幻冬舎ルネッサンス新社の自費出版についての資料を取り寄せてみた

 

ショウヘイ

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ( @shohei_creator )です。

ふーちゃん

ブログアシスタントのふーちゃんです。

 

今回の記事では、幻冬舎ルネッサンス新社の自費出版についての特徴や費用を説明します。

 

目次

幻冬舎ルネッサンス新社とは

 

幻冬舎ルネッサンス新社は、自費出版に特化した個人出版ブランドです。

公式サイトに「幻冬舎の DNA を受け継いだ」という記載があるので、おそらく幻冬舎の中の 1 つの部署という位置づけなのでしょう。

 

幻冬舎ルネッサンス新社

g 幻冬舎ルネッサンス新社のトップページ

 

 

 


幻冬舎ルネッサンス新社の自費出版についての資料を取り寄せてみた

 

幻冬舎ルネッサンス新社では、自費出版についての資料を無料で取り寄せられます。

私が実際に取り寄せてみたところ、配送されてきた封筒の中には、 11 ページの用紙をホチキスで綴じた冊子が入っていました。

幻冬舎ルネッサンス新社の自費出版についての資料

 

 

小冊子には、以下のことが記載されていました。

冊子の内容

  • 幻冬舎のベストセラー実績
  • 幻冬舎ルネッサンス新社の理念と強み
  • 書店流通戦略
  • 自費出版についての流れ
  • 自費出版のプランと費用例
  • 自費出版の流通・販売についての有料オプション

 

ショウヘイ

幻冬舎は、それなりに大手の出版社だろうから、自費出版についての資料が小冊子だけなことは意外でしたね。

「デザインテンプレート本やサンプル本も同封されているかなー」と期待していたのだけれど。

ふーちゃん

自費出版についての情報を豊富に集めたいなら、自費出版できるおすすめの出版社の記事で紹介している企業を中心に資料請求することをオススメしますよ。

あわせて読みたい
自費出版できるおすすめの出版社 3 選【詳しい資料を無料で請求できる】     あなたが自費出版したいと思い立った時に、はじめに悩むことは「どの出版社で自費出版をお願いすればいいのかな?」ということでしょう。 出版会社を比較...

 

 

 

幻冬舎ルネッサンス新社の自費出版についてのプランと費用

 

幻冬舎ルネッサンス新社の小冊子の中には、自費出版についての画賛費用の具体例が記載されています。

【単行本・四六版】

  • 仕様
    • ソフトカバー
    • 本文モノクロ
    • 176 ページ以内
発行部数総製作費
3,130 部
(流通 3,000 部・納品 100 部・見本 30 部)
3,500,000 円
(税抜)
2,130 部
(流通 2,000 部・納品 100 部・見本 30 部)
3,100,000 円
(税抜)
1,130 部
(流通 1,000 部・納品 100 部・見本 30 部)
2,700,000 円
(税抜)

【新書判】

  • 仕様
    • ソフトカバー
    • 本文モノクロ
    • 176 ページ以内
発行部数総製作費
4,130 部
(流通 4,000 部・納品 100 部・見本 30 部)
3,200,000 円
(税抜)
3,130 部
(流通 3,000 部・納品 100 部・見本 30 部)
2,900,000 円
(税抜)
2,130 部
(流通 2,000 部・納品 100 部・見本 30 部)
2,600,000 円
(税抜)

 

 

追加の有料オプションとしては、以下のものが用意されています。


有料オプションの内容と価格

  • 電子書籍化: 40 万円(税抜)
  • カバーイラスト描き起こし: 20 万円(税抜)
  • 印刷特殊加工: 40 万円(税抜)~
  • WEB 特設サイト展開: 40 万円(税抜)~

 

この記事を知り合いに共有する
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる