小説家志望でも、簡単なパソコン作業で「初月10万円」を狙える●●●という方法

小説販売サイトBookBase(旧名:BOOKPORT)は成功する?クラウドファンディング終了前後の問題点を考える

本屋

 

ショウヘイ

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

ふーちゃん

ブログアシスタントのふーちゃんです。

 

2019年8月23日、オタクペンギンさん(@NovelPengin)が合同会社BOOK PORTを設立しました。

合同会社BOOK PORTは、小説家・絵師・漫画家などの創作家が作品を個人販売しやすい出版プラットフォーム【BOOK PORT】を開発するために、クラウドファンディングを展開しました。

なお、現在は【BookBase】に改称されています。

 

ふーちゃん

小説家さんや漫画家さんが作品を個人販売しやすい出版プラットフォームですか!

しかも、最大印税率が87%みたいですし、創作家にとっては ありがたい作品販売サイトになりそうですね。

ショウヘイ

『小説家を稼げる仕事に変えることで、小説が生まれやすい環境を作り、面白い小説がどんどん湧き出てくる世界とする』という理念は素敵だし、ひとりの創作家として、賛同するところは多いのだけれど。

ビジネスモデルとして、問題点だらけな気がするんだよね。

ふーちゃん

えっ、そうなんですか!

ショウヘイ

競合他社と充分な差別化を図れていないように感じたし、主流とされるビジネスモデルに逆行しているんだ。

今回の記事では、BookBaseのビジネスモデルの問題点を取り上げていくよ。

クラウドファンディング終了後に仮登録用のランディングページも公開されたから、そこに記載されている情報も含めて。

 


小説販売プラットフォームサイトBookBase(旧名:BOOKPORT)とは

 

BookBaseの問題点に触れる前に、どのようなプラットフォームなのかについて、大まかに説明しておきます。

 

BookBaseは、誰でも自作の小説を投稿したり、有料化して販売したりできるサイトです。近藤雅斗さんと窪陽平さんによって企画が立ち上げられました。

出版不況によって、小説家が作家業によって生計を立てづらくなってきている現状を問題視して、小説家が稼ぎやすい環境を作り上げることを理念に掲げています。

 

 

BookBaseの特徴は、販売作品が売れた時の作者に対する印税率の高さです。クラウドファンディングページの説明によると、最大で87%になるようですね。

たとえば、500円で小説を販売したとなると、作者の利益は最大で435円となります。

出版社を通して販売した小説の印税率は、8~10%と言われています。出版社経由に比べると、BookBaseは8倍以上の印税率というわけです。

 

 

ひとまずは、小説販売プラットフォームとして、サイトを構築するようです。

やがて、絵師や漫画家も対象として、イラストや漫画を投稿・販売できる仕組みも導入することが触れられています。

将来的には、投稿・販売作品を翻訳して海外ユーザーに販売したり、投稿・販売作品を原作として映像化を図ったりすることも視野に入れているようですね。

 

 

 


BookBaseの問題点1:娯楽コンテンツの有料販売は時代遅れ

 

致命的と言える問題点の1つは、BookBaseが電子書籍による作品の有料販売を前提にしていることです。

 

あなたの普段の生活であったり、あるいは他人の生活を見ていたりすれば分かる通り、現代は無料の娯楽コンテンツに満ちあふれています。

たとえば、YouTubeに投稿されている動画やスマホゲームです。

上記の娯楽コンテンツは、広告やユーザー課金による収益を前提にしたビジネスモデルです。コンテンツを販売して利益を得るわけではないので、良質なコンテンツでありながら無料で提供されています。

インターネット動画

 

 

ショウヘイ

小説・ラノベの衰退する未来という記事にも書いたけれど、今後の時代は、動画コンテンツとゲームコンテンツが主流になっていくんだ。

しかも、広告収入やユーザー課金を前提にしたビジネスモデルだから、無料あるいは格安で提供される。

情報媒体の娯楽コンテンツを有料で販売するという発想は、もはや時代遅れなんだ。

VRゴーグル

「小説・ラノベの衰退する未来」と「今後の時代における作家の苦境」について

2019年3月23日
ふーちゃん

単位時間あたりの刺激量や受動性の高さは、動画コンテンツやゲームコンテンツの方が圧倒的に有利ですからね。

しかも、基本的に無料……有料でも格安となると、強敵すぎますよね。

ショウヘイ

ノベルバやカクヨムのように、『投稿作品のPV数に基づいて、作者に広告収入の一部を還元する』という方式なら、まだ分かるのだけれど。

『作品を有料販売できるようにして作者を稼がせる』という方式は、今の時代は通用しないんじゃないかと思うんだよね。

ふーちゃん

何か工夫したとしても、情報媒体の娯楽コンテンツは、有料で販売できないのでしょうか?

ショウヘイ

やるとしたら、月額制の見放題サービスだね。

Netflixやdアニメストアなんかのように、1000円前後の格安の月額料金で、高品質な娯楽コンテンツを見放題になる……みたいな感じなら、有料でも稼げるよ。

有料の会員制サービス……いわゆるサブスクリプションモデルは、どんどん市場規模を拡大している。それこそ、世界規模でね。

ふーちゃん

なるほど、サブスクリプションモデルという手がありましたか!

じゃあ、月額制にして有料小説を見放題にすれば、上手くいくかもしれませんね。

ショウヘイ

いや、ほら。

そこはさ、すでに小説どころか、実用書から漫画までひと通りそろっているKindle Unlimitedがあるじゃないか。

ショウヘイ

追い打ちをかけるようだけれど、2019年12月に、電子書籍を取り扱っているBOOK☆WALKERで、月額800円ちょっとでライトノベルが読み放題になるサービスが開始されているんだよね。

どこの誰ともしれないアマチュア作家の電子書籍を数冊だけ買うか、それとも編集者とプロ作家が手掛けたライトノベルを読み放題にするか。

同じ800円を支払うなら……どっちがお得だと思う?

ふーちゃん

…………。

 

 

 

BookBaseの問題点2:広告収入の還元や投げ銭の仕組みを導入した投稿サイトが乱立している

 

広告収入の還元や投げ銭の仕組みが導入された投稿サイトが多く存在する現状において、作者がBookBaseに作品を投稿・販売する大きな旨味はありません。

 

堅実な利益を重視するのであれば、多くの小説家は、広告収入の還元がおこなわれるノベルバ・カクヨム・アルファポリスを利用します。

また、読者からの投げ銭を期待するのであれば、作者と読者が交流しやすい環境が整っているノベルアッププラスの方を利用します。

 

BookBaseが既存の投稿サイトと競争して勝つためには、広告収入の還元と投げ銭の仕組みは必須です。

それに加えて、作者の利益となる別の仕組みが存在しなければ、先行している投稿サイトには勝てません。

 

ふーちゃん

でも、作品を有料で販売しやすい仕組みは、既存の投稿サイトと差別化できていませんか?

ショウヘイ

投稿サイトからは差別化できているけれど、Kindleのような電子書籍の販売サイトとは差別化できていない。

また、BooKBaseのように個人がデジタルコンテンツを販売できるプラットフォームとしては、先行してDL-MARKETパブーがあるよ。

ショウヘイ

ちなみに、DL-MARKETは、2019年6月にサービス終了。

パブーについては、2019年11月にサービス終了の予定だった。でも、6月に別の会社が運営母体になることで、とりあえず存続って感じ。

これがどんな事実を指し示すのか……分かるよね?

ふーちゃん

身元や実績の分からない個人が販売するデジタルコンテンツは、運営を継続できるほどの利益を得られない……と?

ショウヘイ

そういうこと。

アマチュアの作家が作品を有料で販売したところで、売れないと思うよ。

詳しくは、次の見出しで説明するね。

 

 

 

BookBaseの問題点3:無名の小説家の有料作品は、売れる見込みが低すぎる

 

BookBaseの売りの1つは、どんな小説家でも気軽に作品を投稿・販売できることです。

ただし、根本的な問題として、無名の小説家の有料作品を買いたいと思う人は、ごくごく限られています。

有料作品については、その作者に対する熱狂的なファンが買うに留まります。大半の作品販売者は、まったく売れないという状態が普通になるでしょう。

 

ショウヘイ

ネットビジネスを実践している立場から言わせてもらうと、『その道で何も実績を残していない人物が販売する、中身の分からない商品』なんて、誰も買わないからね。

『無料サービスの販売』と『有料サービスの販売』では、売れる難易度に天地の差があるよ。

何かしらのプラットフォームを利用してでも、自作サービスを販売した経験のある人なら、嫌ってほど痛感する事実だね。

ふーちゃん

面白いかどうかも分からない作品にお金を払うことは……ちょっと ためらっちゃいますね。

有名作品を数多く書いてきている作家さんなら、「この人の新作なら、きっと面白いだろうな」って期待できますけれど。

ショウヘイ

そもそも、BookBaseの最大印税率87%なんて、どうだっていいんだ。

自分の作品が売れる見込みがあると思うなら、電子書籍にしてKindleで販売したり、あるいはnoteで販売してみたりすればいいんだ。

どちらも文章や画像を見ることが目的のユーザーが集まっているプラットフォームだから、そこで売れないようだったら、BookBaseで販売したって売れるわけがない。

ショウヘイ

それ以前の話として、有料で販売するに値するほど面白い作品なら、小説投稿サイトに投稿すれば、大量のブックマークと評価を獲得できるじゃないか。出版社の編集者から声がかかって、書籍化に向けて一直線だ。

「最大印税率87%のBookBaseで作品を販売すれば、小説から利益を得られるかも!」なんて期待している時点で、根本から勘違いしているね。

ふーちゃん

し、辛辣……。

ショウヘイ

あとさ、実際に使ったことがない人のために書いておくけれど……。

noteで記事形式のコンテンツを有料販売した場合は、クレジットカード決済の手数料を取られたとしても、作者の取り分は85.5%だからね。

ショウヘイ

たとえば、1000円で販売する小説がクレジットカード決済で購入されたとしよう。

はじめに決済手数料5%が引かれて、この時点で売上金は950円になる。

次に、この売上金から販売手数料10%が引かれて、売上金は855円になる。

BooKBase風に表現するなら、作者の印税率は85.5%なんだよね。

ふーちゃん

……BookBaseって、印税率87%でしたよね。

たった1.5%の違いだったら、noteで有料販売した方が手っ取り早い気がしてきました。

既存の小説投稿サイトに試し読みの部分を公開して、続きをnoteで有料販売して、利用規約に注意しつつ小説投稿サイトからnoteに誘導……みたいな感じに。

ショウヘイ

だよね。

自分としても、BookBaseに熱狂的な支持が集まる理由……よく分からない。

支持している人たち、何に注目しているんだろうね?

ふーちゃん

なんか、こう……『小説業界の停滞を打ち壊してくれる』みたいな期待の雰囲気は伝わってきますね。

Web小説家が稼ぎやすい舞台が整う、みたいな。

ショウヘイ

集客経路は既存の小説投稿サイト、決済手段はnote、販売商品は自作の小説。

Web小説家が個人でも稼ぐ環境は、BookBaseのサービス開始を待つまでもなく、すでに整っているんだ。さっさと行動して、現実を目の当たりにすればいい。

小説が実際に売れれば、それで良し。

小説が売れなければ、それは作者本人の知名度と信用の低さ、小説の商品価値の低さ、そして情報媒体の娯楽コンテンツが有料では売れづらくなった時代性の問題だ。

 

 

 

BookBaseの問題点4:読者にとってBookBase利用する動機はあるのか

 

小説を投稿するサイトにしても、販売するサイトにしても、作者と読者の両者がいて、はじめて成り立ちます。

たとえ作者を優遇する仕組みを導入していたところで、読者がBookBaseを利用する動機がなければ、投稿・販売サイトとして成立しません。

お金の流れが生まれなければ、サイト運営のための経費をまかないきれず、いずれ潰れます。

 

ショウヘイ

BookBaseが作家を稼がせることを念頭に置いていることは素晴らしいのだけれど、読者がBookBaseを利用する動機が思いつかないんだよね。

だって、ちまたには、小説や漫画を無料で読める投稿サイトが乱立しているじゃないか。

たとえ有料の作品だとしても、サイコミのように、『待てば無料』というビジネスモデルを採用しているところも多いし。

ふーちゃん

う~ん……ちょっと思いつかないですね。

無料の作品を読むだけなら、私なら昔から馴染みのある投稿サイトの方に行きますね。使い勝手が分かっていますし。

有料の作品を読むとしたら、出版社が運営しているサイトの作品の方を読みたいですね。編集者さんが関わっていますし、出版社の名前を使って販売している以上、一定の品質は期待できますから。

ショウヘイ

新規読者を獲得して、しかも定着率を高めるという戦略については、ノベルアッププラスが上手い。

アカウントのランクアップ・応援ポイントのデイリーボーナス・感想スタンプ……。どれも定期的にサイトを訪れたり、作者と親密に交流したりできるようにするための仕組みだよ。

ショウヘイ

BookBaseが既存の投稿サイトや販売サイトと競争して勝つつもりなら、『いかにして読者がBookBaseを使う動機を与えるか』という点を重視する必要がある。

もしも新規読者の獲得が上手くいかなければ、サイト内でお金の循環が生まれなくなる。作家は稼げず、運営者も経費ばかりが飛んでいき、やがて共倒れだね。

ふーちゃん

仮登録用のランディングページには、「お金を払ってでも読みたいユーザーに向けた作品を書けば売れる」という趣旨のことは書かれていますが。

ショウヘイ

顧客となる母数が少なすぎる。

何も実績の無いアマチュア作家が書いたような作品を有料で買うとしたら、『趣味や性癖にどストライクで突き刺さった人』か、あるいは『お金と時間に余裕を持っている人』だよ。

ショウヘイ

前者に受ける作品は、まあ……R18系だろうね。とはいえ、そんな作品を前面に押し出して販売していくとなると、BookBaseのブランドイメージが酷いものになるだろうね。たとえば、DMMみたいに。

後者については、必然的に年齢層が上になる。おそらく、40代以上。好まれる作風としては、ドラマの原作にされそうな文芸作品。現代を舞台にした社会人たちの人間模様とか、愛憎が渦巻く恋愛とか、殺人が起こるサスペンス……あとは時代劇かな。

ふーちゃん

なんだか……雲行きの怪しさを感じます。

 

 

 

BookBaseの問題点5:どうやって集客するのか

 

サイト集客をおこなうとなると、『SEOによってサイトコンテンツを検索結果で上位表示させる』か、あるいは『お金を支払って広告を打つ』かの2択となります。

 

『SEOによってサイトコンテンツを検索結果で上位表示させる』については、そもそもBookBaseというサイト名でもやや不適切です。

同様のサイト名・ドメインとして、次の2サイトが挙げられます。

BookBaseと同様のサイト名・ドメイン

 

 

両サイトとも、コンテンツ数やドメインパワーの面では、そこまで障害とはならないでしょう。

しかし、Googleに【BookBase ●●】と複合キーワードを入力して検索した場合、初期の頃は競合しやすくなるはずです。

 

また、サイテーションの観点から考えても、サイト名・ドメイン名が丸かぶりに近い状態は不都合です。

ブログやSNSなどで、誰かが「BookBase」というキーワードを使ってコンテンツを投稿した時に、Google検索エンジンからの評価を受けづらくなるからです。

サイテーション(citation)とは

英語としてのcitationの意味は、引用・参照・言及など。要するに、話題に上がること。

集客(とりわけSEO)についてのサイテーションの概念は、『多くの人々から特定のサイト名や人物名(例:BookBase)が使わている場合は、Google検索エンジンが「大衆が関心を寄せている情報なのだろう」と評価して、検索順位の上昇をおこなうと推測される』という意味。

 

 

検索キーワード【小説投稿サイト】であれば、『小説家になろう』『カクヨム』『アルファポリス』などの大手な小説投稿サイトに打ち勝つことが必要です(知名度とドメインパワーの問題で無理ですが)。

検索キーワード【小説販売サイト】であれば、個人ブログが多いので、勝機はありそうですね。

 

