ライトノベル作家(ラノベ作家)を本業に出来るか?

どうも、ショウヘイです。

 

今回の記事では、
ライトノベル作家(ラノベ作家)を
本業にして生活できるかどうか
考えていきます。

 

 

1人暮らし程度なら大丈夫?

 

印税収入というものは、

本体価格

印税率

発行部数

これらの要素によって
算出することは出来るのですが、
出版社や作家の人気具合によって
それぞれの数値は変わります。

 

それなので、
仮定的に数値を定めて、
それを元にして
生活していける収入が
得られるかどうかを考えます。

 

まず、
本体価格ですが、
こちらは600円としておきましょう。

ライトノベルの価格は、
550円前後が多いようなので、
多く見積もって600円としておきます。

 

次に印税率ですが、
こちらは10%としておきます。

新人作家の場合は、
印税率は8%以下だと思われますが、
こちらも少し多く見積もっておきます。

 

最後に発行部数ですが、
こちらは1万としておきます。

 

新刊を発行する際は
1万前後は刷られると言いますし、
その後も一定数の売り行きを叩き出せれば、
1万前後で発行部数は推移すると予想されます。

アニメ化されることはなく、
爆発的な人気作というわけでもない、
平凡な作品という仮定です。

 

刊行ペースは、
作者が平凡と仮定して、
年に4冊を出版するとします。

 

さて、
年収を計算してみましょう。

 

600×0.1×10000×4=2400000

 

年収は240万円ですから、
月収換算すると、
月収20万円ですね。

 

 

「月収20万円も貰えるなら、1人暮らしなら大丈夫かも?

 

そんな風に
考えられたら良かったのですが、
先ほども言ったように、
これって多めに見積もった額なんですよね。

 

 

これも忘れてはいけませんが、
印税は『雑所得』の扱いですから
この印税収入の中から、
各種の税金が引っこ抜かれます。

 

 

さて、それらのことを考慮すると……

 

『実家で両親と一緒に暮らすことが前提なら、生活していける』

 

この結論が妥当でしょうね。

 

1人暮らしでもしようものなら、
家賃などの支払いをしますから、
ギリギリの生活を強いられることでしょう。

 

スランプに陥ろうものなら、
まともな生活すら出来ないでしょうね。

 

末永く作家業を続けたいのなら、
兼業で創作活動を継続する方が
賢明な判断と言えます。





◆ 就職せずに毎月30万円を稼ぎ

◆ 1日10時間も創作活動を楽しめて

◆ 電子書籍の個人出版で稼げる思考が身につく



その方法を期間限定『無料メール講座』で伝えてます♪

※個数限定、5万円相当のプレゼント付きです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です