パソコン1台で月30万円を稼ぎ、会社に人生を搾取されず、好き時・好きな場所で創作活動を楽しむ方法

小説家の1日のスケジュール|世界で有名な作家5人の生活とは?

カレンダー

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

小説家は自営業なので、決まった時間に就業・終業する必要はありません(ただし、専業の場合に限ります)。

実際のところ、小説家の1日のスケジュールは、その小説家によって異なります。

 

そこで、世界を代表する小説家たちが どんな1日を送っているのか調べてみました。

 

 


小説家の1日のスケジュール

 

具体例として、村上春樹を始めとする世界で有名な小説家5名の1日のスケジュールを紹介します。

 

なお、掲載する円グラフにおける『自由時間』には、食事の時間も含まれています。

1日のスケジュールの情報はTHE DAILY ROUTINES OF FAMOUS CREATIVE PEOPLEを参考にしています。

 

 

村上春樹の1日のスケジュール

 

村上春樹の場合、1日の執筆時間は8時間で、睡眠時間は7時間です。

執筆は午前中の間に終えて、1時間の運動をおこなっています。その後は、寝るまで自由時間にしています。

 

 

 

 

オノレ・ド・バルザックの1日のスケジュール

 

オノレ・ド・バルザックは、フランスの代表的な小説家です。

イギリスの作家サマセット・モームは、『世界の十大小説』のなかで、バルザックを「確実に天才とよぶにふさわしい人物」と評しています。

 

バルザックの場合、1日の執筆時間は12時間半、睡眠時間は9時間です。

深夜1時に起床して、朝8時まで執筆するところが独特ですね。

 

 

 

フランツ・カフカの1日のスケジュール

 

フランツ・カフカは、チェコ出身のドイツ語作家です

代表作は、朝に目が覚めると巨大な虫になっている男を主人公にした『変身』です。

 

カフカの場合、1日の執筆時間は7時間半、睡眠時間は6時間です。

まとまった睡眠をとらず、朝と夕方に分けて寝ているところが独特ですね。

 

 

 

カート・ヴォネガットの1日のスケジュール

 

カート・ヴォネガットは、アメリカの代表的な小説家・随筆家・劇作家です。

 

ヴォネガットの場合、1日の執筆時間は3時間半、睡眠時間は7時間半です。

カート・ヴォネガットの1日のスケジュール

 

 

 

キングスリー・エイミスの1日のスケジュール

 

キングスリー・英ミスは、イギリスの代表的な小説家・評論家です。

もともとは詩人としてデビューしましたが、その後に小説家へ転身します。ロバート・マーカム名義で、新007シリーズも執筆したこともあります。

 

キングスリーの場合、1日の執筆時間は5時間半、睡眠時間は8時間です。

キングズリー・エイミスの1日のスケジュール

 

 

 


まとめ

 

世界を代表する小説家たちの1日のスケジュールを見たところ、仕事時間や睡眠時間には、一般社会人と大きな違いはないようですね。

また、1日中 創作活動に明け暮れているわけでなく、それなりの自由時間を取っていることも分かりました。

何十年と作家業を続けるための秘訣は、当たり前のことですが、仕事のON/OFFを きっちりと分けることのようです。


 


ショウヘイの人生が漫画になりました

(副業素人でも初月10万円を稼げるノウハウを限定公開中)

gif-manga-mini