小説投稿サイトのオススメは4つだけ!30サイト以上を比較して厳選【2019年最新版】

たくさんの郵便受け

 

ショウヘイ

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

ふーちゃん

ブログアシスタントのふーちゃんです。

ショウヘイ

今回の記事では、数多くある小説投稿サイトを調べ抜いて、「これだけは必ず使っておけ!」と言える小説投稿サイトを4つ厳選しました。

ふーちゃん

今回の記事で取り上げられなかった小説投稿サイトも詳しく知りたい場合は、こちらの小説投稿サイトまとめ記事を見てくださいね。

世界といいね

小説を投稿できるサイトまとめ

2019年8月9日

 


ノベルアッププラス|最強の小説投稿サイトになる可能性あり

 

ショウヘイ

個人的に最もオススメな小説投稿サイトは、新興サイトであるノベルアッププラスです。

 

ノベルアッププラス

ノベルアップトップページ

 

 

ショウヘイ

ノベルアッププラスは、先行してサービス提供されている小説投稿サイトに勝つために、さまざまな工夫が実施されています。

作家と読者が交流しやすいサイト設計になっているので、作者と作品のファンを増やしやすいだけでなく、投げ銭も狙いやすいです。

ふーちゃん

ノベルアッププラスには、たくさんの魅力が詰まっています。

最も特徴的な魅力は、アカウントの育成要素が導入されていることです。

ノベルアッププラスのランクとレベルアップ
ショウヘイ

ノベルアッププラスで小説を投稿したり、読んだり、感想をつけたり……。

つまり、ノベルアッププラスを使えば使うほどに、ユーザーのアカウントが成長していきます。レベルアップしますし、新しい称号の獲得やジョブの変更なども起きますよ。

ふーちゃん

アカウントが成長する要素は、『わざわざノベルアッププラスで小説を書く・読む』という動機を生みます。

また、アカウントが育つごとに愛着が湧いてきますし、ノベルアッププラスにも愛着が湧いてきます。

作者さんにしても読者さんにしても、ノベルアッププラスに定着しやすくなるわけです。

ショウヘイ

小説を書く・読む以外の楽しみがあるので、他の小説投稿サイトと差別化されています。

これから利用者が増えていくことは間違いないです。

投げ銭で稼ぐためにも、読者の定着率は大切ですね。

ふーちゃん

あと、応援ポイントの割り振りであったり、感想をつける時にスタンプを押せたりなど、読者さんが作者さんと交流しやすい仕組みも用意されています。

ショウヘイ

作者と読者の距離が近いということは、自分のファンを作りやすいという意味では、作者にとってありがたいことですね。

投げ銭されるようになれば、より創作活動の励みになります。

ふーちゃん

小説の編集ページは、1カラム式のシンプルなページ設計になっています。

とても使いやすいですよ。

ノベルアップのエピソード編集ページ
ショウヘイ

小説投稿サイトの機能性としては、トップクラスです。

新興サイトでユーザー数が少ないだけなので、必ず今から使っておくべきです。

いずれは、最大手の小説投稿サイトに成長するかもしれません。

 

 

 


ノベルバ|小説作品のPV数に応じた報酬支払い制度が魅力

 

ショウヘイ

小説作品のPV数に応じた報酬が支払われるノベルバは、少額でも手堅く稼げる小説投稿サイトとして有用です。

 

ノベルバ

ノベルバTOPページ

 

 

ショウヘイ

ノベルバの魅力は、1PV につき0.1円の報酬が支払われるノベルバ報酬プログラムですね。

個人的には、報酬額は妥当な価格だと思います。

ふーちゃん

小説作品に関する報酬支払いの制度が導入されているサイトは、他にもアルファポリスなどが挙げられます。

でも、明確な報酬基準が公開されていて、かつ小説投稿サイトとしての使いやすさを考慮すると、ノベルバがオススメですよ。

ショウヘイ

小説を執筆するための編集ページは、シンプルな設計になっていて使いやすいです。

必要な機能が無駄なくそろっているので、執筆に不便しません。

ノベルバの編集ページ
ふーちゃん

小説家になろうとカクヨムに限定されていますが、作品の取り込み機能も実装されています。

簡単な手続きをすませるだけで、小説家になろうとカクヨムに投稿していた作品をノベルバに自動転載できますよ。

ノベルバの作品取り込みの設定ページ
ショウヘイ

作品の取り込みが終わったら、忘れずに報酬プログラムに申請しておきましょう。

ノベルバ報酬プログラムへ参加申請

 

