物語におけるテーマの重要性|売れる小説・映画の作り方

湿原の一本道

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

今回の記事では、物語作りの主軸要素の1つ『テーマ』について考察します。

 

 

物語におけるテーマとは

 

物語におけるテーマとは、一言で表せば『読者の心に訴えかける問い』です。

読者はテーマに触れることで、何かしらの心理的影響を受けます。

テーマの多くは、人生の真理や教訓、社会問題を含んでいます。

 

 

登場人物や場面展開は、読者に問いかけたいテーマを『物語として』伝えるための手段です。

読者は、登場人物の視点を通して、物語の根底にあるテーマを体験します。

朝日を浴びる男性

 

 

テーマと物語の構成要素(登場人物や場面展開など)の関係は、精神薬に たとえられます。

テーマは、精神薬の効果です。読み手の心に影響を及ぼします。

物語の構成要素は、精神薬を構成する様々な成分です。いくつかの成分が単独・相互に作用して、特定の効果を引き起こします。

 

睡眠薬であれば、テーマは『眠くなること』です。物語の構成要素は、脳の働きを抑制する成分(ベンゾジアゼピン系)や眠気を強くする成分(ラメルテオン)です。

 

 

 

テーマとモチーフやコンセプトの違い

 

テーマとモチーフ・コンセプトは混同されがちです。

このサイトの創作記事では、テーマ・モチーフ・コンセプトは、次のように定義します。

テーマ・モチーフ・コンセプトの違い
  • テーマ・・・・・・物語を通して、読者に訴える問いかけのこと。物語の展開を決める軸になるが、明確な形として表さない。読者が物語を読み終えた後、読者の心に残り続けて、人生を生きる活力源となる。
  • モチーフ・・・・・・物語の着想を得た題材。または、参考にした手本。岩崎夏海の著書【もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら】は、ドラッカーの著書【マネジメント】をモチーフにして、そこに『野球部の女子マネージャーが活用する』というアイデア(捻り)を加えている。
  • コンセプト・・・・・・物語の基盤になるまで、アイデアを発展させたもの。「もし~~だったら?」の形で表現できて、物語の大まかな筋書きを表す。

 

 

 

物語におけるテーマの効果

 

明確なテーマに基づいて、物語づくりに取り組むことには、次の2つのメリットがあります。

明確なテーマが生み出すメリット
  • テーマを反映する登場人物の言動・舞台設定を選ぶようになるので、テーマと関係ない不要な部分が無くなり、物語が洗練される。
  • 物語に一貫性が生まれるので、読後の読者の心に物語が残りやすくなる。

 

 

テーマのメリット:物語が洗練される

 

テーマを意識して物語を作っていると、テーマを反映した登場人物(特に主人公)の言動や舞台設計(事件や敵対勢力)を描きやすくなります。

その結果、無駄な描写が減るので、物語が洗練されます。

 

テーマは、たとえるなら、物語の正しい筋道を指し示す羅針盤です。

目指すべき方向が分かっていれば、物語の展開が横道にズレ始めたら、すぐに気付きます。そして、正しい結末へ向かうよう、ただちに修正できます。

羅針盤

 

 

 

テーマのメリット:物語に一貫性が生まれる

 

登場人物の言動・部隊設計がテーマを反映するものばかりになると、その物語に一貫性が生まれます。

一貫性のある物語は、特定の感情や問題を読者に訴えかけ続けます。

その結果、読後も『読者の心の中に物語が息づく』ようになります。

読後の女性

 

 

反対に、面白さばかりを重視して、登場人物や舞台を無秩序に盛り込むと、物語に一貫性が無くなります。その結果、物語に厚みや深さが失われ、薄っぺらい印象になります。

物語を読み終えた読者は「・・・・・で、作者は何を伝えたかったの?」という漠然とした印象しか持てません。

時間が経つにつれて、読者の心から、物語の記憶は消えてなくなります。

退屈そうに本を読む女性

 

 

物語におけるテーマの力

 

その時代の多くの人に読み広められ、時代を経ても読み継がれる物語を作るためには、テーマの力は必要不可欠です。

 

テーマは、物語を通した『読者に対する知的な問いかけ』です。

 

読者が物語を読み終えて、ざわつきを心に感じて、誰かに物語をオススメして、人生で何か行動したくなる・・・・・・これがテーマの力です。

読後でも、読者の心に物語が息づきます。人生において、読者がテーマに関する場面に出くわすと、自然と物語の一場面が思い起こされます。そして、読者の心に活力を与えます。

やる気に満ちた女性

 

 

テーマの無い物語は、たとえ読者から面白いと思われても、それだけです。その場限りの消費物として、物語は忘れ去られます。

読者の心に何も残らず、何も考えさせず、何も行動させません。

無気力な女性

 

 

 

テーマを語らず、見せるべし

 

物語におけるテーマは『登場人物の言動を通して、読者に読み取ってもらうこと』が大前提です。明確な文章として、表現してはいけません。

 

登場人物を使って「読者よ、心して聞け! これが私(作者)からのメッセージだ!」などと、露骨に表現することは厳禁です。

どんに高尚で素晴らしい意見でも、まるで説教されるように押し付けられたら、誰でも嫌になって反発したくなります。

 

あくまでも、物語のテーマは、表から見えない陰の部分に、ひっそりと存在しているべきです。

山間を流れる大河

 

 

テーマを表現するための5種類の方法

 

以下の方法は、テーマを直接的に語らず、登場人物や場面展開を通して、テーマを表現する具体例です。

 

 

テーマの正しさを前提にせず、あえて問いかけにする

 

テーマの内容を正解とせず、是非の分からない問いかけとして、物語に織りこむ方法です。

テーマを問いかけにするわけですから、明確に善悪が分かれるような敵対関係は不要です。

主人公を様々な困難に直面させて、ひたすら『正しい答えは何か』について悩ませます。そして、主人公が悩み抜いた末に、何かしら答えを選び取らせます。

読者は、主人公の感情の変化を通して、テーマを体験できます。

 

この方法は、明確な善悪は分かりづらいので、勧善懲悪物のような『最後に正義が勝つ』という『決まった結末』を予測できなくなる効果もあります。

 

 

主人公の心の変化(欠落と回復、そして成長)をテーマにする

 

主人公に対して、テーマに関連する欠落を持たせる方法です。

 

主人公は、自分の欠落について、悩み苦しみます。そして、とあることをキッカケにして主人公の旅が始まり、最終的に欠落を回復して、人間的な成長を遂げます。

この成長過程を通して、読者にテーマを感じさせます。

 

『精神的な成長と勝利』がテーマであるなら、まずは主人公をどん底に突き落とします。

そして、主人公が少しずつ愛・寛容・誠実を学んでいき、最終的に立派な人物に成長を遂げさせます。

 

 

肯定的なことは主人公に、否定的なことは敵役に担わせる

 

テーマが問いかけである以上、肯定的な意見もあれば、否定的な意見もあります。

この両面性を利用して、主人公に肯定面、敵役に否定面を背負わせて戦わせることで、テーマの深掘りも狙う方法です。

 

物語の大半は、主人公の勝利にて終わります。それなので、敵役に背負わせる否定面は、必ず打破されるべき普遍的な問題(鬱屈・病気・絶望・残虐など)にしましょう。

 

 

テーマに対して、賛否両論の意見を提示する

 

特定のテーマに対して、作者が伝えたいメッセージを意識しすぎると、一方的で偏った場面展開になりやすいです。結果、物語に説教臭さが漂ってしまいます。

これを防ぎつつ、より厚みのある物語に仕上げる方法は、同程度の力強さを持った賛否両論を戦わせることです。

 

テーマに対して肯定派・否定派の人物を登場させて、議論を戦わせましょう。

ここで大切なことは、どちらの人物も、読者が共感できて応援したくなるようにすることです。

読者が応援したい人物たちが真逆の意見をぶつける展開は、分かりやすい勧善懲悪物には見られない、厚みのある物語を作ります。

 

 

登場人物の会話の中にテーマを潜ませる

 

テーマに深い関わりのある登場人物の発言を通して、テーマについて言及する方法です。

この方法を使う時は、その場面において、登場人物の発言内容が自然であることが前提です。

会話するデッサン人形

 

 

 

物語を書く前に、テーマを作るべきか

 

これについては、意見が分かれることでしょう。

 

『発想の自由さを制限してしまう』という意見もあるでしょうが、個人的には、テーマを明確にしてから物語を作ることをオススメします。

テーマを明確にすることで、物語をどう展開すべきかの軸が定まります。また、どんな登場人物を用意すべきかも見えてきます。

別の側面として、テーマ性に富んだ物語は、読者の心に強い影響力を持ちます。万人に読まれる人気作を創るためには、テーマの存在は欠かせません。

 

とは言え、テーマありきで物語を作る必要はありません。

魅力あるコンセプトや登場人物を中心に物語づくりを進めた結果、物語に共通するテーマらしきものが現れたのなら、それをテーマに据えれば良いだけです。

 

テーマを先に決めるか、それとも後に決めるか。

あなたのやりやすい方を選んでください。


たくさんの収入と自由時間を手にして、好き放題に創作活動を楽しむ、たった1つの方法


メルマガヘッダー

 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です