Googleに広告掲載を申し込んだり、アフィリエイトサービスプロバイダーに案件の掲載を依頼したりするとなると、多額の広告費が必要となります。

しかし、BookBaseは、作家に多くの印税を割り振るということが売りです。多くの販売手数料を徴収できないため、サイトから得られる運営利益に期待できません。

広告費の捻出は、再びクラウドファンディングしなければ、事実上は不可能と言えます。


唯一の広告手段があるとすれば、有志のユーザーを募って、おのおのに無償の宣伝活動を依頼することでしょう。

 

ショウヘイ

ビジネスを回すとなると、集客できないと話にならないからね。

そうだと言うのに、集客こそ、ビジネスにおける最大の壁なんだよね。

ふーちゃん

開発者のお二方がSEOについて専門家並の知識と経験を有していれば……ですね。

広告については、多額の広告費を投じることは厳しいので、SNSによるユーザー拡散を募るしかなさそうですね。

ショウヘイ

集客できなかったら、文字通り、サービスとしては終わりだね。

これだけ大きな問題を抱えている以上、創作系ユーザーから積極的に無償で協力してもらわないと、かなり厳しいと思う。

ショウヘイ

……というか、わざわざBOOKPORTから改称したというのに、なんでBookBaseを選んだのか。

検索エンジンから集客することを考慮すると、BOOKPORTよりもマシだけれど、それでも悪手に思える。

 

 

 

BookBaseのビジネスモデルは難問が多すぎる

 

ショウヘイ

ひとりの創作家として、BookBaseには成功して欲しいところ。

でも、もしも自分が投資家であれば、BookBaseには出資できないかな。

時代の流れなども考慮すると、失敗の危険性の方が高いと感じるからね。

ふーちゃん

すでにクラウドファンディングは終了して、サービス始動に向けて、本格的な準備を進めているみたいですね。

サービス改良などの軌道修正を重ねれば、勝機はありそうですかね?

ショウヘイ

かなり厳しい。

今後のサービスの改良は、あまり関係ないかな。

ふーちゃん

サービス改良しても駄目なんですか?

どうして?

ショウヘイ

この世界には、原因と結果の法則が存在する。結果の根源には、必ず原因がある。

だからこそ、この世界で起こる様々な出来事は、すでに確定しているんだ。

未来の出来事は、まだ『目の前に現れていない』というだけで、何が起きるのか決まっている。

ふーちゃん

……なんだか難しい話に変わりましたね。運命論っぽいです。

それなら、人生に選択肢は存在しないことになるのでは?

ショウヘイ

いや、選択肢はあるよ。

でも、『自分が思いつく選択肢』の中から、『その時点の自分が最良と判断できるもの』を選ぶでしょ。

つまり、選択肢は存在するけれど、何を選ぶのかについては、すでに確定しているって話。

選択肢
ふーちゃん

えー。すごく窮屈な考えです。

それに、努力の大切さを全否定された気分になりますね。

ショウヘイ

今の話を聞いて「努力することは無意味なんだな」と思った人は、『努力の放棄を選ぶ』ことが決まっているんだよ。

反対に、「自分が望む状態が努力の継続という選択の先にある」と思った人は、『努力の継続を選ぶ』ことが決まっているんだ。

すでに確定している個人の選択と未来こそ、運命と称されているものだよ。

ふーちゃん

て、哲学的な考えは難しすぎます。

ショウヘイ

早い話が、BookBaseが上手くいくかどうかは、企画段階の時点で決まっている。

色々と選択肢はあっただろうけれど、現状のビジネスモデルが採用されたんだ。建物を築くための設計図を描いた状態。リフォームは出来ても、基礎は壊せない。

この記事で取り上げた問題点は、どれもBookBaseのビジネスモデルの根幹に関わるもの。避けて通ることは不可能。

もしも、1つ1つの問題点に『明確な論理の元に成り立っている解決策』を示せなければ、絶対に問題は乗り越えられない。理屈に合わないから。

 

小説の執筆に役立つオススメ講座

小説の書き方について執筆した50種類以上の記事をまとめた講座ページです。

こちらの講座ページを読んでいくことで、あなたの小説執筆の技術力は、今よりも3倍以上は高まるでしょう。

小説の書き方講座|初心者向けに基本ルールからコツまで徹底解説

2018年12月27日


ショウヘイの人生が漫画になりました

(副業素人でも初月10万円を稼げるノウハウを限定公開中)

gif-manga-mini