 

 

カクヨム|投げ銭とPV数に応じた報酬支払いのハイブリッド式

 

ショウヘイ

2019年の秋頃に実装される予定ですが、投げ銭とPV数などに基づく報酬支払いが導入されるカクヨムも、小説投稿サイトとしてオススメです。

 

カクヨム

カクヨムのトップページ

 

 

ショウヘイ

カクヨムの魅力の1つは、見やすくて使いやすいサイトデザインですね。

はてなブログがシステムを担当しているらしく、白と黒を基調とした洗練されたデザインは、美しさすら感じます。

小説の編集ページにも、シンプルかつ洗練されているので、長時間の執筆作業にも適していますね。

カクヨムの新エピソードの入力
ふーちゃん

KADOKAWAが運営しているだけあって、たびたびWeb小説コンテストが開催されています。

応募方法は簡単なので、書籍化のチャンスに挑戦しやすいのも魅力です。

カクヨムのWebコンテスト
ショウヘイ

肝心の報酬システムですが、投げ銭と広告収入の還元というハイブリッド式を採用するようです。

他の小説投稿サイトでも、この手のハイブリッド式が主流になっていくでしょう。

 

 

 

待ラノ|マルチ投稿による多サイト一括投稿が便利

 

ショウヘイ

待ラノについては、マルチ投稿機能に利用価値があります。

 

待ラノ


待ラノのトップページ

 

 

ショウヘイ

マルチ投稿機能とは、待ラノ側でログイン情報を設定しておいた他の小説投稿サイトに対して、同じ内容の投稿を一斉におこなえるというものです。

早い話が、待ラノというファクシミリを通して、多数の小説投稿サイトに一括で最新話を投稿できます。

待ラノのマルチ投稿設定
ふーちゃん

いちいち複数の小説投稿サイトを巡って、コピー&ペーストで投稿する必要が無くなります。

待ラノに投稿するだけで、小説家になろう・カクヨム・アルファポリス・セルバンテス・マグネットマクロリンクにも、一括で投稿できますよ。

ショウヘイ

いちおう、待ラノにも報酬支払いの制度は導入されているのですが……。

いわゆる『待てば無料、最新話を先読みしたかったら有料』というビジネスモデルなので、作者が稼ぎやすいかは……謎です。

おそらく、ノベルアッププラス・ノベルバ・カクヨムよりも稼げません。

ふーちゃん

マルチ投稿機能が便利なので、オススメの小説投稿サイトとして、今回の記事で紹介した次第です。

待ラノを利用した収入については、あまり期待しないでください。

ショウヘイ

現状のサイト設計では、あまり読者は定着しないでしょう。

小説の編集ページは使いやすい方なので、マルチ投稿機能と相まって、作者には便利と言えますね。

待ラノの新しいエピソードの編集ページ

 

 

 

小説家になろうを積極的に使う価値は無い

 

ショウヘイ

小説家になろうと言えば、小説投稿サイトとしては、古参にして最大手です。

小説投稿サイトの代名詞と言えるでしょう。

しかし、今回の記事では、オススメの小説投稿サイトとして除外しました。

ふーちゃん

除外した理由は、未だに報酬支払いの制度が導入される兆しすら無いからです。

最大手で知名度も高いですし、サイト内の広告量も多いので、かなり運営利益を得ているはずです。

システムを改装する費用など、余裕で捻出できるはずです。

ショウヘイ

後発の小説投稿サイトが次々に報酬支払い制度を実装する中、何も動こうとしない。

これはもう、既存の権威と集客力に慢心して、作者のことをナメくさっているとしか思えない。

ふーちゃん

企業努力を怠っています。ひどいです。

ショウヘイ

小説家になろうは、読者数が多いので、作品を見てもらえる機会は多いです。

しかしながら、待ラノのマルチ投稿機能によって、小説家になろうにも一括で投稿できます。

それなので、小説家になろうについては、わざわざ紹介する価値は無い……と判断しました。

ふーちゃん

マルチ投稿の対象でなかったとしても、作者のことを優遇しない小説投稿サイトなんて、オススメとして紹介したくありません。

作者と読者あってこその投稿サイトです。原点を見失っています。

ショウヘイ

小説家になろうにも、報酬の支払制度が導入された時には、オススメの小説投稿サイトとして取り上げるつもりです。

ただし、現状の小説家になろうは……どうだっていいですね。

 


ショウヘイの人生が漫画になりました

(副業素人でも初月10万円を稼げるノウハウを限定公開中)

gif-manga-mini