 

納期の問題もありますが、
生活費が足りなくなってくるという
死活問題が迫るからです。

 

 

作品の打ち切りを宣告される

 

編集者は
出版社の営利を第一に
作品づくりを考えます。

 

それなので、
今後の売れ行きが
期待出来ないようであれば、
作品の打ち切りを決断して
作家に告げることも起こります。

 

それはそれで
作家としては辛いことですが、
志を新たにして
新作作りに臨むしかありません。

 

ただし、
あまりにも何度も
作品を打ち切りされていると、
最悪の場合は
戦力外通告を言い渡されるそうです。

 





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です