Twitter アカウントの連鎖凍結を防ぐ方法| Cookie と IP アドレスが鍵

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ( @shohei_creator )です。

 

アフィリエイトにしろ情報発信にしろ、複数の Twitter アカウントをビジネス目的に使う時に、最も注意すべきことがアカウントの連鎖凍結です。

Twitter アカウントの連鎖凍結とは

とある Twitter アカウントが凍結された時、そのアカウントと何かしら関係あると判断されたアカウントも凍結されること。

関連性の判断は、同一のブラウザ Cookie ・ IP アドレス・電話番号認証を用いた操作履歴などを参考材料にしている。

Twitter アカウントの連鎖凍結を対策していなかった場合、手持ちのアカウントが全滅する事態が起きてしまう。

 

 

地道にフォロワーを集めていきたいなど、 Twitter アカウントを資産価値の高い集客媒体として育てていくつもりなら、必ず連鎖凍結を対策しておくべきです。

 

今回の記事では、 Twitter アカウントの連鎖凍結の予防策について紹介します。

 

 

目次

Twitter アカウントの関連性を疑われる原因

 

Twitter 運営の連鎖凍結処理を予防するためには、まずは『 Twitter 運営が何を目印にしてアカウントの関連性を判断しているか』を把握しておくことが大切です。

いくどの連鎖凍結に直面した経験則から、 Twitter 運営からアカウントの関連性を疑われる原因を紹介します。あくまでも推測です。

Twitter アカウントの関連性を疑われる原因

  • ウェブブラウザの Cookie
    • Twitter にログインすると、ブラウザに専用 Cookie が付着します。 Cookie の付着したブラウザを使って、複数の Twitter アカウントにログインすることで、 Cookie と各 Twitter アカウント情報が紐づけられる。
  • IP アドレス
    • 同一の IP アドレスから複数の Twitter アカウントにログインすると、関連性のあるアカウントとして紐づけられる。
  • 電話番号の認証
    • Twitter アカウントの作成時またはアカウントロックの解除時、電話番号の認証が必要になる。この時、同一の電話番号を複数の Twitter アカウントで使い回すと、電話番号から各アカウントが紐づけられる。
  • スマホアプリ
    • とりわけ Twitter の公式アプリについては、1つのアプリに複数の Twitter アカウントを登録した時に、各アカウントが紐づけられる。
  • 登録メールアドレスの類似
    • Yahoo! のセーフティーアドレスや Gmail のエイリアス機能を用いて量産したメールアドレスは、文字列の一部が酷似する。登録メールアドレスの類似している Twitter アカウントは、関連性を疑われる。
  • 似たようなプロフィールや使い回しツイート
    • Twitter プロフィールが似通っていたり、同一のツイートが呟かれていたりする場合は、アカウントの関連性を疑われる。画像データの短縮 URL ( t.co ……)が使われているツイートは、もともとの画像がツイートされているアカウントも疑われる。
  • 特定アカウントの頻繁なリツイート
    • 特定の Twitter アカウントを頻繁にリツイートしているアカウントは、関連性が高いとして疑われる。メインアカウントを育てるための宣伝アカウントと推測されるから。

 

 

 


Twitter アカウントの連鎖凍結の予防策

 

先ほど掲載した【 Twitter アカウントの関連性を疑われる原因】から導かれる連鎖凍結の予防策は、以下の通りです。

Twitter アカウントの連鎖凍結の対策方法

  • 別の Twitter アカウントを使う度に、ウェブブラウザの Cookie を削除する。
  • 別の Twitter アカウントを使う度に、 IP アドレスを変更する。
  • 同一の電話番号を複数の Twitter アカウントで使いまわさない。
  • 同一の Twitter アプリで複数のアカウントを管理しない。
  • 元のメールアドレスの文字列を変えて量産したメールアドレスで、 Twitter アカウントを作らないこと。
  • Twitter アカウントのプロフィールやツイートの内容を使いまわさないこと。
  • 育成対象の Twitter アカウントばかりリツイートしないこと。

 

 

連鎖凍結の予防策は、全て実践してください

どれか1つでも手抜かりがあるだけで、 Twitter アカウントの関連性を疑われ、連鎖凍結が起きる原因になってしまいます。

 

連鎖凍結の予防策の中でも、詳しい説明が必要になりそうな『ウェブブラウザの Cookie 削除方法』と『 IP アドレスの変更方法』に関して、具体的な手順を紹介しますね。

 

 

ウェブブラウザの Cookie を削除する

 

この記事では、 Google   Chrome と Safari の Cookie 削除方法を紹介します。

パソコンを使う人は Google   Chrome 、スマホを使う人は Safari を使う人が多いからです。

 

 

Google   Chrome の Cookie 削除方法

 

Chorme ブラウザの右上にある【・・・】をクリックして、メニューから【設定】をクリックします。

Chrome の設定

 

 

設定ページが開くので、最下部までスクロールして【詳細設定】をクリックします。

Chrome  設定 詳細設定

 

 

【閲覧履歴データを消去する】をクリックします。

Chrome  閲覧履歴データを消去する

 

 

消去期間を【全期間】にして、【 Cookie と他サイトデータ】にチェックを入れます。

これで【データを消去】をクリックすれば、 Chrome ブラウザの Cookie を削除できます。

Chrome  閲覧履歴データを消去する 設定

 

 

 

Safari の Cookie 削除方法

 

まずは、スマホの設定アプリを開きます。

ページを下へスクロールして、 Safari のアイコンをタップします。

スマホの設定

 

 

【履歴と Web データを消去】をタップします。

スマホ 履歴と Web サイトデータを消去

 

 

確認ウィンドウが表示されるので【履歴とデータを消去】をタップします。

これで、 Safari の Cookie を削除できます。

スマホ 履歴と Web サイトデータを消去 確定

 

 

 

IP アドレスの変更方法

 

IP アドレスの分散方法としては、次の2つがオススメです。

IP アドレスの変更方法

  1. インターネット接続に使っているモデムの電源を ON/OFF
  2. 携帯電話のデザリング機能を使い、機内モードを ON/OFF

 

 

基本的には、モデムの電源を ON/OFF する方法が手早いです。

モデムの電源を落とし、再び電源をつけると、異なる IP アドレスが振り分けられます。

異なる Twitter アカウントを操作する度に、モデムの電源を ON/OFF すれば、異なる IP アドレスから Twitter に接続できます。

 

ただし、モデムの機種によっては、電源を ON/OFF しても、 IP アドレスが変わらないこともあります。

その場合は、スマホのテザリング機能を活用することをオススメします。

テザリングとは

携帯電話のインターネット回線を利用して、パソコンをネット接続する方法。

携帯電話とパソコンは、 USB ケーブルや bluetooth 通信を用いて接続します。

 

 

スマホの場合は、電源の ON/OFF によっても IP アドレスは変わります。

しかし、もっと手早く IP アドレスを変える方法として、機内モードの ON/OFF がオススメです。

 

スマホで機内モードを切り替えるには、まずはスマホの鏡面を下から上へスワイプして、設定画面を出します。

左上にある飛行機マークをタップしてください。

 

 

すると、オレンジ色になり、機内モードに切り替わります。これで、インターネット接続が切断された状態になります。

 

 

この後に、再び飛行機マークをタップして、機内モードを解除しましょう。

インターネットに再接続されるので、異なる IP アドレスが割り振られます。

 

実際に IP アドレスが切り替わったかどうか確認したい場合は、 CMAN というサイトを使って下さい。

CMAN は、サーバー監視 / ネットワーク監視サービスです。サイトのページで、現在のIPアドレス数値が表示されます。


IP アドレスの表示

 

この記事を知り合いに共有する
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる